MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

10.PC ケースに電源ユニットをインストールする

 パソコンケース Cooler Master Centurion 534+ PLUS BL に、電源ユニット「CoolerMaster iGreen Power EMI 500W (RS-500-ASAA-EMI)」を設置します。PC ケースにインストールする順番は決まっていませんが、電源ケーブルが外せないタイプの電源ユニットの場合、マザーボードを設置する時にケーブルが邪魔になります。


前回 は、PCケース「Cooler Master Centurion 534+ PLUS BL」に マザーボード 「ASUS P5B Premium Vista Edition」をインストールしました。 今回は電源ユニット「CoolerMaster iGreen Power EMI 500W (RS-500-ASAA-EMI)」をインストールします。



Cooler Master Centurion 534+ PLUS BL は電源ユニットを上部に設置するスペースがあります。 PC ケースによっては下部に設置するものや、2 つ搭載できるものもあります。 右の写真ではケースを通常状態に置いてますが、作業をする時はマザーボードをインストールした時と同じく、寝かせた状態で構いません。

電源搭載の PC ケースも販売されているので、マザーボードと電源ユニットはどちらを先にインストールするか決まっているわけではありません。 今回使用する電源ユニットは、ケーブルが脱着式では無いので、マザーボードを先にインストールしました。 電源ユニットを先にインストールする場合は、電源ケーブルを5インチベイに追いやる事で邪魔にならないと思います。



電源ユニットを右の様に置きます。ケーブルがマザーボードに絡まない様に気をつけましょう。



PC ケースのトレイには、電源ユニットを支える棚があります。この上にのせる感じです。



PC ケースの外から電源ユニットに付属する 4 本のネジをプラスドライバーで固定します。 右の写真では1本のネジ穴が見えませんが、留める箇所は4つあります。



電源ユニットをインストールできました。次はドライブをインストールします。 マザーボードに接続する電源ケーブルに関しては、 5.マザーボードに電源ケーブルを接続する で掲載しています。 しかし、ドライブをインストールして最後に実行すれば良いでしょう。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項