MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Open Broadcaster Software で
Minecraft(マインクラフト)の
ゲーム画面をキャプチャーする方法


[ページ数: 1 / 3] 1 2 3 次へ

ゲーム画面と音声を記録するのに Windows Media エンコーダ 9 を使ってきましたが、かねがね他のソフトウェアも使ってみたいと思っていました。今回、ゲーム実況に相応しいフレーム レート 60fpsと、映像とゲーム音がずれる問題を回避する CBR(固定ビットレート)のキャプチャーを試すに当たり、ゲーム実況仲間のNesta125さんに教えていただいた Open Broadcaster Software(オープン ブロードキャスター ソフトウェア:以下 OBS)を使ってみました。その前に Microsoft Expression Encoder 4 SP2 を試しましたが、10年前(2007年)に組んだ私のパソコンでは、60fpsで滑らかな動作のビデオが作れませんでした。


左下画像が Windows Media エンコーダ 9 のプロファイルで、オーディオ形式 64kbps、48 kHz、stereo CBR、ビデオ サイズ 1280×720、フレーム レート 60fps、ビデオ ビット レート 12Mbpsで記録していました。右下画像は OBS で同じような設定をした画面です(日本語対応)。もちろん、パソコンの性能が高ければ問題ありませんが、私の今となっては低性能なパソコンでは調整が難しかったです。しかし固定ビットレートで録画でき、x264 MP4 の動画が完成するので(右画像)、OBS に乗り換えるメリットがあります。

右画像は実際に私が Minecraft で遊ぶ画面で、OBS でキャプチャーしている状態です。OBS はプレビューが常に表示されています。もちろん、実際にゲームで遊ぶときは、Minecraft の画面が手前になります。このページでは、OBSでゲーム画面をキャプチャーする方法を簡単に説明します(私が実際に試した内容)。


OBS ダウンロード方法

1.OBS の公式サイトにアクセスして、「Get OBS Classic バージョンの数字」の下、「Windows 7/8/10」をクリックします。バージョンの数字と対応OSは変更されますが、今回はバージョン0.657をWindows 8.1 の環境にダウンロードします。さらに、アクセスするブラウザによりダウンロード方法は異なります。このページでは Internet Explorer 11 を使用しています。


Open Broadcaster Software - Index


2.「保存(S)」の右「▼」ボタンをクリックして、さらに「名前を付けて保存(A)」をクリックします。



3.ファイルをデスクトップにダウンロードします。「名前を付けて保存」が表示されたら、左枠で「デスクトップ」をクリックして、さらに「保存(S)」ボタンをクリックします。ダウンロード作業は以上です。


OBS インストール方法

1.デスクトップにダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールします。今回ダウンロードしたのは OBS_0_657b ですが、ダウンロードする時期によって数字は異なります(バージョンアップされるため)。Windows インストール初期状態では、拡張子の「.exe」が表示されませんが、今回のインストールに支障はありません。



2.インストールウィザードが表示されます。「Next>」ボタンをクリックします。


もし、「Your system is missing DirectX components that Open Broadcaster Software requires. Would you like to download them?」と表示されたら、「はい(Y)」ボタンをクリックして、DirectX をダウンロードします。



3.ライセンス契約が表示されるので、内容を読み納得できたなら「I Agree(同意する)」ボタンをクリックします。同意しないとインストールできません。もちろん、「Cancel」ボタンをクリックしてインストールを中止する事もできます。



4.インストールが始まります。しばらくお待ちください。



5.インストールが完了しました。「Finish」ボタンをクリックします。初期状態で「Run Open Broadcaster Software」にチェックが入っているので、このウィザードを閉じると自動的にOBSが起動します。


DirectX のダウンロードとインストール方法

1. OBS インストール方法のAで DirectX に関する表示が出た場合のみ実行します。「はい(Y)」ボタンをクリックすると、DirectX End-User Runtime Web Installer のダウンロードページが表示されるので、「Download」ボタンをクリックします。


DirectX End-User Runtime Web Installer


2.今回は DirectX End-User Runtime をインストールしたいので、全ての項目のチェックを外して「No Thanks and continue」ボタンをクリックします。



3.「実行(R)」ボタンをクリックします。



4.インストールウィザードが表示されます。ライセンス条項を読み、納得したならば「同意します(A)」をクリックしてチェックを入れ、「次へ(N)」ボタンをクリックします。



5.今回は DirectX End-User Runtime をインストールしたいので、「Bing バーをインストールする」をクリックしてチェックを外し(空白にする)、「次へ(N)」ボタンをクリックします。



6.「次へ(N)」ボタンをクリックしてインストールを開始します。数分掛かるかも知れません。何もせずに待ちましょう。



7.インストールが完了しました。「完了」ボタンをクリックします。


OBS 起動方法

インストールウィザードで、インストールフォルダーを指定する画面はありませんでした。64bit 版 Windows にインストールした場合、OBS も 32bit 版と 64bit 版がインストールされます。デスクトップに作成されるショートカットアイコンをダブルクリックすると、32bit 版 OBS が起動するようです。



エクスプローラーでC:\Program Files (x86)\OBSにある OBS.exe をダブルクリックすると 32bit 版が起動して(左下画像)、C:\Program Files\OBSにあるOBS.exe をダブルクリックすると 64bit 版が起動します(右下画像)。



Windows 8.1 のアプリ一覧には、両方のアイコンが表示されます。括弧内の数字(32、64)で判断できます(Windows 7も同じ)。OBS にプラグインを入れる場合は、プラグインのビット数と本体を合わせる必要がありますが、私はプラグインを使わないので 64bit 版を使います。


OBS 設定方法

次のページは、Open Broadcaster Software でプロファイルとソースの作成方法と設定方法を説明します。




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 1 / 3] 1 2 3 次へ

Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項