MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

74.パソコン周りのケーブルを結束する便利グッズ


前回 、長年放置してきてパソコン周りのケーブルを、掃除するのに都合が良い配置に変更しました。 具体的には、デスクの下の空いているスペースに埋め込んで、ケーブルが床に接するのを避けたわけですが、前回のやり方だとケーブルを変更するのに不便だと感じました。 今回は、結束バンドを使って変更しやすく改善したいと思います。



前回、余っているケーブルを輪にしたり、適当に束ねたりしていましたが、これを出来る限り机の空いているスペースを利用して、長くする事にしました。



購入したのは「結束バンド」で、105 円で販売されていました(ダイソー)。 「結束バンド」には長さがいくつかあり、長いものほど太いケーブルを束ねられます。 注意が必要なのは、通電により熱を発する電源関連の結束は危険です。 今回購入した結束バンドは、プラスチック製で、他にマジックテープ製もあります。 自作パソコンでは、PC ケース内のケーブルを結束して、エアフローに邪魔な障害物を排除するのにも役立ちます。

結束バンド



結束ケーブルは、凹凸のある方を内側にして(写真左)、先端(写真真ん中)を、もう片方の先端の穴に押し込みます(写真右)。



例えば、右の二本のケーブルを結束してみます。



凹凸のある方を内側にして、穴に通した状態が右。



さらに先端を引っ張ると、右の状態になります。凹凸の間隔で留られます。



余分な部分をニッパーでカットして終了です。



結束をほどく場合は、結束バンドをニッパーで切ります。この時、ケーブルを傷つけない様に注意が必要です。電源ケーブルは結束しないので感電の心配はありませんが、誤って電源ケーブル結束してほどく場合は、必ずコンセントからケーブルを抜いて切るのが無難です。



ほどくと言っても、結束バンドを切断するため、再利用はできません。 つまり、これを捨てる事になります。この行為がもったいか否かは、買値で判断すれば良いでしょう。 今回試したのは一番短い結束バンドで、160本入って105円です。これを勿体ないと思う事が勿体ないかも知れません。



ほどくと言っても、結束バンドを切断するため、再利用はできません。つまり、これを捨てる事になります。 この行為がもったいか否かは、買値で判断すれば良いでしょう。 今回試したのは一番短い結束バンドで、160 本入って 105 円です。これを勿体ないと思う事が勿体ないかも知れません。



適度な長さに結束した各ケーブルを、さらに結束して一つにまとめる事で、コンパクトに収納可能になりました。ケーブルを交換する場合は、一つにまとめた結束バンドを切断して、さらに交換するケーブルの結束バンドを切断します。



テーブルの下は、のぞき込まなければ目にする事はありませんが、常に見える所にもケーブルがあるため、コイルチューブを使いました。

コイルチューブ



コイルチューブは、一枚の長いプラスチックが丸まっているため、引っ張ると右の様になります。



これを結束したいケーブルに絡ませます。



通気性を考えて間を空けるも良いでしょう。コイルチューブの間隔を縮めれば、1本のケーブルのような見た目になります。



コイルチューブで見えているケーブルを整頓したのが右下。左下は元の状態。



変更後は、クイックルワイパーや掃除をそのまま滑り込ませて掃除できます。



パソコン本体は、滑車の付いた台の上に設置しています。



移動が楽で、パソコン本体をずらして掃除機もかけるのも容易になりました。また、床にケーブルが接していない事で、滑車がケーブルを踏みつける事もありません。



ケーブルを整頓して目から受ける精神的な苦痛もなくなりましたが、掃除しやすくなったのが一番の喜び。ケーブルが混雑して床に設置された状態では、ケーブルを持って少しずつ誇りを拭き取るしかありませんでした。休日にためしてみてはいかがでしょうか? もちろん、電化製品の電源はオフにしてから実行します。今回、WEBサーバーの電源は落とさずに実行しましたが、ルーターとモデムは一時的に電源を落とす必要がありました(配線がこんがらがっていたため)。このため、サイトにアクセスできない状況が二日間で20分ほど発生したと思います。


ケーブルをまとめる便利なグッズ




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項