MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Internet Explorerの互換性リストの設定

一部のサイトでのエクスペリエンス向上のために、Internet Explorer の互換性リストを使う


Windows 8.1 インストール中の「設定」画面で「自分で設定する(C)」を選択した場合、「解決策をオンラインで調べる」にて、「一部のサイトでのエクスペリエンス向上のために、Internet Explorer(インターネット エクスプローラー:以下 IE)の互換性リストを使う」のオン・オフを問われます。

互換性リストには、以前のバージョンのブラウザーや他のブラウザー用に設計された Web サイトのリスト、既知の互換性の問題があるハードウェア デバイス (特にグラフィック ハードウェア) のリスト、Internet Explorer とは互換性がないと確認されている方法で Adobe Flash Player を使用する Web サイトのリスト、よく使用される Web アドレスのリスト、操作性の向上に役立つページ予測付きページ フリップ機能をサポートしている Web サイトのリストなどがあり、このオプションをオンにすると、Internet Explorer が互換表示設定の更新済みリストを Microsoft から定期的にダウンロードし、標準的な PC 情報が送信されます。

[一部のサイトでエクスペリエンス向上のために、Internet Explorer の互換性リストを使う]:閲覧エクスペリンスを向上させるため、Microsoft では、変化する Web サイトと PC ハードウェアに対応して Internet Explorer の動作を調整するための互換性リストを提供しています。Internet Explorer は最新の互換性リストのセットを Microsoft から定期的にダウンロードするようになります。これらのリストには、互換性を向上するため、Internet Explorer が設定を調整する必要がある Web サイトと PC ハードウェアが登録されています。この設定は、PC の既定のブラウザー、使用するブラウザーを選択する機能、PC で Internet Explorer を有効にするかどうかには影響しません。互換性リストは Internet Explorer 内でのみ機能します 。



Internet Explorer の互換性リストの利用の有効化と無効化

1.この設定を Windows 8.1 をインストールしてから変更する場合は、「スタート」画面で「デスクトップ」タイルをクリックします。



2.「デスクトップ」が起動したら、タスクバーの「IE」アイコンをクリックします。



3.IE が起動したら、キーボードの「Alt」キーを押して、上部メニューを表示します。「ツール(T)」をクリックして、さらに「互換表示設定(B)」をクリックします。



4. 無効にしたければ「Microsoft から更新された互換性リストをダウンロードする」をクリックしてチェック ボックスをオフにします。有効にしたければ、クリックしてチェック ボックスをオンにします。最後に、「閉じる」ボタンをクリックします。Windows 8.1 インストールのときのオン・オフスイッチはありません。チェックを入れるか外すかで制御します。


Internet ExplorerでアクセスしたWEBサイトにDo Not Track要求を送る

Internet Explorer の SmartScreen フィルターの有効化と無効化




戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項