MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Internet Explorer 8 のソースビューアをメモ帳に変更する方法


ホームページを製作するユーザーにとって、ソースを表示する機会は多いと思いますが、ビルダー系のソフトウェアを使っているのであれば、メモ帳だけで一から作る事もないと思います。 しかしながら、JavaScript(ジャバスクリプト)などのクライアントサイドスクリプトをテストするには、デスクトップにファイルを保管してもブラウザでチェックでき、ソースを表示して編集するのに便利です。 サーバーサイドスクリプトの場合は、WEB(ウェブ)サーバーを通す必要があるものの、開発環境にファイルを保管してブラウザでローカルホストにアクセスすれば、やはりメモ帳で簡単に編集できるので重宝します。


専用ビューア メモ帳


ところが、Internet Explorer 8(インターネット エクスプローラー エイト)からは、ソースを表示する初期設定がメモ帳ではなく、専用ビューアになりました。この専用ビューアは、行数が左に表示され、ソースコードが色分けされているので、参照するには便利なのですが、編集する事ができません。



ブラウザでソースを表示した時に、ソースコードを編集可能なメモ帳、あるいは、利用しているビルダー系ソフトを指定するには、開発ツールを起動します。まず、「ツール」をクリックして、表示されたメニューの「管理者ツール(D)」をクリックします。ブラウザの下段に開発ツールが表示されるので、「ファイル」をクリックして「Internet Explorer ソースの表示のカスタマイズ(C)」をクリック。さらに、「メモ帳(N)」をクリックします。最後に、開発ツールを閉じる「×」をクリックします。

再び専用ビューアに戻したいのであれば、開発ツールをクリックして、「専用ビューア」を選択して下さい。また、Internet Explorer 8 では、標準メニューが初期状態で非表示となっています。キーボードの「Alt」キーを押すと表示され「←」「→」「↑」「↓」キーで「表示(V)」→「ソース(C)」をたどって「Enter」キーを押すと、ソースを表示できます。頻繁に利用するのであれば、「Alt」「V」「C」キーを順番に押しても起動できるので、「Alt」「V」「C」キーを覚えると便利です。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項