MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

15.Windows Vista Ultimate をインストールする

 ASUS P5B Premium Vista Edition と Intel Core 2 Quad Q6600 の組み合わせで、Windows Vista Ultimate をインストールしてみました。やり方は、一年前に試した RC と変わりません。


前回 は、 BIOS SETUP UTILITY でパソコンの基本的な設定と、Windows Vista(ウインドウズビスタ)をインストールするためのブートデイバスを設定しました。 今回はシステムとなる OS Windows Vista をインストールします。

インストールする Windows Vista の種類は、今回は DSP(Delivery Service Partner) を利用します。 通常版と比べる価格が安いのですが、マイクロソフトの無料サポートを受けられない、パーツと同時に購入する必要がある、同時に購入したパーツと利用する、など制限がありますが、電話サポートは必要無い、将来的に他のパソコンに移動しない場合は問題ありません。 フロッピーディスクドライブ、 ハードディスクドライブ 、光学式ドライブ、CPU 、メモリなど、同時に購入したパーツが故障した場合、Windows のライセンスも消滅します。



選択したエディションは、Ultimate(アルティメイト)。 全ての Windows Vista のエディションに搭載された機能と、Ultimate だけに搭載された機能を持つ最上級エディションとなります。 つまり、ホビー、ビジネスを関係無く何でもできる Windows Vista です。

Microsoft Windows Vista Ultimate - メーカーサイト



インストール作業には、ケースの裏に貼られたシールに掲載された Product Key(プロダクトキー)5 × 5 英数字が必要となります。 それでは、パソコンを起動して光学式ドライブに Windows Vista DVD-ROM を挿入して、再起動しましょう。 ブートデバイスの指定で、光学式ドライブがファーストデバイス(起動デバイス1)に設定されている必要があります。

14.ASUS P5B Premium Vista Edition BIOS初期設定



インストール方法

1.今回インストールするパソコンの構成。

・マザーボード
ASUS P5B Premium Vista Edition P965+ICH8R
・CPU
Intel Core 2 Quad Q6600 2.4GHz FSB 1066MHz L2 4×2
・メモリ
CORSAIR TWIN2X2048-6400 1GB×2 デュアルチャンネル
・ハードディスクドライブ
Seagate ST3500630AS 500GB SATA接続 AHCI
・グラフィックカード
ASUS EN8600GT SILENT HTDP 256MB
・光学式ドライブ
IO DATA DVR-SH62LEB SATA接続

パソコンの電源を投入すると、 マザーボード メーカーのロゴが表示されます。 「Press any key to boot from CD or DVD....」と表示された、キーボードの「Enter」キーを押します。 押しそびれると、ハードディスクドライブにシステムを探しに行き、システムが見つからないのでエラーが表示されます。 もう一度再起動して挑戦しましょう。



2.インストールの準備をしています。しばらくお待ち下さい。 ここから先は、1年前に試した Windows Vista RC と同じでした。 重複する内容となるため、その時の日記を参照して下さい↓

Windows Vista インストール方法 - MB-Support パソコン初心者のサポートページ



3.管理人の環境では、グラフィックスカードのドライバーが認識されず、Windows Aero が有効にならない、解像度が低い状態でデスクトップ画面が起動したので、おそろしく動作が速かったです。



実は簡単では無かった Vista のインストール

BIOS をアップグレードしたので油断していましたが、実は1回でインストール作業を終える事ができませんでした。 「JumperFree Configuration」の「AI Tuning」を「有効」にして、「DRAM Frequency」を「DDR2-800MHz」、もしくは、「自動」を選択したのですが、どうもメモリが正しく動作できないみたいです。

「JumperFree Configuration」を「Manual」にすると、詳細設定が可能ですが、Intel Core 2 Quad Q6600 なので「CPU Frequency」を「266」、「DRAM Frequency」を「DDR2-800MHz」に設定しても結果は同じでした。 「Memory Voltage」を「1.80V」に指定すれば、可能なのかも知れませんが、今のところ確認していません。 この設定よりも、 14.ASUS P5B Premium Vista Edition BIOS初期設定 で紹介した標準と自動の組み合わせの方が上手く認識します。

一方、オーバークロックで「CPU Frequency」を「300(クロック数 2.7GHz FSB1200MHz)」「333(クロック数 3GHz FSB1333MHz)」にした場合、以下すべて「自動」に設定すれば動作は可能でした。 ただし、Windows をインストールする前にオーバークロックするのも考えものです。また、オーバークロックはCPU、メモリ、マザーボードの故障の原因になります。



とりあえず、グラフィックスドライバの前に、チップセットドライバをインストールしましょう。 マザーボードに付属するドライバーを使っても良いのですが、メーカーサイトでは最新版が公開されています。 それをダウロードするには、インターネットに接続する必要があり、セキュリティソフトや Windows Update を実行していないこの環境では危険です。 他のパソコンでチップセットドライバをダウンロードしましょう。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項