MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Internet Explorer 8 64 ビット版


Windows 7 で初めて常用するコンピューターを 32 ビット版から 64 ビット版に移行したのですが、これに伴いブラウザ Internet Explorer 8( インターネット エクスプローラー エイト 以下 IE 8 )も 64 ビット版を初めて使いました。



64 ビット版 OS をインストールすると、C ドライブに見慣れたProgram Filesと、初めてお目にかかる Program Files (x86) フォルダーが存在します。 Program Files は、インストールしたプルグラムの多くが、サブフォルダーを作り保管されるフォルダーです。 今回、64 ビット版の OS をインストールした事で、64 ビット版のプログラムは Program Files に、32 ビット版プログラムは Program Files (x86) にインストールされます。 64 ビット版 OS でも、WoW64 と呼ばれる機能を使い、32 ビット版プログラムにも対応していますが(システムに深く関わるプログラムは動きません)、いずれ完了すると思われる 32 ビット版から 64 ビット版への世代交代が完了すれば、Program Files (x86) フォルダーも消滅するかと思われます。 インストールするプログラムが 64 ビット版か 32 ビット版かを意識する必要はなく、インストールウィザードで自動でフォルダーを振り分けてくれます。 これにより、インストールしたプログラムが 32 ビット版なのか、64 ビット版なのかを判断する事もできますし、そのレベルでも 64 ビット版 OS を利用できるほど WoW64 のおかげで互換性が保たれいます。

32 ビット アプリケーションの実行



さて、Windows 7 に付属するブラウザは IE 8 ですが、64 ビット版 OS をインストールしても、タスクバーに設置されたアイコンの IE 8 は 32 ビット版となります。 つまり、プログラムが保管されている場所は、C ドライブの Program Files (x86) の Internet Explorer です。 64 ビット版 OS であっても、32 ビット版 IE 8 が推奨されている事が分かります。



64 ビット版 IE 8 を起動するには、「スタート」ボタン → 「すべてのプログラム」→「Internet Explorer(64ビット))」をクリックします。



タスクバーでも、32 ビット版と 64 ビット版は区別され、タスクバーに登録すると IE のアイコンが二つ並び、なんとも不気味になります。



利用しているプログラムが 64 ビット版か 32 ビット版かを知るには、タスク マネージャーを起動して「プロセス」タブを参照しても変わります。 64 ビット版 OS では、32 ビット版のプログラムは「*32」と表示されます。「iexplorer.exe」が「IE8」の事ですが、現在 32 ビット版( iexplorer.exe *32 )と 64 ビット版( iexplorer.exe )が起動している事が分かります。 さらに、IE 8 にインストールされた「Bing(R)バー」に「*32」とあるので、Bing バーは 32 ビット版のブラウザでしか利用できません。



アドオン、アクセラレータ、お気に入り、フィード( RSS )、Cookie は、どちらで登録しても共通となります。 ただし 64 ビット版 IE 8 では、Flash Player のプラグインが存在しません。



Flash を使ったサイトは、IE 8 32 ビット版を使う必要があります。

Flash Player の 64 ビット版オペレーティングシステム対応状況



また、Microsoft の Silverlight(シルバーライト)のプラグインも、64 ビット版 IE 8 にはインストールできませんでした。 動画をクリックすると、再生ではなく、ダウンロードが発生します。

Silverlight



サイト全体をFlashで構成している場合は全く閲覧できませんが、単純にビデオの再生ができず、それを何とも思わない使い方をするのであれば、特に不具合が発生する訳でも無く、落ちる事も無いので良いかと思います。 タスクバーに登録するアイコンが重複するので、管理人は RocketDock に 64 ビット版 IE8 と Windows Media Player 12(ウインドウズ メディア プレイヤー 12 以下 WMP 12 )を登録しています。 WMP 12 も 64 ビット版がインストールされていますが、IE 8 と同じく、初期状態のタスクバーに登録されているのは 32 ビット版となります。

XPとVistaの機能を向上させるランチャー RocketDock




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項