MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Internet Explorer 9 Release Candidate 登場


マイクソロフト社のブラウザ Internet Explorer 9(インターネット エクスプローラー ナイン:以下 IE9)ベータ2 から Release Candidate(リリース キャンディデイト:以下RC)にアップグレードされました。RCは製品出荷候補版で、特に問題が無ければ正式版としてそのまま公開されます。おそらく、今後は小さな変更はあっても、大きな変更は無いと思いますが、正式版の公開がいつになるかは不明です。



現在非表示のタブも、ポインターをのせるだけで「×(閉じる)」ボタンが表示され、閉じるためにわざわざ切り替える必要がなくなりました。



従来、タブはアドレスバーの右に表示され、これを別の行に移動する事はできませんでしたが、多くのタブを表示する場合、タブ専用の行に表示させた方が、一覧するのが楽になります。RCからは、右クリック、「別の行にタグを表示(H)」をクリックすると、アドレスバーの下にタブ表示を移動できます。



WEBページの表示スペースを優先したければ、「別の行にタグを表示(H)」をクリックしてチェックを外すと、初期状態のアドレスバーの右にタグ一覧を移動できます。2回のクリックで簡単に変更できるため、タブの表示量に応じて臨機応変に対応できます。IE 9では、他のブラウザと同様にタブの分離と融合が可能になった部分はベータと同じです。



アドオンの管理に、「個人用追跡防止リスト」が追加され、初期状態では無効になっていますが、任意で複数のWEBサイトを訪問する事で追跡される要因を個別にブロックできます。



現在、正式版はWindows 7 に付属する IE 8 となり、Windows XP 以降の OS は IE 8 に無料でアップグレードできます。IE 9 からは、正式版が登場しても対応 OS は Windows Vista 以降のOSになります。Windows Live サービスの最新版も Windows XP は比対応OSになりましたが、セキュリティに関係するブラウザだけでも Windows XPに対応させて欲しいものです。 Acid3(あしっど スリー)はベータと同じく 95。他のブラウザでは100が当たり前ですが、それでも IE 8 に比べればアップグレードされています。



Internet Explorer Platform Preview(インターネット プラットフォーム プレビュー)も更新されているかと思いましたが、新しいコンテンツが増えているものの、RC ダウンロードが大きく掲載されていました。IE 9 からはブラウザのレンダリングだけに絞った Platform Preview が先に登場して、定期的に更新されていました。IEは、開発段階のブラウザでも正式版と併用して使う事が出来ず、それを補うためのものかも知れません。その後、ブラウザとしての機能を備えたベータ1が登場、続いて ベータ2が登場、そして今回、RCが登場しましたが、その間も Platform Preview は定期的にアップグレードされていました。そろそろ、アップグレードが終了するのかも知れません。



ちなみに、当サイトのアクセス解析では、IE 8 が 73%、IE 6 が 14%、IE 7 が 12%、正式版ではない現時点でも IE 9 が 1% ある事が面白いところ。ただし、IE 7 より IE 6 が多いのは気になるところです。IE 7 ユーザーは、最新の正式版である IE 8 に移行できるはずです。一方、Windows 2000、Windows ME、Windows 98 では、IE 6 が最後のブラウザになるため、ブラウザの移行よりもOSの移行がきになります。右は 当サイトでの Internet Explorer の内訳ですが、全ブラウザの内 IE は65.96%、Firefox(フィヤー フォックス) が 17.25%、Chrome(クローム) が10.04%となります。IE 9 の登場で、再び IE が上昇する可能性もあります。IE の使用率は下がる一方ですが、Firefoxも少しばかり下げています。



つまり、若い Chrome が IE と Firefox から移行している流れです。しかし、あくまでも当サイトのアクセス解析のデータなので、世間一般とは異なるでしょう。IE を制作するマイクロソフトには OS があり、Chrome を制作する Google の OS 次第では、半分以上を Chrome が制する可能があります。と言うことは、前回紹介した SNS(ソーシャル ネットワーク サービス) の Facebook(フェイスブック)に特化したブラウザが登場すれば、それも爆発的にヒットする可能性があります(そういう話は聞きませんが)。 また、いつもの事ですが、正式版では無いので、興味のあるユーザー以外はまだ試さない方が無難でしょう。RC はベータよりも信頼性が向上していますが、正式版になってからの方が安心です。2月の後半には、Windows 7 のサービスパック1も登場するので大忙し。そんな事より、明日はバレンタインデーです。

Internet Explorer Test Drive

Internet Explorer 9 製品候補版 - Microsoft Windows




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項