MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

10年 掃除しなかったパソコンの中


新しいパソコンを組んだ時、10 年間メインマシンとして働いてくれたパソコンを引退させました。 10 年間、掃除しなかったパソコンなので、中はどうなっているのでしょうか・・・



埃が積もっていますが、パーツの交換を繰り返していたため、想像したよりも汚くないかなぁ。と感じています。



そうでもありませんね。CPU ファンも一度も掃除していませんでした。



前面のケースを外すと、埃がてんこ盛りです。 すでに、前面から空気をと入れる穴に埃が積もり、前面ファンが廻っている意味がありません。



これが前面ファン。



こちらは電源ユニット。よく動いていたなぁ〜という感じです。



全体的にゴキブリみたない色になっています。



古いPCなので、今利用するには性能的には問題がありますが、ハードウェア的に故障した事はありませんでした。



このファンが電源ユニットを熱から守っていたなんて・・・



掃除機で埃を吸い取って、気分的には新品同様。



CPU のヒートシンクとファンも埃がべったり。冷却効果を損なっていますが、そもそもこんなサイズのヒートシンクとファンで間に合ってしまうのが、Pentium 3 の時代です。



10 年使った Pentium 3 の本体。お疲れ様でした。



ヒートシンクとファンを取り外した状態。



ヒートシンクに掃除機を当てても、こびりついた埃は取れませんでした。雑巾でゴシゴシと。



個人的には掃除して新品同様に。



ここまで分解して掃除したものの、すでに性能的には使いたくない心境。 実は、この作業は 2 年半前に、今使っている新しいパソコンを組んで、OS をインストールしている時に行った作業です。



クイックルワイパーハンディーの存在を知ってから、今ではここまでひどい状況になる事はありません。 というよりも、メーカー製パソコンは、形状により分解するのが面倒。 BTO パソコンは、やはり愛着が無くても掃除が面倒。一つずつパーツを選択して組み上げた自作パソコンは、愛着がありこまめに掃除しています。



ここまで埃が積もっていれば、掃除する事で冷却効果と静音性のアップを期待できますが(アップと言うよりは、購入した時点のレベルに近づく)、一般的には、あまり効果がありません。 一方、ノートパソコンを 1 カ所に固定して利用している場合、たまにひっくり返してファンが搭載された下部を観ると、CPU ファンまわりに埃がつもっている場合があります。 通風口が埃で塞がれるほどの状況になっているならば、掃除機で吸い取るだけで騒音を低減させられます。




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項