MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Mozilla Firefox 6 登場


Mozilla(モジラ)が提供する無償のブラウザ Firefox(ファイヤー フォックス)バージョン 6 が公開されました。日進月歩のWEBに対応するために、高速リリースサイクルを打ち出した結果、6週間ごとに新バージョンの公開が公開される予定ですが、今回のバージョンだけは例外で、バージョン 5 から 8週間の間隔が取られていました。



新機能で目を引くのは、複数開かれたタブをグループ分けして管理できる機能(通称 Panorama:パノラマ)です。開いてからタブをドラッグ&ドロップでグループを変更する事ができます。例えば、下図は4つのページを異なるタブで開いています。グループは二つあり、一つは当サイト(二つのタブ)、もう一つはマイクロソフト社のサイト(二つのタブ)を開いています。グループのタブを開いた場合、そのグループに登録されたタブだけをタブバーに表示します。これにより、タブバーの混雑を低減させる事ができます。



しかし、相変わらずタブ毎にタスクバーのサムネイルが表示される事はありません。いくつタブを開いても、タスクバーでは一つのアイコンとサムネイルが表示されるだけですが、ブラウザのタブ機能が優れているので、Windows 7 タスクバーに対応しなくても問題は無いのでしょう。



新規インストール方法

1.公式サイトにアクセスして、「Firefox 無料ダウンロード」ボタンをクリックします。このページにアクセスすると、常に最新バージョンの Firefox がダウンロードできるので、このページで紹介したバージョン6にこだわる必要はありません。セキュリティの都合上、最新バージョンを利用する事をおすすめします。なお、既に Firefox を利用していて、アップデートでインストールする方法は、このページの下の方に掲載しています。今回のページを作成するにあたり、ダウンロードに使うブラウザは Internet Explorer 9 です。


次世代ブラウザ Firefox


2. 情報バーの「保存(S)」の右の「▼」をクリックして、さらに「名前を付けて保存(A)」をクリックします。



3.デスクトップをクリックして、さらに、「保存(S)」ボタンをクリックします。ファイル名は自動で入力されるので、特に変更する必要はありません。



4.デスクトップにファイルがダウンロードされました。これをダブルクリックします。



5.セキュリティの警告が表示されます。Firefox をインストールするのが目的なので、「実行(R)」ボタンをクリックします。



6.「Mozilla Firefox のセットアップ」が表示されます。「次へ(N)」ボタンをクリックします。



7.セットアップの種類をユーザーが選択可能で、好きに決めれば良いことですが、良く分からない場合は「標準インストール(S)」を選択して(クリックすると左のチェックボックスが青くなります)、「次へ(N)」ボタンをクリックします。



8.セットアップ設定の確認画面が表示されます。ここで需要なのが、「Firefox を規定のブラウザとして利用する(S)」に初期状態でチェックが入っている事です。この設定は後から変更可能ですが、メインブラウザが既にあるならば、このチェックをクリックして外して「インストール(I)」ボタンをクリックします。どのブラウザも同じですが、コンピューターの規定のブラウザーにさせたがります。



9.インストールが完了しました。「完了(F)」ボタンをクリックします。



10.初めて起動する場合は、「設定移行ウィザード」が起動します。Microsoft Internet Explorer からデータを移行するか問われています。IEで設定したブックマークなどをFirefoxに適用したい場合は、「Microsoft Internet Explorer」を選択します。そうではなく、とりあえずテストでFirefoxを使ってみる場合は、「設定をインポートしない(D)」を選択して「次へ(N)」ボタンをクリックします。



11.「規定のブラウザの設定」がしつこく表示されますが、この画面で「Firefoxを起動するとき毎回規定のブラウザを確認する」のチェックを外し、「いいえ(N)」を選択すれば良いでしょう。もし、規定のブラウザに設定した場合でも、「インターネット オプション」で変更できます。



アップデートによるインストール方法

1.Firefox ボタン →「ヘルプ」→ 「Firefoxについて」をクリックします。



2.新しいバージョンが公開されている場合は、「更新のダウンロード」が開始されます。しばらく待ちましょう。



3.「ダウンロードした更新を適用(A)」ボタンをクリックします。



4.アドオンは互換性がないものが多数あります。「今すぐ確認(C)」ボタンをクリックします。



5.更新が見つからなかったのでアドオンはあきらめるしかありません。そもそも、ブラウザの性能としてアドオンが関係あるのか明確ではありません。人によってはアドオンは別件と考えますし、アドオンを含めてFirefoxと考える人もいるでしょう。ただ、アドオンの互換性の問題で、本体をアップグレードできない状態は、ソフトウェアの互換性の問題で OS をアップグレードできない心境に似ています。セキュリティや性能を重視すれば、更新は必須なのですが、それに付随するものを重視すれば、本体の更新が疎かになります。



6.インストールが完了したので、最新の Flash Player のインストールへと進みましょう。6週間後、Firefox 7 でお会いしましょう!





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項