MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

38.Windows Vista でボリュームをコントロールする方法

 ASUS P5B Premium Vista Edition はオンボードサウンドなので、付属するドライバをインストールするのが本来の流れ。しかし、Windows Vista をインストールすると自動で High Definition Audio デバイスがインストールされ、スピーカーを接続すれば、音は出力されます。


まず、ボリュームをコントロールするには、タスクバーの右に表示されたスピーカーアイコンを左クリックします。このアイコンが表示されていれば、現在「ミュート(音量を変更する事無く、音が出ないようにする)」に設定されていても、目で把握する事ができます。 このアイコンを表示させるには、タスクバーの何も無いところに(タスクが無い部分)にポインタを移動して、右クリックします。表示されたメニューから、「プロパティ」を左クリックします。



「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」が表示されたら、「通知領域」のタブを左クリックして、システムアイコンの「ボリューム」にチェックを入れ、「OK」を左クリックすると常に表示される様になります。その逆にチェックを外せば、常に表示されなくなります。このプロパティは、「スタートボタン」→「コントロールパネル」を表示して、左メニューの「クラシック表示」を左クリック、「タスクバーとスタートメニュー」をダブルクリックしても表示可能です。もちろん、右下の通知領域にスピーカーアイコンが表示されている事で、音が出る出ない事とは関係ありません。このアイコンは、ボリュームを設定可能なミキサーを表示、本来は「コントロールパネル」の「サウンド」をダブルクリックして表示される設定パネルに簡単にアクセスできる様になります。





キーボードにボリュームコントロールが設置されているならば、ボリューム調節にそれを利用した方が便利ですね。ボリュームコントロールは、特殊なキーボードだけではなく、安価なマルチメディアキーボードにも搭載されています。管理人の利用するキーボードには、ボリュームアップとダウンとミュートのボタンが搭載されています。「ミュート」は、先にも書きましたが、音の出力を無効、有効にする事ができます。ミュートを利用すれば、音を遮断する場合、音量を下げる必要がありません。設定した音量を維持したまま、「ミュート」ボタンを押す事で、音の出力を停止して、再びミュートボタンを押す事で、設定された音量で音を出力します。



さて、まずは自動でインストールされた「High Definition Audio デバイス」です。コントロールパネルの「サウンド」をダブルクリックします。



右はパソコン背面にスピーカーを接続して、パソコン前面にヘッドホンを挿した状態です。 一般的には、スピーカーからの出力が停止して、ヘッドホンからのみ音が出力されるはずです。 ところが、「サウンド」の「再生」タブを参照すると、スピーカーの隣にあるイコライザーで音を出力している事を把握できます。 ヘッドホンのイコライザーは無音の状態です。右クリックで既定のオーディオデバイスを選択しても、この現象は変わりませんでした。



しかし、どちらも正しく認識されている様子です。右下のスピーカーアイコンを左クリックして、さらに「ミキサー」を左クリックした状態が右。



このパネルでは、ボリュームを変更できますが、ミキサーと呼ばれるだけあって、各アプリケーションにより音量を調節できます。例えば、スピーカーから出力されるボリュームがとは別に、Windows Media Player で音楽を聴きながら作業をしているときに、Windows のエラー音と同じ音量に設定されていた場合、作業の途中でビックリする経験は無いでしょうか? もちろん、ヘッドホンを利用している場合ですが、Windows Media Player と Windows のエラー音が同じ音量では、そうしたトラブルに遭遇します。そこで、Windows Media Player の音量を上げ、Windows のサウンドの音量を下げる事で、二つの音を都合良く調節する事ができます。ところで、現在はスピーカーとヘッドホンを挿している状態ですが、スピーカーでは確かに Windows Media Player と、Windows のサウンドが認識されている事が分かります。では、ヘッドホンではどうでしょうか?表示を切り替えるには、「デバイス」を左クリックして、「ヘッドホン(もちろん、接続されている場合)」を左クリックします。

ここで、残念な事にスクリーンショットを取り忘れてしまいました。しかし、説明は簡単で、スピーカーの部分がヘッドホンに切り替わり、Windows Media Player と、Windows のサウンドが表示されなくなります。つまり、ヘッドホンではこれらのサウンドを出力できない状態となります(不思議な事に、テストのサウンドは聴く事ができます)。



結局、以下で出力先を切り替えても、再生中にこれをするとエラーが発生して、これを回避する方法が見つかりませんでした。 補足ですが、一覧から「削除」または、「無効」にした場合、右クリックして「無効なデバイスの表示」「切断されているデバイスの表示」を左クリックしてチェックを入れる事で、再び一覧に表示されます。そこで、無効なデバイスを右クリックして有効に変更できます。 次は、ASUS P5B Premium Vista Edition に対応する SoundMAX のドライバーをインストールしてみます。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項