MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Internet Explorer 10 操作方法
Metro UI版

 Internet Explorer 10(インターネット エクスプローラー テン)は、Windows 8 に搭載される予定のマイクロソフト社の最新ブラウザです。Windows 8では、デスクトップ版と、Metro UI(メトロ ユー アイ)版のIE 10が存在します。このページでは指先操作に優れたMetro UI版のIE 10の操作方法を紹介します。


断っておきますが、エイプリルフールとは何の関係もありません。Microsoft(マイクロソフト)社のブラウザ「Internet Explorer(インターネット エクスプローラー:以下IE)」は、バージョンの番号が後に続きます。例えば、IE 9(アイ イー ナイン)はバージョン9を意味します。現在、最新版はIE 9ですが、サポートOSがWindows Vistaからなので、Windows XPの環境ではIE 8が最新となります。そして、IE 9の後継となるのがIE 10で、現時点では正式版がありません。過去にInternet Explorer Platform Previewでレンダリングをテストする環境が提供されていましたが、今ではWindows 8 Consumer Previewをインストールしてテストできます。



Windows 8では、デスクトップ版と、Metro UI(メトロ ユー アイ)版のIE 10が存在します。デスクトップ版のIE 10は、操作方法がIE 9とほぼ同じなので、このページでは指先操作に優れたMetro UI版のIE 10の操作方法を紹介します。


デスクトップ版 Metro UI版

Metro UI版のIE 10は、メニューやアドレス バーがなく、WEBサイトが表示される部分だけで構成されます。もし、アドレスを入力したいのであれば、画面で右クリックします。下段に「アドレスバー」と「戻る」「進む」「更新」「ピン留め」「スパナ」ボタンが表示されます。上部はタブ バーが表示され、右端には新しいタブを開く「+」ボタンと、タブのクリーンアップや、Internet Explorer が閲覧セッションに関するデータを保存できないようにするInPrivateをタブで開く「...」ボタンが表示されます。


通常閲覧状態 右クリックした状態


WEBサイトにアクセスする方法

スタート画面の「Internet Explorer」タイルをクリックします。アドレス バーを選択すると、「よくアクセスするサイト」と「ピン留め」したサイトの一覧が表示されます。これらの履歴は右クリックして削除でき、クリックするとアクセスします。アドレス バーにアドレスを途中まで入力すると、履歴から過去に参照したアドレス一覧が表示されます。


アドレス バーをフォーカスした状態 ワードによる絞り込み


新しいタブを開くには? タブを閉じるには?

新しいタブを開くには、右クリックしてタブ バー(上段)を表示します。右上にある「+」ボタンをクリックすると、新しいタブを開けます。もちろん、デスクトップ版と同じく、キーボードの「Ctrl」キーを押しながらリンクをクリックしても、新しいタブで開くことができます。



挑戦したことはありませんが、とりあえず横一列を超えた場合、下の段に続けてタブが表示されます。デスクトップみたいに、通常状態でメニューが表示されていないMetro UI版でも、右クリックでタブ バーを表示させ、これを利用できるのは便利です。タブを閉じるには、サムネイルの右上にある「×」ボタンをクリックします。



複数のタブを簡単に閉じるには、右クリックして右上の「・・・」ボタンをクリックします。さらに、「タブのクリーンアップ」をクリックします。



InPrivateで表示したい

右クリックして右上の「・・・」ボタンをクリックします。さらに「新しいInPrivate タブ」をクリックすると、デスクトップ版と同じく、アドレスバーの左端に青い背景に白抜きの「InPrivate」の文字が表示されます。



デスクトップに表示する

何かしらの理由で、Metro UI版のIE 10で不具合が発生した場合、デスクトップ版のIE 10で開かせる方法があります。右クリックして下段メニューの「スパナ」アイコンをクリックします。さらに「デスクトップに表示する」をクリックします。


「デスクトップに表示する」をクリックします。 Metro UI版IE 10で開いたWEBページが、デスクトップ版IE 10で開かれました。


ページを検索する

右クリックして下段メニューの「スパナ」アイコンをクリックします。さらに「ページを検索する」をクリックします。左下に検索フォームが表示されるので、検索ワードを入力します。デスクトップ版では、キーボードの「Ctrl」キーと「F」キーを同時に押した状態と同じです。


ページを検索する」をクリック 検索フォームにワードを入力


「戻る」と「進む」ボタン

右クリックして表示された下段メニューの左右に「←(戻る)」と「→(進む)」ボタンが表示されますが、ページの左端や右端にポインターを移動すると、専用ボタンが表示されます。どちらを使っても動作は同じです。当然ながら、指先で操作できる環境の方が便利です。また、そのタブ内でページを移動していない場合は、「戻る」ボタンは使えません。また、「戻る」ボタンを使っていない場合は、「進む」ボタンも使えません。


戻る 進む


スタート画面にピン留めする、削除する方法

スタート画面にピン留めすると、WEBサイト専用のタイルをスタート画面に保存して、次回からタイルをクリックして直接WEBサイトにアクセスできます。



ピン留めしたいサイトにアクセスして、右クリックしてメニューを表示します。下段メニューの「ピン留め」ボタンをクリックします。



入力されたタイトル文字を変更できます。「スタート画面にピン留めする」ボタンをクリックします。



ピン留めを削除するには、タイルを右クリックして、「スタート画面からピン留めを外す」ボタンをクリックします。



デスクトップ版IE 10で起動させる方法

先に紹介した「デスクトップに表示する」とは異なり、スタート画面のタイルをクリックして、デスクトップ版IE 10を起動する方法があります。通常、スタート画面のタイルをクリックすると、Metro UI版 IE 10が起動します。デスクトップ版 IE 10を起動して、「インターネット オプション」を開きます。



「プログラム」タブをクリックして、「デスクトップでInternet Explorer タイルを開く(T)」をクリックしてチェックを入れます。「OK」ボタンをクリックして「インターネット オプション」とIE 10を閉じます。以上で設定は完了です。元に戻す場合は、チェックを外して「OK」ボタンをクリックします。



デバイスマネージャでの「プロセス」と「詳細」

デバイスマネージャの「プロセス」タブではデスクトップ版とMetro UI版のアイコンが分かれ、別物として表示されます。デスクトップ版では各タブで開かれたWEBページのタイトルが表示されますが、Metro UI版のタブで開かれたWEBページは表示されません。



「詳細」タブでは、いずれのブラウザもiexplorer.exeとして表示され、初回起動時のみ二つ(IE本体とタブ)表示されます。以後、タブが増加するにつれ、iexplorer.exeも増加します。ただし、タブを一つ増やせば、一つ増えるわけではありません。動画では間違った説明をしています。申し訳ありません。

例えば、デスクトップ版とMetro UI版のIEを起動すると、iexplorer.exeは4つ起動します。タブを増やせば、iexplorer.exeも増加します。タブを閉じただけでは、iexplorer.exeは減らず、IEを終了した時に全て消えます。



デスクトップではメニューが表示されていない状態を、利便性が乏しいと感じるのかも知れません。しかし、限られた画面サイズのタブレットPCでは、ブラウザのメイン画面でもある、WEBページを表示する部分が小さいのは困ります。メニューを小さくしてスペースを確保しても、小さいメニューは指先操作に向いていません。Metro UI版IE 10では、この問題を右クリックにより上手に解決できていると感じます。タブ機能も搭載したことで、デスクトップ版と変わらぬ利便性を確保しています。そして最後に、登場するのであれば、Mozilla Firefoxや Google ChromeのMetro UI版も楽しみです。





戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項