MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Vista をクラシックスタイルに変更する方法

 Windows XP から追加された「テーマ」は、Windows Vista でも継承されています。「Windows Vista テーマ」をクラシックスタイルに変更する事で、低スペックなパソコンでもパフォーマンスを得る事が可能ですが、Windows XP とは異なり、外観だけの問題ではなかったりします。


Windows XP から導入された「テーマ」。Windows XP の普及により、今ではテーマが定着しましたが、Windows 95 から利用し続けているユーザーには、非常に操作を迷う機能でもありました。 また、Windows XP のテーマを使用する事で、パソコンの動作が重くなるのも事実です。しかし、時代とともにデフォルトで有効になる Windows XP テーマが動作しない環境はほぼ無いと言っても過言ではないでしょう。 Windows Vista(ウインドウズビスタ)では、Windows XP より華やかなテーマとなっています(右上画像)。



Windows Vista でも、クラシックスタイルと呼ばれる、Windows XP 以前に利用されていた表示スタイルを選択する事ができます。 これにより、パフォーマンスを向上させる事ができ、下限はありますが低スペックでも動作可能になるでしょう。 しかし、テーマを変更するのは Windows XP と同じ事なのですが、Windows の画面のプロパティには「テーマ」の他に「デザイン」が存在します。 これが、Windows Vista では、それまでと全く異なる新しい技術を搭載しています。 「Winodws Aero (ウインドウズ エアロ)」と呼ばれるもので、デザインでこれを設定する事により、ガラスの様に透ける表示が可能になります。



Windows XP までのスタイルであれば、クラシックスタイルに変更してもデザイン的に簡素化されますが、機能的に簡素化される部分はありませんでした。 もちろん、細かい描写やアニメーション機能は変更されますが、それが作業に影響する事はありませんでした。無駄なものを省く方法は、クラシックスタイルを選択するのが一番であり、企業などでは人気があります。 しかし、Windows Vista では、クラシックスタイルに変更する事により、見た目だけでは無い機能の減少が発生します。それは、クラシックスタイルでは Windows Aero をデザインに選択できないからです。 もともと Windows Aero と搭載しない Windows Vista Home Basic を省きます。



Windows Aero を切る事で利用できない機能は、ガラス風の透けるデザインです。これに関しては見た目の問題で、カッコいいのですが所詮は飽きます。 Windows Vista には「Windows Vista ベーシック」もあるので、Windows Aero を切ったとしても Windows Vista の雰囲気を楽しむ事は可能です。機能としては右画像の「Windows 3D フリップ」が利用できなくなります。 これは、複数のアプリケーションを起動した状態で「Windows」キーを押しながら「Tab」キーを左クリックする事で、起動しているアプリケーションのサムネイルを 3D 表示できる機能です。 見た目もカッコいいですが、いちいちマウスでタスクを確認する必要が無く、開きたいプロパティを視覚的に探せるので便利な機能です。



Windows XP 以前でも可能である、「Alt」キーと「Tab」キーにでタスクを探す機能。Windows Vista では「Windows フリップ」と呼ばれ、Windows Aero を実行している環境ではサムネイル表示が可能になります。 これを切った場合は、それ以前の Windows と同じく、アイコンによる選択になります。 「Windows 3D フリップ」か「Windows フリップ」のどちらか一方が使えればよいのですが、Windows Aero を切ると両方とも利用できません。



タスクバーにカーソルを乗せるとサムネイルが表示される機能。これは動画もサムネイル表示可能で比較的少ないタスクで連立作業をする時に便利です。 たとえば、何か作業をしながら最小化してあるダウンロードプロパティの進行状況を確認したり、ウイルススキャンのプログレスバーで確認したりと。 この機能も Windows Aero が必要になります。



Windows Vista ではスタートメニューに検索機能が搭載されています。これは Windows 95 から搭載された横に広がるメニューとも、Windows XP スタイルとも異なるメニューです。 Windows Aero による効果はデザインであり、たとえ切ったとしても検索機能は利用できます。つまり、テーマをクラシックスタイルに変更しても問題ありません。 ただ、メニューは別にクラシックメニューが選択できるのですが、これを選択した場合は検索機能を無効になります。以上の事を踏まえて、Windows Vista で極限までクラシックスタイルを適用してみましょう!



1.まずは「テーマ」を変更します。右下の Windows マークを左クリックして、さらにコントロールパネルを左クリックします。



2.コントロールパネルが開きます。この状態は Windows Vista のテーマが適用されています。 右枠の「クラシック表示」を左クリックすれば、従来通りアイコンの一覧表示が可能です。 ここでは、「デスクトップのカスタマイズ」を左クリックします。



3.「個人の設定」のサブカテゴリの「テーマの変更」を左クリックします。ちなみに、デスクトップで右クリックして「個人設定」を左クリックしても、「テーマの変更」を開く事ができます。 つまり、従来の「画面の設定」プロパティは無くなっています。



4.テーマを「Windows クラシック」に変更します。



5.サンプル(プレビュー画面)が見なれた表示に切り替わりました。「OK」を左クリックします。



6.Windows XP と同じく、画面全体がモノトーンになります。しばらくお待ち下さい。



7.Windows Vista でのクラシックスタイルです。すっきりしましたね。 Windows Aero が無効になったため、サイドバーがタスクバーと同じ感じになったものの、ガジェットは問題無く、デスクトップのあらゆる所に移動する事ができます。 しかも、この時点で動作は軽快になります。



8.「Windows 3Dフリップ」「Windows フリップ」も無効になり、サムネイル表示ができなくなりました。



9.しかし、Windows Vista の新機能であるスタートメニューは存在します。このメニューに関しては、Windows XP の時とは異なり、従来の様に横にメニューが広がらないコンパクトで利用しやすい新機能です。 これをクラシックスタイルに変更する事でパフォーマンスが向上するとは思えませんが、あえて Windows XP でのクラシックメニューに変更してみます。



10.タスクバーにカーソルを移動して右クリックして、表示されたメニューの「プロパティ」を左クリックします。



11.「スタート」メニュータブを左クリックします。



12.クラシック「スタート」メニュー(M)を左クリックして、さらに「OK」を左クリックします。



13.これで Windows XP 以前の旧スタイルに変更する事ができました。5 年間、Windows XP スタイルを敬遠し続けたユーザーには重宝するスタイルですね。 最後のスタートメニューに関しては、パフォーマンスの問題でクラシックスタイルに変更するのであれば、サイドバーを無効にした方が効果があると思います。



Windows Vista のスタイルはカッコいい。しかし、結局は凝ったデザインほど斬新なのは最初だけ。パソコンで作業をするとなるとシンプルが一番好まれます。 特に Windows に興味の無い人で、毎日パソコンを利用しなくてはならな立場の人は、シンプルを好むでしょう。それか、デザインなんてどうでもいいと・・・ クラシックスタイルがある利用として考えられる事は、パフォーマンスを優先させるユーザーのためと、それまで利用しきた操作性を求めるユーザーへの配慮かと思われます。 しかし、クラシックスタイルで利用できない機能を搭載してしまうのは厳しいことです。Windows Aero を有効にしてこのスタイルを選択できるのが一番使い勝手が良いのかも知れません。 あっ、もちろん、検索機能を搭載したスタートメニューは、増え続けるアプリケーションに対応できる機能なので、これは完全に移行しても良いと感じました。


ここに掲載した内容は、Windows Vista RC1に基づいています。製品版では画面や操作が異なる場合があります。ご了承下さい。

WindowsXPをクラシックスタイルに変更する方法





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項