MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

3.ビデオ/オーディオコーデックの設定方法

 前回までに、テレビ録画(キャプチャー)で保存されるファイル形式、m2p 、MPEG1 、MPEG2 、dvr-ms ファイルの CM をカットが完了しました。このページでは圧縮するたに、ビデオとオーディオのコーデックを設定します。


編集/圧縮/キャプチャー DivXでm2pファィルを編集する方法

[ページ数: 3 / 3] 戻る 1 2 3

1.まずは 前回 でCMのカット作業が終了しました。念のために「ファイル」→「編集プロジェクトの保存」を左クリックして、編集内容を保存します。



2.拡張子「.aup」ファイルが保存されます。このファイルは Aviutl の編集プロジェクトの情報が保存されています。 これからエンコードを実行するのですが、もし、画質が気に入らなくてビットレートを指定し直して再エンコードする場合に、Aviutl を 1 度閉じてしまうと、再び CM カット作業をやらなくてはなりません。 この「.aup」ファイルがあれば、Aviutl で編集プロジェクトを呼び出して CM カットが終了した時点から再び実行する事ができます。



3.ここからは圧縮作業の設定になります。「ファイル」→「AVI出力」を左クリックします。



4.まずは右下の方で「最圧縮無し」「音声無し」のチェックボタンが空白である事を確認します。 チェックが入っている場合は左クリックで外して下さい。さらに、「ビデオ圧縮」ボタンを左クリックします。



5.「圧縮プログラム」に「DivX」を選択します。バージョンは時期により異なります。さらに「設定」ボタンを左クリックします。



6.認定プロファイルを呼ばれる規格があり、DivX に対応した DVD プレイヤーで再生させる場合はこのプロファイルに従ってエンコードする事になりますが、 ここではお気軽な設定を実行したいと思います。「エンコードモード」は「1pass(ワンパス)」を指定して、 「ビットレート計算機」ボタンを左クリックします。



7.ビットレート設定するのですが、これは1秒間にどのくらいのデータを埋め込むかを表します。 ビットレートを上げる事で、元データに近いクオリティを維持できますが、当然ながら 1 秒間に必要なデータサイズも大きくなります。


当然この作業が初めてのユーザーは、DivX と呼ばれるコーデックで、使用している キャプチャーカード で録画したデータに最適なビットレートが不明です。 これは、何度か挑戦する事で、自分が納得できるクオリティを追求する事になります。 クオリティに関してこだわるとキリが無いので、ここでは単純に合計サイズがどれくらになれば良いのかを設定します。

このページの 2 番でメモをした合計時間を入力します。このページの例では、CM カット後の総時間が 43 分 57 秒でした。 ファイルサイズで希望する完成した時の容量を入力します。これはメディアなどで選択する事も、MB 単位で指定する事も可能です。 また、ここで指定した音声ビットレートの数字も覚えておく必要があります(音声に関しては、DivX の後に設定するからです)。 右の設定は、単純に43 分 57 秒の CM カット後のテレビ録画ファイルを、 CD-R 1 枚( 700 MB )に納まる程度に圧縮する指定です。 最後に「確定」ボタンを左クリックします。


8.算出されたビットレートが自動で入力されます。計算機で指定したサイズに近い AVI ファイルが出来上がりますが、ピッタリ 700 MB のファイルになる保証はありません。 心配であるならば、総合計時間を少し長めに指定するのも良いでしょう。例えば 50 分とか。右上画像では、1 秒あたり 6 MB で録画した元ファイルを、約 2 MB( 2089.182 kbps )で圧縮する事を表します。

毎週同じ番組を録画してこの作業をやっていると、次第にコツがつかめます。がんばって下さい。



10.有料版の DivX Pro を利用した場合、解像度の変更や詳細設定が可能になります。例えば、720 × 480 でキャプチャーされた元動画を、圧縮作業で 640 × 480 に変更できます。 リサイズフィルタを利用すると、解像度を変更した時に有利です。大きい解像度から小さい解像度に変更した場合は、バイキュービック(シャープ)を利用して、細かい部分を強調します。 逆の場合は目が荒くなるのでバイキュービック(ソフト)を選択して、画の細かい部分をぼかしてごまかす事ができます。設定が完了したら「OK」を左クリックします。



11.以上でビデオコーデック「DivX」の設定が完了しました。次はオーディオこーデックを設定します。 「オーディオ圧縮」ボタンを左クリックします。



12.形式で「MPEG Layer-3」を選択します。なぜかこれしか選択できませんでした。 前回までは正しく「Lame MP3」を選択できました。選択できる場合は「Lame MP3」を指定して下さい。 また、DivX のビットレート計算機でしていしたオーディオビットレートをここで指定します。最後に「OK」ボタンを左クリックします。



13.最後に圧縮後のファイル名と保管場所を指定して「保存」を左クリックすると作業が開始されます。 ここからは完了するのをひたすら待つだけです。圧縮作業が終了する速さは、ビットレートなどの設定依存しますが、最も関係するのはパソコンスペックです。 高速なCPUを搭載したパソコンがより早く完了する事ができます。



圧縮中に他の作業をすると動画のクオリティを損なう場合があります。 キャプチャーにハマりだすと、エンコード専用マシンが欲しくなるのと、より高性能なマシンが求められます(作業が速く終わるから)。

高性能なプロセッサーを搭載したマシンは BTO で購入するのが一般的です(または自作する)。 通常のパソコンメーカーでは取り扱わないケースが多いでしょう。 量販店で販売されてるパソコンとは異なり、必要なものだけを選択して購入する BTO パソコンでは、無駄な出費を抑える事が可能です。 特にプロセッサだけで 10 万円を超えるので、BTO を利用した方が良いでしょう。



I-O DATA GV-MVP/RX3をWindows Vistaで利用してみました

そして、テレビ録画ユーザーが考えなくてならい事は、Windows Vista(ウインドウズビスタ)ではオーバーレイ非対応、新しいセキュリティ機能であるユーザーアカウント制御(UAC)。 Windows XP で利用していたキャプチャーカードが、Windows Vista では先の二つの事情で利用できない場合が多いです。 打開策として、Windows Media Center を搭載したエディションにアップグレードする事。もちろん、利用しているキャプチャーカードが Media Center に対応している必要があります。 しかし、この打開策を受け入れるのは難しいかも知れません。デバイスメーカーが提供するアプリケーションの方がビットレートを変更したり、予約録画の付加機能を利用できるからです。場合によっては、高性能パソコンを購入したとしても、Windows XP をあえて選択して利用する事も検討した方が良いでしょう。

Windows Vista とキャプチャーカード



さらに、2010 年 4 月現在では、 Windows7(ウインドウズ セブン) が登場しています。この OS に付属する Windows Media Center は、デジタル放送に対応しています。 デジタル放送の視聴や録画は、Windows 7 と対応デバイスの登場で快適になりましたが、録画した番組を編集、メディアにコピーするのは容易では無くなりました。 これは、デジタル放送の規制に関わる事で、各メーカーのデバイスやソフトウェアの問題ではありません。 当然ながら、このページで掲載した方法も、デジタル放送を録画したデータでは通用しません(一般的には)。

GV-MC7/HZ3:年末年始は W チューナーが欲しいところ




戻る 一覧表示 次へ


編集/圧縮/キャプチャー DivXでm2pファィルを編集する方法

[ページ数: 3 / 3] 戻る 1 2 3

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項