MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Messenger の自動起動を停止する方法

 初期状態の Windows XPでは、Windows Messenger(ウインドウズ メッセンジャー)が起動と同時にログインを試みます。 Windows Messenger 自体を削除する事も可能ですが、このページでは起動を手動に変更する方法を掲載しています。


Windows を起動すると、自動起動してしまう Windows Messenger (ウインドウズ メッセンジャー) を、手動起動に切り替える方法は、Windows Messenger を起動して(ログインはしなくても大丈夫です) 「ツール」→「オプション」を左クリックします。


オプションプロパティで「設定」タブを左クリックして、「Windows の起動時に Windows Messenger を実行する(R)」の左のチェックボックスを空白にします(左クリックで切り替えられます)。 「OK」を左クリックすると設定が反映され、次回から Windows を起動した時にメッセンジャーが自動で起動しなくなります。


また、同プロパティの「Windows Messenger をバックグラウンドで実行する事を許可する(L)」のチェックボックスを空白にした場合は、Windows Messenger を閉じた時に右下の常駐アイコンも消えます。 通常は、Windows Messenger を閉じたとしても、バックグラウンドでログインが成立したままですが、チェックボックスを空白にした場合は、「閉じる」=「ログアウトして終了」の動作をします。

Windows Live Messenger 、または、MSN Messenger を利用するので、Windows Messenger は必要ないと考えるユーザーは、Windows Messenger 自体を削除してしまっても良いでしょう。 削除方法は、 Windows Messenger (ウインドウズ メッセンジャー) を削除する方法 を参照して下さい。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項