MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

RealPlayer SP Converter H.264 形式、WMV 、MP3 へ変換


前回、インストール方法を紹介した無料の RealPlayer SP ですが、今回はプレイヤーに付属する RealPlayer SP Converter(コンバーター)を使ってみました。多くのユーザーはこちらに興味があるのかも知れません。

2010年12月4日 更新。Real Player 無料版 インストール方法



コンバーターはビデオを異なる形式、または、音声だけを抽出する機能があり、起動方法は、RealPlayer SP を起動して上部メニューの「マイ ライブラリ」をクリックして、左メニューの「ビデオ」をクリックします。右に表示されたビデオの一つを右クリックして(変換したいビデオを選択)、「メディア フォーマットの変換(M)」を左クリックすると表示されます。しかし、プライヤーを一切使わずに RealPlayer SP Converter だけを利用したいユーザーも多いと思います。「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「Real」→「RealPlayer SP Converter」を順番にクリックすれば、RealPlayer SP Converter を直接起動できます。



右のスクリーンショットは直接起動した状態で、ここに変換したいビデオをドラッグ&ドロップする、または、「参照」ボタンをクリックして、ビデオファイルを指定します。一方、「マイ ライブラリ」からビデオを選択して「メディア フォーマットの変換(M)」から起動した場合は、元ファイルが認識されています。



余談ですが、RealPlayer SP Converter を起動する度に管理者権限を求められるならば、以下の作業で認証無しで実行できます。 エクスプローラを開き、


C:\Program Files\Real\RealPlayer\converter

を表示します。「RealConverter.exe」を右クリックして「プロパティ」を左クリックします。



互換性タブの「特権レベル」の「管理者としてプログラムを実行する」チェックが入っているならば、左クリックでチェックを外し「適用(A)」ボタンを左クリックします。さらに、「すべてのユーザーの設定を表示」ボタンを左クリックします。



互換性タブの「特権レベル」の「管理者としてプログラムを実行する」チェックが入っているならば、左クリックでチェックを外し「OK」ボタンを左クリックします。



ニュースサイトの RSS で動画を直接ダウンロードできるサイトがあります。例えば、「Channel 9」「Channel 10」「Media | TechNet Edge」など。



この手のニュースは視聴した削除しますが、ポータブルデバイスに対応した形式やサイズに変換するのが便利でしょう(管理人はポータブルデバイスを使っていません)。RealPlayer SP Converter を起動してダウンロードしたビデオをドラッグアンドドロップします。



変換するビデオを認識されました。どの形式に変換するかは、「変換後のフォーマット」で選択します。



目的の形式を選択します。今回は所有していませんが、「Apple iPhone」用に変換してみます。このまま実行しても構いませんが、「詳細」ボタンをクリックすると、フォーマット、品質、解像度、オーディオの詳細を変更できます。「Apple iPhone」を選択した場合、選択できるビデオフォーマットは「Apple h.264」、「RealPlayer Plus h.264」、または、音声のみとなりますが(音声のみならポータブルメディアデバイスの「MP3オーディオのみ」を選択するべき)、これは選択したデバイスにより異なります。「RealPlayer Plus h.264」は有償版なので、H.264へ変換する場合は「Apple h.264」を利用します。



「Apple h.264」は、無償の Apple Quick Time Player(アップル クックタイム プレイヤー)をインストールすれば使えます。

Quick Time インストール方法


 


詳細設定が完了したら「OK」ボタンを左クリックして、「保存先」をしています。「オリジナルと同じディレクトリ」を選択すれば、例えばデスクトップに変換元のビデオがあるならば、デスクトップに変換後のファイルも作成されます。最後に「スタート」ボタンを左クリックすれば、変換が開始されます。



変換中のスクリーンショットです。



変換が完了したら「OK」ボタンを左クリックします。



左が変換前の WMV ファイル。右が変換後のm4vファイルです。H.264 形式のビデオに変換されています。



今回は解像度を 640 × 480 から 320 × 240 に変更してみました。元のビデオがワイド対応なら、最高 720 HDまで選択できます。例えば、CASIO EXILIM で撮影した H.264 848 × 480 のビデオを、1280 × 720 に引き延ばす事もできます(普通はやりません)。



右はワイド対応のビデオを読み込ませたスクリーンショット。無償版では携帯電話の 3GP 形式には変換できませんでした。これは他のアプリケーションを使うしかありません。コーデックパックのインストールにより、FLV ファイルも再生できますが、これを機会にビデオファイル形式を変換して統一する事も考えられます。例えば、Windows Media Player で再生できる WMV に変換するとか。



音声だけをMP3で変換できますが、不必要な部分を除去する機能がみあたりません。 これをするには、同じく無償版の GOM ENCODER が便利です。一方、ビデオを変換する場合、無償版は右上にロゴが挿入されます。ポータブルデバイスに移動して視聴したら削除するビデオなら、さして気にならないと思われます。


カンタン高速動画変換ソフトGOM ENCODER

RealPlayer





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項