MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Internet Explorer 8 正式版登場


Windows Internet Explorer( ウインドウズ インターネット エクスプローラ 以下 IE )7 の後継となるバージョン 8 の正式版が遂に登場しました。 世間で話題になっているか不明ですが、とりあえずバージョンアップにより互換性の問題が勃発します。 が、それと引き替えに得るものは大きく、IE はバージョン 8 から正しいブラウザになりました。



この正しいブラウザの効果が発揮されるには数年かかると思われますが、少なくとも IE 8 の登場により、現在の IE 6 が蔓延する状況を打破する日が来るでしょう。 現在は IE 6 や IE 7 が多くのユーザーのデフォルトブラウザになっていますが、IE 8 の次やその次が登場した頃に、IE 8 が今の IE 6 や IE 7 の状態になったとしても、サイト側が対応に苦しむ事は無いと思います。 逆を言えば、IE 8 に対応するサイトを作れば、IE 8 が主流にならなくても、他のブラウザへの対応に苦しむ事がありません。 ただし、他のブラウザのシェアが変わらず、IE 6 や IE 7 が今から長く生息するのであれば、それは現状と変わらず厳しい状況です。 Windows XP を 2 世代前の OS に決定付ける Windows7(ウインドウズ セブン) が、きっと良い方向へと導くと思われます。しかし、Windows Vista のデフォルトブラウザがIE7である事をお忘れ無く。

IE 8 と言えば、ブラウザのスピード対決に劣っていると思われますが、これに意義を唱えるプロモーションや資料が公式サイトに散りばめられています。

Internet Explorer 8 : かつてない新機能



パフォーマンステストのビデオを視聴した後に、ホワイトペーパーを参照する事をおすすめします。 そもそも、スピードテストの結果が、多くのユーザーのホームページ閲覧に絶対的に威力を発揮するのではなく、正確な結果、平等なテスト環境を整えるのが難しい事が書かれています。 ホワイトペーパーの 14 ページに、世界で最上位 25 のWebサイトでパフォーマンステストを実行した結果が掲載されています。最速で読み込めるサイトが多いブラウザが IE 8 であると掲載されており、日常的に利用するブラウザとして最適なのが IE 8 であると・・・ なりますが、これは良いとしましょう。





それより面白いのが、自社サイトを閲覧するには、自社ブラウザが最適かと勝手に思っていましたが、意外な結果となっています。Live.com を読み込むのに最速なのは IE 8 で、これは納得できる結果と思われます( ただし、Firefox 3.05 との差は 0.02 秒 )。 しかし、msn.com は Chrome1.0 、microsoft.com では Firefox 3.05 が最速となっています。 さらに、google.com や youtube.com は Chrome1.0 が最速と予想しましたが、結果は IE 8 になっています。 mozilla.com は Firefox 3.05 が最速と思っていましたが、結果は IE 8 となっています。 読み込み速度に 1 秒の違いがあれば、体感する事もできますが、この結果の多くは 0.1 秒、または、0.01 秒の差で、これは特にブラウザを選択する基準にはならないと思われます。個人的には「Acid3」の結果が他のブラウザから大きく引き離されている方が気になります。



ダウンロード方法

1.IE 8 をダウンロードするには、公式サイトにアクセスして、利用しているOSを左クリックします。

Internet Explorer 8:ダウンロード



2.セキュリティの警告が表示されたら、「保存(S)」ボタンを左クリックします。



3.左メニューで「デスクトップ」を選択して、さらに「保存(S)」ボタンを左クリックします。



4.ダウンロードが完了したら、「閉じる」ボタンを左クリックします。



インストール方法

1.今回、Windows Vista に IE 8 RC 1 がインストールされた環境と、Windows XP に IE 7 がインストールされた状態に IE 8 正式版をインストールしてみました。 既にインストールされた IE をアンインストールしてから作業するのを忘れ、そのまま実行しましたが、特に問題は発見できませんでした。

IE8 RC1 IE7 IE8 正式版


2.デスクトップにダウンロードしたアイコンをダブルクリックします。ファイル名はダウンロードしたものにより異なります。インストールにはコンピューターの再起動が必須となります。



3.セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」ボタンを左クリックします。



4.インストールウィザードが起動します。「次へ」ボタンを左クリックします。



5.ライセンス条項を読み、納得しならば「同意する(A)」ボタンを左クリックします。同意出来ない場合はインストールする事ができません。



6.更新プログラムのインストールに自動でチェックが入るので、そのまま「次へ」ボタンを左クリックします。



7.インストールが開始されます。しばらくお待ち下さい。



8.ちなみに、Windows XP にインストールしている画面が右。



9.インストールが完了しました。「今すぐ再起動する(推奨)」ボタンを左クリックします。



10.Windows Vista では再起動作業のシャットダウン時と、再起動後にインストールが引き継がれます。Windows XP ではこの表示はありません。いずれにしても待つのみです。



11.コンピューターの再起動後、初めて IE 8 を起動した時だけ「Internet Explorer 8 へようこそ」画面が表示されます。指示に従って選択してセットアップを進行して下さい。これに関しては別ページに説明してあります。

Internet Explorer 8 の初期設定



12.もし、問題が生じてアンインストールする場合は、コントロールパネルを開き、クラシック表示にして「プログラムの機能」をダブルクリックします。 右メニューの「インストールされた更新プログラムを表示」を左クリックして、右に表示された更新プログラムの中から「Windows Internet Explorer 8」を選択して、上部の「アンインストール」ボタンを左クリックします。



13.Windows XP ではコントロールパネル(クラシック表示)の「プログラムの追加と削除」をダブルクリックします。左メニューの「プログラムの変更と削除」を左クリックして、右の一覧から「Windows Internet Explorer 8」を左クリックします。 すると「削除」ボタンが表示されるので、これを左クリックします。



新機能やベータ、RCで経験したトラブルなどは、以下のページに掲載しています。

Internet Explorer 8 - ホームズ備忘録

マイクロソフト、Windows(R) Internet Explorer(R) 8 の提供開始を発表

Internet Explorer 8 で最新のウェブブラウジング - MSN版IE8

Internet Explorer 8 サポート ページ




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項