MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

IE 9:ファイルのダウンロードの流れが変更されました


ブラウザ、IE 8 までは、サイトからファイルをダウンロードする時、ダウンロードボタンをクリックすると、情報バーが表示され(されない場合もある)、「ファイルのダウンロード(D)」をクリックして、セキュリティの警告が表示され、「保存(S)」または、「実行(R)」ボタンをクリックしてダウンロード作業へと進みます。


セキュリティの警告 場所指定 ダウンロード完了


IE 9 からは、ブラウザの下部に、ファイルダウンロードに関する情報が表示されます。内容は、どのサイトから、何をダウンロード、または、実行するかが明記されます。選択肢は「実行」「保存」「キャンセル」の3つです。



「実行」をクリックした場合、例えば、ダウンロードするファイルが何かしらのアプリケーションをインストールするファイルだった場合、ダウンロード後にインストールが始まります。ダウンロードの進捗情報は、やはりブラウザの下部に表示されます。



ダウンロード完了後、スキャンが実行され、インストールへと自動で進みます。つまり、ダウンロードしたファイルを実行します。



「保存」をクリックした場合、やはりダウンロード作業へ自動で進みます。ダウンロード後のスキャンまでは同じで、「実行」はされません。ブラウザの下部に表示される選択肢は、「実行」「フォルダーを開く」「ダウンロードの表示」です。



従来通り、保存する場所を指定したい場合は、「保存」ボタンの右の逆三角形をクリックして、「名前を付けて保存(A)」をクリックします。



お馴染みの、保管する場所を選択する画面が表示されます(例えば、デスクトップなどを指定)。



「名前を付けて保存(A)」を選択する以外でも、必ずダウンロードされる場所が存在します。場所は、C:\Users\ユーザー名\Downloads が初期状態で指定されています。



これを変更する事もできます(例えば、ダウンロードしたファイルを常にデスクトップに保存したいなど)。ブラウザ右端のボタンをクリックして、「ダウンロードの表示(N)」をクリックします。



「オプション(O)」をクリックして、「参照(B)」ボタンをクリックすると、ダウンロードのインポート先フォルダーを選択できます。デスクトップに常に保管したければ、ここでデスクトップを指定します。



規定のダウンロード サイトが「デスクトップ」に変更されました。「OK」ボタンをクリックすれば完了です。元に戻すときは、再び「ダウンロード オプション」を起動して、C:\Users\ユーザー名\Downloadsを指定すれば良いでしょう。



ダウンロードフォルダーをエクスプローラーで開かなくても、「ダウンロードの表示」からファイルを実行する事もできます。また、履歴を消去するには、「一覧をクリア(T)」ボタンをクリックします。



「ダウンロードの表示」で一覧をクリアしても、ダウンロードフォルダーにファイルは残ります。完全に用済みになった場合は、このフォルダーでダウンロードしたファイルを削除します。従来のやり方に慣れているなら、規定のダウンロード サイトを「デスクトップ」に変更した方が分かりやすいかも知れません。そのまま実行するにせよ、ダウンロードするだけにせよ、行った事がデスクトップで把握できるからです(ダウンロードしたファイルがデスクトップに保管されるため)。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項