MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Internet Explorer 8 お気に入り、フィード、Cookieの保存方法


Internet Explorer 8(インターネットエクスプローラ エイト 以下IE8)では「お気に入り」「フィード」「Cookie」のエクスポートとインポートが統合されています。IE 7 からお気に入りの他に登録したフィードのデータもバックアップ対象となりましたが、IE 8 でも従来と同じく個別にエクスポートやインポートをする事もできます。 バックアップ方法は、ファイルをエクスポートしてそれを保管します。復元方法はバックアップしたファイルをインポートする事で可能となります。



エクスポートする前のファイルの場所を念のため紹介します。「お気に入り」は、以下のフォルダーに保管されています。エクスプローラから見ると、「Favorites」フォルダーは「お気に入り」と表示されています。


C:\Users\ユーザー名\Favorites

エクスプローラで C:\Users を参照すると、「お気に入り」と表示されていますが、実際は「Favorites(お気に入り)」と名前の付いたフォルダーに保管されています。ブラウザに付属する「お気に入りの管理」が使いにくいと感じたら、直接このフォルダーにあるファイルを移動します。



登録したフィード( RSS )が保管されている場所は、Windows インストール初期状態では表示できません。コントロールパネルの「フォルダ オプション」をダブルクリックして、「表示」タブを左クリックし、「ファイルとフォルダーの表示」で「すべてのファイルとフォルダーを表示する」にチェックを入れ(左クリック)、「OK」ボタンを左クリックすると参照できます。



保管されている場所は以下。


C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Feeds

「ユーザー名」フォルダーに「AppData」フォルダーが表示されない場合は、「コントロールパネル」を開き、「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。 さらに「フォルダー オプション」をクリックして、「表示」タブをクリックします。 「隠しファイル、隠しフォルダー、および、隠しドライブを表示する」をクリックして、チェックを入れます。 最後に「OK」ボタンをクリックして、「エクスプローラー」を起動しなおすと、「AppData」フォルダーが参照できます。 隠れていたフォルダーは、Winodws インストール初期状態で隠していたのであり、誤って削除するのを防ぎます。 もし、心配であるならば、作業が終了したら再び「フォルダー オプション」を開いて、「隠しファイル、隠しフォルダー、または、隠しドライブを表示しない」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。



フィードをフォルダー毎に管理している状態で、そのフォルダーを参照した状態が右。



Cookie(クッキー)が保管されている場所は、初期状態では以下。 この場所は、IE8を起動して「ツール」→「インターネットオプション」を開き、「全般」タブの「閲覧の履歴」の「設定(S)」ボタンを左クリックすると、保管場所が表示され、ファイルの表示や保管場所を移動する事ができます。


C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files

IE8のウィザードを使ってエクスポートした場合、右の3つとなります。Windows初期状態では、拡張子が表示されませんが、今回の作業に支障はありません。お気に入りは「Boolmark.htm」、フィード情報は「Feeds.opml」、Cookieは「Cookie.txt」してバックアップでき、実際に新しい環境で復元する場合は、これら全てをインポートしても良いですし、Cookie以外のファイルをインポートしても良いでしょう。



お気に入りは従来と同じくHTML形式で保管されるので、これをブラウザで開けば、ホームページのリンク集と同じ使い方となります。



保存方法 エクスポート

IE8を起動して、「お気に入り」ボタンを左クリックして、さらに「お気に入りの追加」右の逆三角形の付いたボタンを左クリックします。表示されたメニューの「インポートおよびエクスポート(I)」を左クリックします。これは、復元する時も同じです。



また、キーボードの「Alt」キーを押すと表示される上部メニューの「ファイル(F)」→「インポートおよびエクスポート(I)」を左クリックしても同じです。このメニューは、IE8の上部メニューで右クリック→「メニューバー(M)」を左クリックすると、常に表示する事ができますが、IE7からは標準で非表示となっています。



「インポート/エクスポート設定」が開きました。今回はバックアップしたいので、「ファイルにエクスポート(E)」を左クリックして、「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



バックアップする内容を選択します。IE8からは「お気に入り」「フィード」「Cookie」を一度のウィザードでバックアップ、または復元できるようになりました。例えば、Cookieが不必要であっても、全てにチェックを入れ、実際に保管するのは「お気に入り」と「フィード」だけといった使い方もできます。ここでは、3つ全てを選択するエクスポート方法を説明します。個別にバックアップする場合は、一つだけにチェックを入れて「次へ(N)」ボタンを左クリックします。作業内容は、以下の選択したものだけになります。



全てを選択した場合、または、「お気に入り」だけを選択した場合、次の画面が表示され、バックアップするお気に入りを選択します。通常は「お気に入り」フォルダーを指定すれば、全てのお気に入りをバックアップできます。「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



「お気に入り」をエクスポートする場所とファイル名を指定します。初期状態では、C:\Users\ユーザー名\Documents に保管されますが、ここでは分かりやすくデスクトップに保管してみます。「参照(R)」ボタンを左クリックします。



左メニューで「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」ボタンを左クリックします。ファイル名は初期状態で「bookmark.htm」となっていますが、変更する事もできます。



以上で、バックアップを保管する場所がデスクトップに変更されました。「お気に入り」だけをエクスポートする場合は、「エクスポート」ボタンを、3つ全てを選択した場合は「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



全てを選択した場合、または、「フィード」だけを選択した場合、次の画面が表示されます。初期状態では、C:\Users\ユーザー名\Documents に保管されますが、ここでは分かりやすくデスクトップに保管してみます。「参照(R)」ボタンを左クリックします。



左メニューで「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」ボタンを左クリックします。ファイル名は初期状態で「feeds.opml」となっていますが、変更する事もできます。



以上で、バックアップを保管する場所がデスクトップに変更されました。「フィード」だけをエクスポートする場合は、「エクスポート」ボタンを、3つ全てを選択した場合は「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



全てを選択した場合、または、「Cookie」だけを選択した場合、次の画面が表示されます。初期状態では、C:\Users\ユーザー名\Documents に保管されますが、ここでは分かりやすくデスクトップに保管してみます。「参照(R)」ボタンを左クリックします。



左メニューで「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」ボタンを左クリックします。ファイル名は初期状態で「cookie.txt」となっていますが、変更する事もできます。



以上で、バックアップを保管する場所がデスクトップに変更されました。「エクスポート」ボタンを左クリックします。



エクスポートが完了しました。「完了」ボタンを左クリックします。



デスクトップに「お気に入り」「フィード」「Cookie」をエクスポートする事ができました。これをメディアやネットワーク上のドライブにバックアップします。



Internet Explorer 8 お気に入り、フィード、Cookieの復元方法




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項