MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

77.電源ユニットがうるさいのでPC ケースを交換しました:CoolerMaster CM 690 II Plus


電源ユニットが静音性を著しく害している事が前回分かりましたが、直接電源ユニットが問題なわけではなく、PCケース内で発生した暖まった空気が、電源ユニットを通ってケース外に排出されるのが原因だと判断しました。このため、電源ユニットを交換するのではなく、PCケースを交換してみます。解決できなければ、電源ユニットも交換する事になりますが、今の環境で電源ユニットを交換しても、改善は見込めないと判断しています。これに関しては前回のページを参照して下さい。

76.騒音問題を改善するべくPC ケースを変更



購入したのは「CoolerMaster CM 690 II Plus」。電源ユニットを下段に設置するタイプで、電源ファンを下向きに設置するため、PCケース内の温度に左右される心配はありません。



PCケース内の熱は、一般的なリアと、上部のファンがケース外へと逃がします。電源ユニットのファンが、ケース上部から無くなりましたが、このファンが代わりとなります。



フロントに設置されたファンが、外からPCケースへ空気を取り込み、その空気でハードディスクドライブを冷やします。



フロントは前面メッシュ、フロントとボトムは一部メッシュで、空気を効率良く取り込み排出します。



標準付属のファンは3つですが、管理人はファンレスビデオカードを使用するので、側面にファンを1基増設します。



これで、先日考えた理想のエアフローになるはずです。



交換作業開始

現在使っているケースは「Cooler Master Centurion 534+ PLUS BL」。サイズは W 202 x H 435 x D480 mm。「CoolerMaster CM 690 II Plus」は W 214.5 mm × H 511.8 mm × D 528.8mm。同じミドルタワーケースですが、一回り大きくなります。なお、「CoolerMaster CM 690 II Plus」の詳細は以下のページに掲載しています。

CoolerMaster CM 690 II Plus (RC-692-KKN1):PC ケース



既存の環境から PC ケースを交換する作業は、パソコンを自作するよりも重労働です。 新しくパソコンを組むのであれば、ひたすら PC ケースにインストールしていけば良いのですが、環境を移行する場合は取り外し作業が増えるからです。 とりあえず、SATA ケーブルとドライブの接続場所だけはノートにメモします(どこにどのドライブの SATA ケーブルが接続されているか)。



光学式ドライブ、ハードディスクドライブ、ビデオカード、電源ユニットなどを外します。 次に、PC ケースに接続されたファンケーブルや LED ケーブル、電源スイッチ、リセットボタンに接続されたケーブルをマザーボードが外します。



今回は横着して、メモリ、CPU 、CPU クーラー&ファンはマザーボードにインストールしたまま移行します。 CPU クーラーは一度外すと、シリコングリスを塗り直す必要があります(熱でグリスがほどよく散乱して何とかなってしまうとも言えますが)。



マザーボードに付属された専用 I/O シールドを、新しい PC ケースに設置します。



六角スペーサーの取り付け位置は、マザーボードのサイズ別に、ネジを占める位置がアルファベットで分かりやすく掲載されています。これは便利です。



マザーボードを固定します。ここで、管理人はミスを犯しました。この時点で CPU より上にある EATX12V ケーブルを接続できません。これは、PC ケースが悪いのではなく、大型のCPUクーラー&ファンを搭載したまま、マザーボードを設置したためです。 さらに、電源ユニットを下段に設置する事で、EATX12V ケーブル が届くのか不明だった事も忘れていました。



電源ユニットの設置。ケーブル脱着式では無いため、混雑するものの、このケースは背面にケーブルを逃がせるため、ケース内のエアフローをケーブルが邪魔する事はありません。



PC ケースに付属するケーブル類(HDD LED 、POWER LED 、パワースイッチ、リセットスイッチ、USB × 2、eATA 、サウンド)をマザーボードに接続します。



各種ドライブを設置。



さて、電源ケーブルをマザーボードやドライブに接続する段階します。ここで、CPUの上にある EATX12V ケーブル の事を思い出しました。既に覗きこまないと確認できません。そして、こんなところに手が入りません。



マザーボードを外すべきか? そんな面倒な事はしません。上のカバーを外し、さらに標準付属の 120 mm ファンを一時的に取り外します。



なんとかケーブルは接続できました。ミドルタワーだからであろか?



ハードディスクドライブを増設。SATA電源ケーブル、SATAケーブルの処理は反対側から行います。



移行完了。



と、思いましたが、ビデオカードにファンレスを使っているため、サイドファン無しでは心配です。旧ケースの 120 mm ファンが 2 個余っているので、これを増設します。



さらに、標準では上部に 1 個しかファンがありませんが、ここにも余っている 120 mm ファンを増設。このファンはクーラーマスター製で、 2 個くらい増設しても騒音問題には発展しません。もちろん、2000rpmくらいで回転するなら別ですが、最高でも1000 rpm ほどでしょう。



ケース内側から上を撮影した状態。リアファン × 1、トップファン × 2、CPUファン × 1。4 つが 120 mm ファンです。ファンだらけで気持悪い眺めです。フロントに 140 mm ファン × 1、サイドに 120 mm ファンを増設したため、ケースファンは合計 5 つ。CPUファンと、ラトックのリムーバブルケースに設置されたファンも回転しますが、これは音が気なるものではありません。



前から見て右側面。ケーブルが混雑しています。結束バンドで上手くまとめる事もできますが、管理人は O 型なので、そういう作業は苦手です。このまま自然に・・・。ところで、BTOパソコンショップで注文したパソコンは、配線に関しては美しいの一言です。BTOパソコンを購入すれば、プロの仕事を見る事ができます。管理人はプロではないので、このまま強引にケースを閉めます。



LED が好きな人は良いのですが、管理人は無意味に光っているのは嫌いなタイプです。特に、深夜映画のシリーズ録画で、スリープから復帰した時、ブルー LED が光られても目が覚めるだけです。この PC ケースは、フロント 140 mm ファンがブルー LEDを搭載しています(初めてのLEDファンです)。最悪、普通のファンに買い替えようと思っていましたが、LED の電力供給とファンケーブルは別でした。それよりも、上部のスイッチで LED の点灯を制御できます。以前のケースはファンではなく、ケース内部に仕込まれていたため、切る方法が分かりませんでした。パワー LED、ハードディスクアクセス LED も非常に控え目で、このケースに満足しております。



さて、マザーボードの温度を下げられるかと言えば、本日は暑かったのでそうはいきませんでした。室内温度31度、湿度44%で、マザーボードの温度は45 〜 50 度に達します。しかし、これは当然かと思われ、クーラーを入れれば問題ありません。5つのファンを全てマザーボードで制御する事はできませんが、とりあえず4つのファンは制御しています。ファンの回転数は、トップのファン以外は 1000 以下で、トップのファンも含めて気なる騒音ではありません。 ちなみに、「POWER」と表示されていますが、管理人が使っている電源ユニットは、マザーボードでファン速度を制御したりモニターする事ができません、 ここには、フロントファンを接続しました。「CHASSIS1」はリアファン、「CHASSIS2」はサイドファン、「CHASSIS3」トップ1ファンとなります。トップに追加したもう一つのファンは、電源ケーブルを直付けして、やはり制御する事はできません。 おそらく、ファンの回転速度は 1000 rpm 〜 1200 rpm かと思われます(ファンの仕様により異なります)。 それよりも、電源ユニットにケース内の熱が左右されなくなったため、以前の様に爆音を発する事が無くなりました。これでも電源ユニットがうるさいのであれば、電源ユニットを交換するしかありませんが、それでもケース内の温められた空気が電源ユニットを通過するのを避けられるため、やはり下段に設置するタイプの PC ケースがおすすめです。



ビデオで騒音の違いを撮影しましたが、カメラのマイクに依存するので、なかなか現状を伝えるのは難しいと思います。音を数値で計測する装置も所有していません。ビデオの最初は、以前の PC ケースでも許容範囲の音で、寝てても問題ありません(ビデオではうるさく感じますが)。次のシーンは、ケース内の温度が上昇して、電源ユニットがうるさくなります。この状態では寝てられません。そして、最後が電源ユニットはそのままで、PC ケースを交換した状態です。





戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項