MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Open Broadcaster Software 音量と
ゲーム画面のキャプチャー方法

 - Open Broadcaster Software で
  Minecraft(マインクラフト)のゲーム画面をキャプチャーする方法 -


[ページ数: 3 / 3] 戻る 1 2 3

前回、Open Broadcaster Software(オープン ブロードキャスター ソフトウェア:以下 OBS)のプロファイルとソースの作成と設定方法を説明しました。このページでは、ゲームの音量調節とキャプチャー方法を説明します。なお、私は Minecraft(マインクラフト)を 1280×720 で起動して、ゲーム画面を 1280×720、60 フレーム レートで記録します。


ゲームの音量調節

1.ゲームの音はステレオ ミキサーで OBS に取り込むので、通常のボリューム操作で設定します。デスクトップの右下にあるスピーカーアイコンをクリックして、ボリュームバーをスライドさせます。サウンド機能により設定は異なり、私は「50」に設定してキャプチャーしています(ヘッドホンを使っています)。



2.デスクトップ右下のスピーカーアイコンを右クリックして、「録音デバイス(R)」をクリックします。あるいは、「コントロール パネル」の「ハードウェアとサウンド」→「サウンド」をクリックして、さらに「録音」タブをクリックします。既定のデバイスに指定した「ステレオ ミキサー」をダブルクリックしてプロパティを開きます。私は、「レベル」タブの数字を「75」に設定しています。



3.OBS でもゲームの音を調節できますが、私は 100% で録音しています。スピーカー(ゲームの音)やマイクのアイコンをクリックするとミュートになります。私は編集段階でSofTalkを使った音声合成をナレーションとして入れるので、OBSのプロファイル設定でマイクを無効にしました。


配信プレビュー

1.右のスクリーンショットは Open Broadcaster Software と Minecraft をサイズ 1280×720 で起動してる私のデスクトップです。まずは、プレビューでキャプチャーする画面を確認しましょう。



2.OBS の「配信プレビュー」ボタンをクリックします。



3.プレビューに表示された画面が実際にキャプチャーされる画面です。四隅を確認して欠けている部分が無いか、あるいは、不必要な物が表示されていないか確認して、問題が無ければ「プレビュー停止」ボタンをクリックします。問題がある場合は「OBS設定方法」のF「配信映像」G「解像度の縮小」の設定、あるいは、Minecraftを起動したときの画面サイズの設定にミスがあると考えられます。


録画と停止

1.右のスクリーンショットは Open Broadcaster Software と Minecraft をサイズ 1280×720 で起動してる私のデスクトップです。いよいよ、OBS でゲーム画面とゲーム音をキャプチャーします。



2.OBS の「録画開始」ボタンをクリックします。



4.録画中もプレビューが表示されています(左下画像)。もちろん、ゲームをプレイする場合は、ゲーム画面を前面に移動します(右下画像)。Minecraft のメニュー画面は背景が動くので、テストで 30 秒ほど録画してみましょう。もちろん、ソースを「ゲームキャプチャ」で作成したので、ゲーム画面の手前でブラウザなどを起動しても、その画面がキャプチャーされる事はありません。Minecraft の画面だけをキャプチャーしてくれます。



5.録画を停止するには「録画停止」ボタンをクリックします。録画を停止したら動画ファイルを確認しましょう。「OBS設定方法」のCで指定したフォルダーにファイルが作成されます。OBS の左上の「ファイル(F)」→「録画フォルダを開く(R)」をクリックすると、エクスプローラーでファイルの保存先が開きます。動画を再生して画質や音量バランス、ファイルサイズを確認しましょう。



6.次は、ゲームのプレイ中を 5 〜 10 分ほどキャプチャーしてみましょう。パソコンの性能が高ければ、問題無く録画できるはずです。



10 年前に自作した私のパソコンでは、プレビュー画面でカクカクする、あるいは、録画が止まってしまう場合がありました。これは、CPU 使用率が高い場合に発生し、OBS の左下に「警告:エンコードのCPU使用」と赤く表示されます。ただ、ゲームを始めて 1 〜 2 分はこれが出ても、それ以後は出ない場合もあります。なので、テストで 5 〜 10 分ほどの録画が必要になります。



1 〜 2 分ほどプレイしても警告が消えない場合は、録画を停止して「OBS設定方法」Kの「x264のプリセット」を 1 つ下げます。私はビットレートを 1000kbps づつ下げましたが、CPU 使用率が激減するほど変化はありませんでした。「x264のプリセット」を下げた方が効果があります。



「x264のプリセット」を「ultrafast」まで下げてもカクつく場合は、「OptiFine」を導入したり「ESC」キー →「設定」→「ビデオ設定」→「描画距離」を下げて様子をみましょう。


終わりに

こんな感じで私は Minecraft で遊びつつ、OBS でキャプチャーしています。完成したビデオファイル MP4 を AviUtl のプラグイン「L-SMASH Works」で読み込んで編集、x264 でエンコードして YouTube にアップロードしています。OBS で記録したビデオは「 Minecraft(マインクラフト) ホームズの日常 Case186 」からになります。


解像度 1280×720、60fps、ビットレート 15000kbps で 2 時間キャプチャーした結果、ファイル容量が 13.5GB になりました。CBR(固定ビットレート)で記録したので、編集時点での音ずれがありません。L-SMASH Works のお蔭でプレグインエラーも発生しませんが、ファイルを分割する度に読み込み時間が 10 秒ほど掛かるようになりました(PCの性能に依存)。




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 3 / 3] 戻る 1 2 3

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項