MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

10.Mozilla Firefox で RSS を扱う方法

 Windows に標準装備されているマイクロソフトの Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)が長らく更新されていませんでした。そんな現状でタブ機能やスキンの変更が可能など多彩な機能を搭載して人気を集めたのが Mozilla Firefox(モジラ ファイヤーフォックス)です。


XML 形式の RSS ( RDF Site Summary ) を公開しているサイトにアクセスすると、ブラウザの右下に「RSS」マークが表示されます。 これは、そのサイトの更新したページやニュースの斜め読みなどに活用される機能です。 MB-Support でもお手製の RSS を発行しているので、この機会に RSS リーダー 機能を試してみましょう。



1.RSS を発行しているサイトを表示すると、アドレス欄にフィードアイコンが表示されます。 これは、そのページに RSS を示すメタタグと呼ばれる文章が記入されていた場合に表示されるもので、RSS を発行しているサイトでも表示されない場合もあります。

このページでは表示されていると思うので、オレンジのフィードアイコンを左クリックします。



2.ページにリンクされた RSS ファイルが表示されます。従来は RDF や XML 形式のファイルがそのまま表示されていましたが、 Firefox 2 からは、独自のスタイルシートを適用した状態で表示されます。

ここでフィードリーダーを選択する事ができますが、ここでは Firefox 独自の優れた ライブブックマークを利用してみます。 ライブブックマークとは、文字通り、生きた「お気に入り」です。従来のお気に入りとは、ページのアドレスとアイコンの情報しか登録できませんでしたが、ライブブックマークでは、RSS を動的に読み込んで表示する事ができます。



2.「購読する」を左クリックします。



3.ライブブックマークを保存するフォルダを指定します。通常のブックマークと同じ場所に保存できますが、ブックマークツールバーを指定すると、メニューの上部にフィードを展開する事ができます。

名前は自動で入力されますが、短く変更しても構いません。最後に「OK」を左クリックします。



4.右は登録したライブブックマークを開いた状態です。各アイテムは読み込んだ RSS のアイテムとなります。 ブックマークツールバーは便利なので、フォルダを作成してから、そこにライブブックマークを登録した方が、複数の RSS を階層構造で管理できます。



RSS リーダー Sage

ライブブックマークは Firefox 独特の機能で便利ではありますが、アイテムのタイトルとURLから構成されるもので、文章などの項目は表示できません。 これを可能にするには、Extensions の Sage がおすすめです。

Sage




戻る 一覧表示 次へ



BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項