MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Internet Explorer 9 Platform Preview 7 登場


マイクロソフト社の時期 ブラウザ Internet Explorer 9 (インターネット エクスプローラー :以下IE 9)Beta の登場で、先にテスト環境に使用する目的で公開された、定期的に更新される Internet Explorer 9 Platform Preview(プラットフォーム プレビュー)の名称が面倒になりました。IE 9 Beta は、それまでのブラウザとして、メニューバー、ステータスバー、タスクバーなどの機能を搭載したベータ版で、Platform Preview はレンダリングエンジンを試す事に目的を絞っているため、アドレスバーすら通常表示されていません(メニューからアドレスを指定する事は可能)。さて、今回更新されたのは、後者の Platform Preview で、バージョンが 7 になりました。



管理人は IE 9 Beta を普段使っていますが、参照できないサイトも存在します。また、IE 9 Beta のレンダリングエンジンは、更新されないままなので、Platform Preview バーション 5 あたりかと思われます。つまり、今回登場した Platform Preview バージョンが 7 が、IE 9 で最も最新のレンダリングが行える事になり、Beta の続編が公開されるのか、そのまま正式版になるのかは不明ですが、最終的には Platform Preview の最終バージョンが搭載されてくると思われます。正直な話、タブを分離、統合する機能は重宝するものの、現行の IE 9 Beta は不満が多くあります。正式版がどのようになるかを予測するには、Platform Preview を使ってみるのが手っ取り早いでしょう。例えば、管理人の環境では、バッファローのルーター WZR-HP-AG300H/U の管理画面を表示するのが IE 9 Betaでは難しいです(ものすごく時間がかかります)。一方、Platform Preview バージョン 7 では快適にアクセスできます(別の問題か?)。



Acid3のスコアは、IE 9 Beta と同じく95です。おそらく、これ以上は上げる気がないのかも知れませんし、これが最重要だとも感じません。Platform Preview バージョン 7 では、現実的にサイトを表示するパターンを解析して体感速度を速める工夫がなされています。その一つに、デットコード(プログラムの矛盾、永遠に抜け出す事ができない繰り返し処理)などのパターンを修正する機能が盛り込まれている様です。

WebKit SunSpider JavaScript Benchmark Results では、初めて IE 9 Platform Preview #7 が最速になりました(抜かれたり抜き返したりを繰り返すと思います)。グラフを見るとIE 8 が圧倒的に遅いものの、IE 9 を含め、他のブラウザとの違いは僅かです。つまり、これも最重要とは感じません。詳細は公式ブログへ。

HTML5, and Real World Site Performance: Seventh IE9 Platform Preview Available for Developers



タブの統合と分離が可能になると、HTMLに記入されたタイトルの役目が微妙になっています。静的なページは問題ありませんが、動的なページでは、このタイトル表記が結構面倒な個所です。例えば、ページ数や昇順、降順なのでにより、このタイトルを変化させる必要があります。そうしないと、検索エンジンのクローラーに重複ページと判断されます。タブの分離や統合が可能なブラウザでも、Firefox だけはフルタイトルを表示してくれます。



タスクバーのサムネイル表示では、フルタイトルが表示されるので、やはりサイト制作者にとっては、やはり気の抜けない部分です。IE 9 Betaの機能は問題無いので、最新のレンダリングエンジンを搭載した Betaか正式版を早く公開してもらいたいところです。

Internet Explorer Test Drive

Internet Explorer 9 Beta 日本語版 登場




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項