MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

66.自作 PC を Windows 7 へ移行しました


64.いよいよ常用PCをWindows7へ」 の続きです。 Windows Vista Ultimate 32bit から Windows 7 Professional 64 bit 版に移行しました。 基本性能が全く同じ既存のパソコンでも、快適な環境になった気がする今日この頃。 これは、その気になることも大切です。株式会社アイ・オー・データ機器の地デジキャプチャーカード GV-MVP/HS で録画した番組は捨てるに事になりますが、同社の GV-MVP-RX3 + Windows Media Center で録画したアナログ放送は、Media Center の保管場所設定を C ドライブ以外に変更。 もともと、個人データの多くは C ドライブ以外にあるので、今回の Windows Vista Ultimate 32bit から Windows 7 Professional 64bit 版への移行は楽でした。 やはり、OS がインストールされているハードディスクドライブ以外にデータ用のハードディスクドライブが必須かと思われます。



まず、Windows 7 インストール DVD に含まれる Windows 転送ツールを使いますが、Windows Vista は 32 ビット版のため、DSP 版の Windows 7 64 ビット版に含まれる Windows 転送ツールが使えませんでした。 以前ダウンロードした Windows 7 Ultimate 32 ビット RC のインストール DVD を使って回避できました。 Windows XP の時代から Windows 転送ツールは便利なツールですが、Windows Vista(一度も復元した事はありませんが)、Windows 7 とバージョンを上げるごとに改良され、何をバックアップすればいいのか不明なユーザーにとって、非常に心強いツールとなります。 Windows 転送ツールをインストール DVD から起動するには、「support」フォルダーのサブフォルダー「migwiz」の「migstore.exe」をダブルクリックします。 念のため、Windows Vista から Windows 7 へ移行する場合、Windows 転送ツールは Windows 7 に付属するものを使います。

1.Windows 7:Windows転送ツール(migwiz:Windows Easy Transfer)



インストール DVD から起動して、古い OS がインストールされたパーティションを削除、さらに新規作成してそこへ Windows 7 をインストールします。 インストール後、セキュリティソフトや Windows Update、デバイスドライバー、Windows Vista でインストールされていたソフトウェア Microsoft Office System(マイクロソフトオフィスシステム) や Windows Live などをひたすらインストールします。 そして、他のドライブに保管した Windows 転送ツールのデータを、今度は Windows 7 のスタートメニューから「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「Windows 転送ツール」をクリックして元に戻します。 こうして Windows 7 へ移行したスクリーンショットが右上。 もともと、縦の表示を最大に使いたいと考える管理人は、タスクバーを自動的に隠す設定をしているので(そういった設定情報も Windows 転送ツールで移行できます)、Windows Vista でも Windows 7 でも見た目は変わりません。 タスクバーを省けば、ガジェットを格納するサイドバーが無くなった事くらいでしょうか? ちなみに、ガジェットは Windows 転送ツールで保持されませんでした。 個別にフォルダーを選択して、ミスをしたかも知れません。



Windows Aero スナップに一部の機能は、フリーソフトで Windows Vista でも利用していましたが、個人的には必要性を感じず、削除していました。 しかし、横幅をそのままに縦幅を最大する機能だけは重宝しています。ウインドウの上か下をいずれかの方向にドラッグアンドドロップすると、透明なガラスみたいなものが表示されます。



マウスの左ボタンを放すと、縦いっぱいに拡大されます。タスクバーを自動で隠す設定にしているゆえに、この機能は満足でしています。



Windows Media Center で地デジ

Windows Media Center は Windows 7 Starter 以外のエディションに標準で付属するアプリケーションなので、これを使わないのは勿体ない。 そしては、初めて Windows Media Center で地デジを視聴、録画する事を体験しました。 規制に反する事無く地デジを楽しむのであれば、ものすごく優れていると思われるアプリケーションです。 対応する地デジチューナー&キャプチャーカードかユニットが必須となりますが、Windows Media Center が標準でデジタル放送に対応しているため、デバイスを後付けしても対応できます。 アナログ放送と同じく、Windows Aero を維持しつつ、視聴、録画、タイムシフトに加え、地デジならではのデータ通信が可能。 録画した番組のサムネイル表示など、操作性は Windows Vista までとほぼ同じで、デスクトップガジェットやシークバーの移動でサムネイル表示など、今まで使った地デジ関連のメーカー製アプリケーションを凌駕しています。

65.満足できる地デジ対応Windows Media CenterとGV-MC7/HZ3



洋画を視聴する際、音声を英語、日本語字幕を表示するのが好みですが、当初はこの作業を行うためにリモコンが必須かと思われましたが、右クリックして簡単に変更できる事を知り、リモコンはいらないかもと思いました。 Windows 7 や Office の参考書は多数販売されていますが、Windows Media Center や Windows Live サービスに関しては、Windows 7 の参考書におまけで少し解説されているくらいです。 Windows 7 と Windows Media Center に対応したTVキャプチャーデバイスならば、もちろんアナログ放送も視聴できます。しかし、併用する事はできません。



管理人は 64 ビット版に移行したため、アナログTVキャプチャーカードが非対応、さらに、Windows Vista で利用していたデジタルTVキャプチャーカードは利用するに耐え難いものがあるので、これを撤去しました。 アップグレード版ではないので、Windows Vista をマルチブートした際、再び設置する予定です。 特に、アナログTVキャプチャーカードは、外部入力端子を備えているので、それを使う時になったらCドライブのパーティションを圧縮して分割、Windows Vista をインストールしてみたいと思います( Windows XP の場合は Windows 7 の前にインストールする必要があります)。 アプリケーションも動かないものもありますが、ハードウェアと共にいろいろ捨てる事で、スリープや休止状態の動作も快適になりました。 テレビ録画するパソコンは、ファンまで停止するスリープが重宝します。

パーティションの拡張と圧縮 Windows Vista / Windows 7



MsMpEng.exe

Windows 7 では、テーマの管理が容易になり、複数の壁紙を選択してスライドショーを指定できます。 失ったものは、Windows Vista Ultimate で可能であった DreamScene(ドリームシーン)くらいでしょうか。 飽きやすい管理人には、背景を複数指定でき、切り替わる時間や表示順をシャッフルできるこの機能が重宝しますが、いつしかこの画面を表示、または、デスクトップの背景をクリックすると固まる状況に悩まされました。 待たされるものの、フリーズはしません。 タスク マネージャーで実行した時に CPU を圧迫するプログラムを調べたところ、どうやら「MsMpEng.exe」が怪しく、これは Microsoft Security Essentials を意味します。これを削除して、懐かしい AVG Anti-Virus Free Edition 9.0 をインストールして改善されました( 64 ビット版でも動作します )。 ただし、他のアカウントでログオンした時に、問題が発生しなかったので、おそらく何かしらの設定か、そもそも壊れているのかも知れません。

軽い・堅い・簡単ウイルス対策、セキュリティソフト AVG - 無料アンチウイルスソフト AVG Anti-Virus Free Edition 9.0



しかし、今度は検索サイトの一覧を全てチェックする余計な機能が有効になりました。これはリンクスキャナと呼ばれる機能で無効化に。 余計な事までしてくれるのを嫌う性格です。以上で、2007 年の 11 月に購入した Windows Vista パソコンを、Windows 7 に移行する事ができました。 自作 PC なので、もともと余計な機能は存在せず、新しい OS と 64 ビット版に対応していれば、ほぼそのままの使い勝手を維持できます。 これが、メーカー製パソコンだと独自機能が多くて、対応非対応が問題になり躊躇します。同一パソコンでも、Windows Vista から Windows 7 に移行する事で、動作が快適になるかも知れません。 ただ、今回は 32 ビット版から 64 ビット版に移行した事も影響しているのかも知れません。一つ一つの恩恵は少ないものの、毎日利用するとトータル的に快適と感じます。



Windows7

32 ビットから 64 ビットに移行する要因は、32 ビット環境でどれだけ不満があり、どれだけメモリを使用しているかによります。 例えば、主メモリが 4 GB では、さして恩恵は無いと思われますが、デバイスやアプリケーションをいくつインストールしているかにより、32 ビット OS の限界である 4 GB - 1 GB = 3 GB のきわどいラインにありました(起動した時点で 1.5 GB 〜 2 GB を消費していると、32 ビットでは厳しいと感じました)。 この 1 GB のきわどいラインにストレスを感じる状態にあるならば、主メモリ 4 GB でも 64 ビット版に移行するのが無難です。 64 ビット版アプリケーションでなく、32 ビット版アプリケーションを使うとか( WOW64 )、そういう事は関係無く、これはクワッドコアも同じです。 性能を使い切る事ができるとか、できないとかではなく、余裕があった方が全体的に快適になるのは当たり前です。 しかし、対応していないアプリケーションやデバイスも存在するので、ある程度の覚悟は必要かと思われます。 つまり、デバイスやアプリケーションを捨てる勇気も必要です。 もちろん、何も調べずに、検討せずに購入して対応していないと分かるのは、経験から学ぶのではなく、単純に愚かな行為です。 メーカーサイトの仕様書と、人柱となったユーザーのコメントに目を配るのが大切かと思われます。 ちなみに、上手く動かなかったコメントは、どの環境でもそうなるとは限りません。 そのユーザーの環境やスキルで動かなかったというコメントを過大評価するのではなく、一つの例としてとらえる様に心がけましょう。 叱咤激励を使えない製品と誤信するのは避けましょう。 自分が購入して動かなかった時の怒りを考えれば、上手くいかなかったユーザーの発信するコメントが、熱い理由を想像できるはずです。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項