MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows DVD メーカー:家電プレイヤーで再生できる DVD ビデオを作成 後編

 家電プレイヤーで再生できる DVD を作成するオーサリングソフトウェア Windows DVD メーカーの使い方を画像付きで説明します。


前回 の続きです。初めて利用するのであれば、がどういった物か分からないと思います。選択して、「プレイビュー」ボタンを押して確認してみましょう。



ちなみに、管理人の環境ではプレビューと同時に落ちました。おそらく、まだ対応していないビデオが存在すると思われます。



今度は、「EXILIM(エクシリム)」で撮影した H.264/AVC 準拠 のMOV ファイルを、Windows Live ムービー メーカーで WMV 形式に変換しました。 「gigashot A40F」で撮影したフル HD ビデオは、そのまま利用できました。



プレビューすると、メニューを使って実際の動作を確認できます。下のメニューが、DVD プレイヤーのリモコンと同じです。 ボタンをクリックして、再生してみたり、シーンを選択してみたり、の違いを確認しましょう。 この画面から抜けるには、「OK」ボタンをクリックします。



さて、この DVD のメニューを編集しましょう。関係するのは右のスクリーンショットの赤枠です。順番に何を変更できるかみてみましょう。



タイトルやメニューの文字のスタイルを変更できます。下のボタンは左から「下線」「太字」「斜め文字」です。 DVD のタイトルを変更できます。どの部分なのかは、実際に変更して、右のプレビューで確認できます。「再生」「シーン」「メモ」などの名称自体も変更できます。 「メモ」は、DVDメニューの「メモ」をクリックすると、ちょっとしたメッセージを表示できます。



「メニューのカスタマイズ」では、タイトルやメニューの文字のスタイルを変更できます。下のボタンは左から「下線」「太字」「斜め文字」です。 メニュースタイルの前面で再生されるビデオを選択します(参照(R)ボタン)。背景利用するビデオを選択できます(写真も可能)。 メニューを表示している時に流す音楽を指定できます。最後は、シーンボタンを押した時のスタイルを選択します(複数のビデオがあるとシーンの意味が分かります)。 いずれにせよ、反映は右のプレビュー画面で確認できます。



写真は読み込むと「スライド ショー」と名前の付いたフォルダーが自動で作成され、すべてのその中に保管されます。 例えば、写真ファイルを一枚追加した場合でも、任意で作成したフォルダーに複数の写真を保管して、それをドラッグ&ドロップしても、結局は「スライド ショー」フォルダーにまとめられてしまいます。



コンピューターに保管された音楽を追加して、スライド ショーで利用できます。写真一枚を表示する時間を設定。通常はそのままでも問題ありません。 「切り換え効果」は全部で7種類。選曲の長さにより判断は異なりますが、「音楽の長さに合わせてスライド ショーの長さを変更(S)」にチェックを入れるのも一つ手です。 初期状態では、写真をそのまま表示せず、パンとズーム効果が適用されていますが、単純に写真を表示してスライド ショーにしたければ、このチェックをクリックして外します。 設定が決まったら、「スライド ショーの変更(C)」ボタンをクリックします。



エンコードと書き込み

再び「プレビュー」をクリックして、完成するビデオを確認するのも良いでしょう。 DVD-R をドライブに挿入して、「書き込み(L)」をクリックします。



DVD プレイヤーで再生できるビデオ形式にエンコードされるため、パソコンの処理能力と時間がかかります。 タスク マネージャーで、CPU 使用率が変化していれば正常です。 タスク マネージャーで、CPU 使用率が 0% に限りなく近い状態が続いた場合、ビデオの中に DVD メーカーに対応していない形式のファイルが含まれています。 こうなると、「キャンセル」をクリックして、問題のビデオを特定して排除する、または、Windows Live ムービー メーカーなどで、対応する形式に変換する必要があります。




完成したDVD

DVD-R をコンピューターに挿入すると、市販の DVD と同じ形式のファイルが表示されます。 通常、自動再生で設定されたプレイヤーが起動して、DVD が再生されます。VIDEO_TS.IFO をクリックしても同じです。



今回試した環境は、メディアは DVD-R と DVD-RW 、再生機器は、ブルーレイレコーダー Panasonic DMR-BW850 、DVD レコーダー SHARP DV-HRW50 、DVD プレイヤー Qriom DCP-C91 。 いずれの組み合わせでも再生できました。もちろん、DVD が再生できるコンピューターでも同じです。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項