MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

キーボードの掃除と塗装

 キーボードを掃除するつもりで分解したものの、塗装が剥がれていたので塗り直したくなりました。これが仇となり、結局キーボードを注文する事に。しかし、ヤスリで塗装を除去して、もう一度チャレンジしてみたいと思います。


しばらくキーボードの掃除をしていなかったので、大掃除の一環として掃除してみる事に。よく考えると、このキーボードは一回も掃除をしていませんでした。通常、キーを取り外して水洗いするのですが、このキーボードの構造を知るために分解してみる事になりました。



Microsoft Digital Media Pro Keyboardは、発売当時としては安価でそれなりのキーボードでした。今では同じ値段でワイヤレス キーボードが購入できます。そろそろ買い換え時なので、壊れてしまっても良しとします。と気軽に思ったものの、15本もネジを外す必要がありました。この辺りも、それなりにしっかりした製品かと思われます。



右がネジを外してキーボード上部を外した状態です。ここは掃除の対象では無さそうです。



なんか良く分かりませんが、一応水洗いして干す事に。



上で干してあるラバー状の何かを状態が右。ここは、手を加えない方が無難そうです。



そして、キーボードの上半分がこちら。やはり、ネジを外す必要はありませんでした。



と、思いましたが、内側からしか外せないキーもあるので、やはりネジを外す必要がありました。



キーを外していきます。5 〜 6 年使っていますが、普段は表面だけマイペットで汚れを拭き取っていましたが、キーを水洗いするのは初めてのキーボードです。ものすごい汚れよう・・・



ファンクションキー部分のカバーも外せました。



LED等ランプの部分。しかし、プラスチックの何かで、LEDランプ自体は下半分にあります。つまり、キーボードの上半分は、そのまま水洗いできそうです。



と言うことで、掃除機で埃を吸い取って、ボディーソープで水洗い中。



キーもボディーソープで水洗い。



乾かします。キーのラベルが剥がれているものもいくつかありました。それよりも、本体のフレームの塗装が剥がれているのが気になります。



急遽キーボードをイメチェンしてみる事になりました。しかし、キートップまで塗装する気力はありません(掃除するだけのつもりでしたから)。とりあえず、近所のホームセンターえへ行き、ニトック スーパー メタル スプレー(1,200円くらい)、布ヤスリ(90円)、マスキングテープ(200円くらい)、革みたいなシールを1m(450円)を購入しました。プライマーも購入し忘れましたが、そろそろワイヤレスに買い換えたいので、これはテストとして下地仕上げをせず実行してみます。



とりあえず、キーを挿入する穴だけマスキングテープで塞ぎましたが、このキーボードは構造上、必要ないかも知れません。むしろ重要なのは、先に水洗いしたラバーシートが、マイクロソフト独特のキーストロークに関係すると思います。



布ヤスリで塗装を剥がします。実際は、水洗いしながら作業しました。



これにより、メーカー名も消滅しました。今では、何クロソフトのキーボードだか分かりません。



一回目の塗装です。スーパーメタルスプレーを初めて使いましたが、美しいゴールドです。



ファンクションキー部分のカバーは、プランが無いのでこのまま使います。そもそも、この塗装作業も計画性が無く、見切り発車です。



塗装が乾く間、暇なので、パームレストを加工します。シールを貼るだけですが。



縫い代が少なすぎました(縫いませんが)。シールは余っているので、やり直せますが、面倒なのでこのまま続行。ここで塗装が乾くのも待つため、本日は終了です。



一応、こちらも革みたいなシールを貼ってみる事にしました。これが失敗の原因になりました。パームレストはシールの余りを下に付着させ、見えない裏で固定できますが、このパーツはシールの厚みが微妙に関係して、それができません。丁度のところでカットしたとしても、シールの粘着性が乏しいので、一時的に固定できたとしても、いずれめくれてしまうと予想します。



ここまで、イメージよりも管理人好みで良い感じです。しかし、どうも管理人は待つ事ができない性格です。塗装が乾く前に触れてしまい、指紋が付いてしまいます。そこで、再び塗り直しと2回ほど繰り返した時点で断念。再びヤスリで塗装を削り落とす必要が生じました。この時点で、新しいキーボードを注文しました。

掃除のつもりで始めた作業なので、代わりに使っているキーボードは管理人の手になじみません。たぶん、これも塗装が乾く前に触れてしまう原因だと思います。キーボードが届いてから、再びチャレンジしたいと思います。とは言う物の、今度はワイヤレス接続になるため、有線接続のこのキーボードの必要性が無くなりました。となると、やはり捨ててしまうのか?フェイクレザーとメタルの組み合わせは好きなのですが、とりあえず紙ヤスリを購入して、塗装を剥がし(非常に辛い作業)、晴れの日が続くまで待ちます。

続・キーボードの掃除と塗装 アンティーク風キーボード - ホームズ備忘録





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項