MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

アプリケーション互換性モード設定

 Windows をアップグレードした時、それ以前の Windows で利用していたアプリケーションが対応していない場合があります。そんな時は、アプリケーションの互換モードで、それ以前の Windows のバージョンを指定する事で利用できる場合があります。


1.Windows XP 上で Windows 2000 、Windows ME 、Windows 98 SE / 98 、Windows 95 と互換性をとりたいアプリケーションに矢印を移動させ、右クリックをして「プロパティ」を開きます。

例では他機能ブラウザ Lunascape で、互換性の設定をしますが、実際はこのアプリケーションは Windows XP 、Windows Vista(ウインドウズビスタ)に対応しています。



2.「互換性」タブを選択して、「互換モードでこのプログラムを実行する」左をチェックします。 下のプルダウン形式のメニューから、「Windows 98 / Windows Me」を選択します。 「ディスプレイ設定」で、アプリケーション実行時の設定が可能です(古いゲーム等で有効です)。



Windows 2000 では、Service Pack 2 以降を適用すると、互換性モードを利用できます

1.Administrator 権限でログオンして、「スタート」→「ファイル名を指定して実行」を押します。



2.ファイル名に「regsvr32%systemroot%\apppatch\slayerui.dll」と入力して、「OK」を左クリックします。

「RegSvr32」プロパティが表示されたら、「OK」を左クリックします。 後は Windows XP と同じで、互換性モードを使用したいアプリケーションに矢印を移動させ、右クリックで「プロパティ」を開きます。



Windows Vista

Windows Vista でも互換性モードを指定できます。 Windows XP に関してはサービスパックにより分かけらていました。 Windows Vista では、管理者として実行する重要な指定が追加されています。



Windows 7

Windows Vista の後継なので、互換性に Windows Vista Service Pack 1 と 2 が加わっていますが、一般的には、Windows XP Service Pack 3 を選択する場合が多いかと思います。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項