MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Opera(オペラ) 10.50 登場


Windows Vista から Windows 7 に乗り換えた時、以前みたいに複数のブラウザをインストールして無駄に脆弱性を増やしたり、トラブルの元になりそうな事を避けようと考え、インストールを控えていたブラウザが Apple Safari と Opera です。しかし、Internet Explorer 8 、Mozilla Firefox 3.6 、Google Chrome だけでも十分なブラウザ環境ですが、Opera 10.50 が登場した事で、再びインストールしてしまいました(反省が全く無い管理人)。IE8 、Firefox 、Chrome 、Opera をインストールする事で、4 種類の主流なレンダリングエンジンを試す環境になります。



Chrome で衝撃的だった、タブの分離と統合機能は、前回の Opera でも搭載していましたが、分離したタブを統合する時に、二つのブラウザの一つが自動で閉じない問題が発生していました。Operaは元々、特殊な表示が可能で、それが問題になっていると勝手に想像していましたが、今回のバージョンから解決されています。タブの分離機能は一度使ってしまうと便利で、これを搭載していない IE8 は不便と感じます。



Windows 7 で改良されたタスクバーボタンに対応しました。一つのブラウザでタブを複数開いている状態でも、タスクバーボタンにポインターをのせると全てのサムネイルを表示してくれます。Opera には、ブラウザ自体にタブのサムネイルを表示する特殊機能が搭載されているため、これが必須ではありませんが、今のところタスクバーボタンに対応してタブまで追いかけてくれるのは、IE8 と Opera10.50 だけになります。



しかし、また問題と思われる所があり、タブの分離と統合を一度実行してしまうと、この機能は使えなくなります。例えば、Opera ブラウザを起動して二つのタブを開いた状態では、タスクバーボタンのサムネイルが二つ表示できます。この状態で分離した場合、ブラウザが二つ開かれているので、もちろんサムネイルが二つ表示されます。しかし、分離したタブを統合した場合、タスクバーボタンは一つとなり、表示されるサムネイルも一つになってしまいます。Opera は表示しているタブを記憶する機能があるので、一度 Opera を閉じてから再び起動すれば解決する事は可能です。



また、Opera を起動すると、通知領域にアイコンが表示されますが、これの反応がいまいちと感じます。例えば、Opera をシャットダウンしても、通知領域にアイコンが残り、ポインターをのせると消えます。



Opera の外観はスキンで変更できますが、バージョン 10.50 から Chrome に近いものがあります。Windows Aero が有効にできる環境であるならば、初期状態で設定されているスキン「Opera Standard」より「Z1-Glass」の方が、Aero Glass(半透明)を上手く利用できるのでおすすめです。スキンの変更は、左上の Opera ボタン →「外観の設定」、または、上部のメニュー部分を右クリックして、「カスタマイズ」→「外観の設定」をクリックします。「他のスキンを探す」をクリックすると、スキンを取得できます。もちろん、「外観の設定」でいつでも初期状態に戻せますし、スキンを頻繁に変更するのも簡単です。



acid3 TEST は頼もしい 100 / 100 。Chrome と互角で、Firefox3.6 、IE8 では無理な結果です。

acid3 TEST



Opera はレンダリングエンジンもそうですが、一般的なブラウザとは異なる独自機能が統合されています。全てを紹介する事はできませんが、既存の機能も使い勝手が洗練されています。例えば、右下のズーム機能はスライダーバーが設置されています。また、独自のウィジェットを展開しており、公式サイトからダウンロードして追加できる楽しみもあります。



ウィジェットや低解像度画像によるスピード改善など、特徴的な機能を省いて、基本的なブラウザ機能だけを考慮しても、レンダリングエンジンが独自のため、利用価値は十分あると思います。先に挙げたいくつか納得できない点はあるものの、致命的となるものではありません。インストールする前に思っていたよりも使いやすい。機能が豊富なブラウザは、外観がごちゃごちゃしがちですが、Opera 10.50 はシンプルにまとまっていると思います。




インストール方法

公式サイトにアクセスして「Operaのダウンロード」ボタンをクリックします。セキュリティの警告が表示されるので「保存(S)」ボタンをクリックします。保存先を指定する「名前を付けて保存」が表示されます。デスクトップを選択して、「保存(S)」ボタンをクリックします。ダウンロードが完了したら、「閉じる」ボタンをクリックします。

ウェブブラウザ Opera | 高速かつ安全な多機能ブラウザ | 無料ダウンロード



デスクトップにダウンロードしたファイルをダブルクリックします。



言語選択画面が表示されます。「日本語」を選択して「OK」ボタンをクリックします。インストールウィザードが表示されたら、「設定の開始(S)」ボタンをクリックします。「Operaブラウザライセンス合意書」が表示されたら、文章を読み納得したならば「同意します(A)」ボタンをクリックします。同意出来ない場合は、インストールする事ができません。インストールする方法は、「標準」を選択します。「標準」をクリックして、チェックを入れます。「Operaを標準ブラウザに設定」をクリックして、チェックを外します。この設定はインストールが完了してから変更できます。「次へ(N)」ボタンをクリックします。「インストール(I)」ボタンをクリックすると、インストールが開始されます。インストールが完了したら、「完了(F)」ボタンをクリックします。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項