MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

55.LifeCamのアプリケーションがバージョンアップ


米国で新しいマイクロソフトの WEB カメラ「LifeCam」が登場した模様。発売された製品は「LifeCam VX-5500」と「LifeCam Show」の 2 製品で、「LifeCam Show」は今までと異なるスタイルカメラとなっていますが、いずれも米国での話。

LifeCam Products

Microsoft’s Latest LifeCams Bring Life to Video Calls With Versatile New Designs



それよりも、これと関係するか不明ですが、LifeCam のアプリケーションもアップグレードされています。 日本語に対応しているので、既に所有する LifeCam ユーザーもメーカーサイトからダウンロードしてインストールする事ができます。 ただし、所有するカメラの性能により、どこまで新しいアプリケーションが対応しているかは不明です。 管理人はノートブック用の VX-6000( LifeCam シリーズ第一弾 )を持っていますが、今回アップグレードに挑戦してみました。



マイクロソフトハードウェアのページにアクセスして、メニューのテキストリンク「ダウンロード」を左クリックして、所有するハードウェアの型番、使用する OS 情報を選択すると、「LifeCam1.4」と「LifeCam2.04」の異なるアプリケーションの提供を確認できます。 「LifeCam2.04」の方が、推奨環境が高く設定されており、今回はこれをインストールしてみました。



1.デスクトップにダウンロードした「LifeCam2.04.exe」をダブルクリックします。 なお、Windows インストール初期状態では拡張子「.exe」は表示されませんが、今回のインストールに支障はありません。 今回インストールする環境は、Windows Vista Ultimate SP1 32 ビット版で、既にインストールされている「LifeCam」アプリケーションはアンインストールせずに実行しました。



2.セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」ボタンを左クリックします。



3.セットアップウィザードが開始されます。「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



4.ライセンス契約書を読み、納得したならば「同意する(A)」の左にチェックを入れ(左クリック)、さらに「次へ(N)」ボタンを左クリックします。 なお、同意しない場合は利用する事ができません。



5.インストール中です。しばらくお待ち下さい。なお、偶然と思われますが、管理人は OS の Windows アップデートが作動したため、インストールに少し時間がかかりました。 その時の挙動は、インストールの進捗を示す緑のバーが右端に到達しても、再び左に戻り何回か繰り返す症状です。 しかし、Windows アップデートが終了すると、すみやかにアプリケーションのインストールは完了しました。



6. 「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



7.「完了(F)」ボタンを左クリックすれば、インストール終了です。



LifeCamを使ってみる

デスクトップに「Microsoft LifeCam」のショートカットアイコンが作成されるので、これをダブルクリックして起動します。 このアイコンを削除しても、タスクバーのクイック起動や、スタートボタン→「すべてのプログラム」から起動する事ができます。 また、ダウンロードした「LifeCam2.04.exe」ももう必要ありません。 再インストールに備えるのであれば、保管しても構いませんが、いつアップデートされるか分からないので、インストールする時にメーカーサイトにアクセスして最新版をダウンロードする事をおすすめします。



新しいアプリケーションを起動したのが右。今までは録音、録画、写真撮影のボタンが上部にありましたが、「LifeCam2.04」からは下段にまとめられています。 外観は、Windows Media Player 11 を似ていますね。右上の「星」マークのアイコンを左クリックすると、ダッシュボードが左に開きます。



新しいアプリケーションを起動したのが右。今までは録音、録画、写真撮影のボタンが上部にありましたが、「LifeCam2.04」からは下段にまとめられています。 外観は、Windows Media Player 11 を似ていますね。右上の「星」マークのアイコンを左クリックすると、ダッシュボードが左に開きます。



こちらは、WEBカメラに関する設定をするダッシュボードです。



ロジクール社製のWEBカメラでは当たり前の特殊効果ですが、管理人は「LifeCam2.04」にアップグレードした事で初めて利用する事ができました。 顔が認識されるので、顔を動かしても特殊効果が適切に移動します。



従来の「うさぎ」や「バスケットボール」などを画面に表示する効果も残っていますが、顔以外の周りにモザイクを掛けたり、顔の目だけを大きく表示したり、顔をスマートに見せたりする事ができます。 でも、やはりマスクやかつら系が面白い(すぐに飽きるのですが・・)。



試してはいませんが、おそらく Windows Live Messenger でのビデオ通話で利用可能と思われます。 しかし、それよりも新しい使い方を Windows Live は提供してきました。次の日記に続きます。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項