MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

64.いよいよ常用PCをWindows7へ


パソコンを新規購入して新しい OS を迎えるのが一番簡単なのですが、今年は SONY VAIO を購入して Windows7 Home Premium 64 ビット版を完全遊びパソコンとして得る事ができました。 常用しているパソコンは Windows Vista Ultimate 32 ビット版で、ホームページ制作と Windows 7 のテストが忙しく、注文はしたものの未だに環境を移行できない状況が続きました。 64 ビット版(試用版)と 32 ビット版( RC )を利用した結果、64 ビット版に移行することを決めました。 これは、メモリが勿体ないとか、64 ビット版の優れている部分に魅了されたのではなく、Windows Vista 32 ビット版から Windows 7 32 ビット版の移行は、多分簡単だと予想したからです。 ならば、いずれは移行する事になる 64 ビット版を常用して、苦労しておくのも良いかと。 たぶん、Windows Vista を飛ばして Windows XP 32 ビット版から移行するのであれば、無難な 32 ビット版 Windows 7 を選択したと思われます。 Windows Vista を使っていれば、Windows 7 は大体分かると思いますが、それでも Windows 95 で搭載され約 15 年間も親しまれたタスクバーに大きな変更がありました。 Windows XP からの移行だと、そういう日常的な作業の違いだけで精一杯かなとも考えます。



Windows7 Enterprise 64 ビット版でテストした結果、既存の環境で問題が発生するのは、アナログTVキャプチャー|GV-MVP-RX3 でした。 アプリケーションはセキュリティソフトやテレビ録画など、システムに深く関わるものは動きません。 あとは、だいたい WOW64 のおかげで 32 ビット版でも動作します。 これは、自分が使っているソフトによっても異なるので確認が必要です( Google IME は動かない)。 ドライバーは、確実に64ビット版を用意しないと動きません。 どちらの制約にも引っかかるのが GV-MVP-RX3 で、アナログ放送は必要ないので問題はありませんが、外部機器から映像を取り込めなくなります。 そこで、既存の Windows Vista 32 ビット版と、Windows 7 64 ビット版をマルチブートする事にしました。ただし、違う意味でも、GV-MVP-RX3 は問題になるかも知れません。



2008 年に解禁された自作パソコンユーザーの地デジ環境。 これが耐え難い操作性で、打開案として Windows 7 への移行するのも目的の一つです。 おそらく、現行のキャプチャーカードを捨てる事になりますが(マルチブートで Windows Vista にインストールする事も可能ですが、すでに使う気がありません。それほど酷いものなのです。)、Windows 7(ここ重要)の Windows Media Center に対応したTVキャプチャーカードを調達。 SONY VAIO VPCL119FJ/S で Windows Aero の切り替えが無い地デジ視聴環境も経験しましたが、デュアルコアのためか、これでも満足できるものではありませんでした。 そして、メーカー独自のアプリケーションを利用するため、Windows 7 の Windows Media Center 機能は無駄になります。 さらに、Blu-Ray 、AVCREC 、VR モードで記録した DVD の視聴環境に関しては、いまだに打破する事は出来ない模様。 正規のやり方で再生するのは余りにも使い勝手が悪く、2008 年当時の地デジ環境と変化していないと思われます。 しかし、Corel WinDVD Pro 2010 の登場で、これが解決されるのかも知れません。 いずれにしても、常用パソコンでテレビや映画の視聴環境は重要度が低いので、今回はパスする事になりました。

Corel WinDVD Pro 2010

メーカー公式サイト



Windows Media Center は個人的に因縁があり、管理人は WindowsXP Media Center Edition 2005 で初対面となりましたが、当時常用していたパソコンの性能が、これを上手く使えませんでした。 Windows Vista でパソコンを買い替えて、Windows Media Center がまともに使える様になったのも束の間、今度はアナログ放送からデジタル放送への移行です。 これに既存の Windows Vista ユーザーは見放され、結局 Windows 7 まで待たされる事になりました。 これで快適に使えなかったら、正直地デジ関連は初心者ユーザーにすすめる理由が皆無となります。 既存の環境を移行したらレポートしたいと思います。 あれだけ酷い目にあって、再び株式会社アイ・オー・データ機器の製品を選択する管理人も微妙ではありますが、GV-MVP-RX3 はアナログ放送キャプチャーカードで Windows XP 、Windows Vista の Windows Media Center に対応しており、これに関しては不便を感じませんでした。 問題は、地デジに移行した事にあります。今回は TV に関して軸となるアプリケーションをメーカー独自ソフトではなく、Windows 7 の Windows Media Center で利用する同社の GV-MC7HZ3 を購入してみました(幸い、グラフィックス、マザーボードのチップセットが AMD では無いため)。

I-O DATA Windows Media Center専用 地上デジタル対応TVキャプチャBOX USBバスパワーモデル GV-MC7/HZ3

メーカー詳細



正直、マイクロソフトの都合で周辺機器を買い替えるのは納得できず、その機能が必要だから買い替えたり、アップグレードしたりするのが望ましいところ。 今回新たなハードウェアは地デジチューナー&キャプチャー外付けユニットのみとなります。 その代わり、書籍に投資しました。今から思えば、Windows XP から Windows Vista に乗り換える時に最も書籍に投資するべきでした。Windows XP から Windows 7 に移行する場合は、それを目的にした書籍が発売されだしました。 とりあえず、下調べは必須かと思われ、購入してから痛い思いをするのを避けられます。また、それとは別に Windows Vista から Windows 7 へ移行するのとは異なり、Windows XP は 8 年前の OS なので、いろいろ操作方法に戸惑うこともあると思われます。 ここは初心者に戻ってやさしく解説された書籍に目を通すのも良いでしょう。 個人的には、Windows XP を一台使っていますが、Windows 7 への移行には一切関わらないつもりです(ハードウェア的に無理です)。 逆に、Windows7 Professional 64 ビット版を選択した事で、Windows XP モードが利用可能になり、常用パソコンでは久しぶりのご対面となります。 ホームページ制作環境には結構重宝します。



しかし、本を読んでも管理人はミスを犯しました。Windows Vista 32 ビット版から Windows 7 64 ビット版に移行しますが、予算を削減して DSP 版を購入しました。 これにより、Windows 転送ツールが 64 ビット版となり、32 ビット版の Windows Vista で使えません。 ファイル転送ツールでバックアップを作成しても個別のデータを抽出できないため、結局は大事なデータは個別にバックアップ、エクスポートをするので、いらないのかも知れません。 もしかして、32 ビット RC 版の転送ツールが使えるだろうか?それもテストしてみます。 新しい環境に移行するなら、新規インストールして不必要なものが存在しない状態にしたいところ。 ファイル転送ツールは、既存の環境を移行するのに便利ですが、ゴミも一緒に転送されるのでどうかとも思います(もちろん、バックアップするデータを判別するスキルがあれば問題ありません)。 とりあえず、現行の環境でアナログ放送を撮り貯めた、見返すかどうか不明なファイルは、C ドライブ以外に移動して、C ドライブをスマートな状態にしています(デフォルト指定を変更可能)。



Windows7

64ビット版と32ビット版の両方の DVD が付属する通常版かアップグレード版を購入するのが一番ですが、通常版は高価なので却下。 アップグレード版は、アップグレードする前の OS が通常版であれば、ライセンス的には自由を確保できますが、OEM 版からアップグレード版適用した場合、ライセンスは OEM 版の呪縛を解くことができません。 また、32 ビット版から 64 ビット版に移行する場合は、例え Windows Vista の同一エディションであっても、アップグレード作業をする事ができません(ライセンスのアップグレードはもちろん可能)。 今回、アップグレード版を購入した方から「ライセンス条項」を読ませていただき、誠に感謝いたします。それぞれのバージョンで書いてある事が微妙に異なっています。



それでは、必要な物は全て揃っているので、既存の環境をバックアップして Windows 7 に移行してみます。 作業が終了したら再び日記を書き始めます(戻って来られない場合は失敗したと思って下さい)。 あと、マルチブートで初代 Windows Vista の SP 適用作業もあるので、時間がかかると思います。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項