MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Internet Explorer でアクセスした WEB サイトに Do Not Track 要求を送る


Windows 8.1 インストール中の「設定」画面で「自分で設定する(C)」を選択した場合、「PC とプライバシーを保護する」にて、「Internet ExplorerでアクセスしたWEBサイトにDo Not Track要求を送る」のオン・オフを問われます。Do Not Track(ドゥノットトラック)とは、Microsoft(マイクロソフト)社のブラウザ Internet Explorer(インターネット エクスプローラー:以下 IE)に搭載された、プライバシー保護に関する一環として、インターネット上での行動履歴の追跡を拒否する追跡防止機能です。通常はオン、つまり、この機能を有効にすることをお勧めします。

[Internet Explorer でアクセスした Web サイトに Do Not Track 要求を送信する]:いずれかのブラウザーで WEB サイトを閲覧すると、Cookie(クッキー)、IP アドレス、およびその他の標準的なコンピューター情報がその Web サイトへ自動的に送信されます。閲覧先の Web サイトに、サードパーティの Web サイトが提供するコンテンツが含まれている場合、一部のユーザー情報がそのサード パーティのコンテンツ プロバイダーにも自動的に送信さえることがあります。その情報を使用することで、サード パーティのコンテンツ プロバイダーは複数の Web サイトでユーザーを追跡できるので、ユーザーのプライバシーが侵害される可能性があります。Internet Explorer は、ユーザーがアクセスした Web サイトに Do Not Track 要求を送信します。さらに、それらの Web サイトにコンテンツを提供しているサード パーティにも、Do Not Track リクエストを送信します。閲覧先の Web サイトが Do Not Track 要求をどのように解釈して対応するかは、各サイトのプライバシー方針によって異なります。この設定は、PC の既定のブラウザー、使用するブラウザーを選択する機能、PC で Internet Explorer を有効にするかどうかには影響しません。この設定は、Internet Explorer 内でのみ機能します。



Internet Explorer で設定を変更する方法

1.「スタート」画面で「デスクトップ」タイルをクリックします。



2.「デスクトップ」が起動したら、タスクバーの「IE」アイコンをクリックします。



3.IEの右上、「ツール」アイコンをクリック、表示されたメニューの「セーフティ(S)」をクリック、さらに、「Do Not Track 要求を有効にする(T)」をクリックします。「Do Not Track」が表示されたら「有効にする」ボタンをクリックします。



無効にする場合は、Do Not Track 要求を無効にする(T)」をクリックします。「Do Not Track」が表示されたら「無効にする」ボタンをクリックします。


Internet Explorer の SmartScreen フィルターの有効化と無効化



戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項