MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

4.マザーボードにグラフィックスカードをインストールする

 マザーボードにグラフィックスカードを取り付けます。作業は PC ケースにマザーボードを設置してから実行しますが、分りやすく説明するために PC ケースに設置する前にグラフィックスカードを取り付けています。


前回 は、 マザーボード にメモリをインストールしました。 管理人が今回利用するマザーボードは、ASUS P5B Premium Vista Edition です。 このマザーボードに搭載されたチップセットは Intel P965 なので、グラフィックス機能が搭載されていません(G965は搭載されている)。 画面に出力するためには、グラフィックスカードを別途購入してインストールする必要があります。 このマザーボードはグラフィックスカードをインストールする PCI-Express×16 を 2 本搭載していますが(右上写真の青と黒のスロット)、PCI-Express2.0 には対応していません。 また、2 枚のグラフィックカードで描画能力を向上させるのは、ATI 製のチップセットを搭載したグラフィックカードを利用します( CrossFire )。



ASUS EN8600GT SILENT HTDP 256MB

マザーボードに搭載された機能、CrossFire を利用しないのであれば、Nvidia 製のチップセットを搭載したグラフィックスカードを選択しても問題ありません。 今回インストールするのは、Nvidia GeForce 8600GT を搭載したマザーボードと同じ ASUS 製の EN8600GT SILENT HTDP 256 MB です。

メーカー詳細



箱の中身。ASUS EN8600GT SILENT HTDP 256 MB は、DVI-I 端子 × 2、HDTV 対応の汎用端子(S-VIDEO兼用)× 1 を装備し、Dsub 15 ピン変換アダプタが 1 つ付属します。 もし、デュアルディスプレイを構築する場合、二つのディスプレイが Dsub 15 ピンしかサポートしない場合は、別売りの変換アダプタ、もしくは、変換ケーブルを購入する必要があります。

マニュアルはマザーボードと異なり、薄ペらな汎用マニュアルで、日本語のページはわずか1ページ。 マザーボードと同じメーカーとは思えない・・・



付属する CD-ROM は 2 枚。1 枚はドライバとアプリケーション。そしてもう 1 枚が PDF 形式のマニュアルとなります。 こちらにインストール方法と付属するアプリケーションの日本語版マニュアルがあります。



グラフィックスカード本体。メーカーページの製品画像と異なりますが、ヒートシンクに付いているロゴが排除されています。 これは、購入する前から変更された事を知っていました。変更により冷却性能に変化は無いとの事。



GPU に設置された大型ヒートシンク。 このヒートシンクのおかげで、グラフィックス専用ファンを排除でき静音となりますが、幅は 2 スロット分を占領します。 熱をヒートシンクでケース内に分散しますが、ファンが搭載されていないため PC ケースの空気の流れに気を使う必要があると思われます。



グラフィックスカードの出力端子部。 ヒートシンクの部分に穴が開いているので、思ったよりエアフローに気を使う事もない可能性もあります。 また、ファンを搭載しないので、ファンケーブルを接続する必要がありません。別途電源ケーブルを接続して電力を共有する必要もありません。



グラフィックスカードは、デュアルビデオカード技術の NVIDIA SLI に対応していますが、マザーボードが対応していません。



インストール方法

1.ASUS P5B Premium Vista Edition にグラフィックスカードを1枚で利用する場合は、PCI-Express×16(青 ×16 モード)を使います。



2.ケース内で作業する場合、電源ユニットに接続された電源ケーブルを抜きます。 電力がマザーボードに供給された状態でハードウェアの増設をすると、機器を破損する可能性があります。 PCI-Express×16(青 ×16 モード)スロットにグラフィックスカードを上から均等に力をかけて挿し込みます。



3.正式名称は分かりませんが、PCI-Express×16 スロットにはフックの役割をする部分があります。 ここに、グラフィックスカードの接続部とは異なる突起を引っ掛けます。 挿入する時は上からスムーズに入りますが、取り外す時はスロット側のフックを少し外に押す必要があります(メモリスロット側から見て右に押す)。



4.ASUS EN8600GT SILENT HTDP 256 MB は、ファンケーブルと電力ケーブルを接続する必要は無いので、これで終了となります。 写真ではパソコンケースに設置していないマザーボードにインストールしているので、グラフィックカードが不安定な状態ですが、実際はパソコンケースにリアパネルを固定するので安定します。

管理人のやり方は、パソコンケースに設置する前に動作確認までやってしまいます。これはメーカーサポート外の行為となるので、管理人が推奨しているわけではありません。 安定しない状態で動作を確認するので、トラブルに遭遇する可能性は予測できます。 作業は自己責任でお願いします。また、動作確認が終了後、グラフィックカードを外してからマザーボードをパソコンケースにインストールします。



ここまでの作業を動画で見る↓




付属品のCDケース

グラフィックカードと直接関係はありませんが、ASUS EN8600GT SILENT HTDP 256 MB には CD ケースが付属しています。 革製のようなビニール製で、ASUS の刻印があります。



パソコンを組み立てる時、パーツを一斉に開封するので、スペースを結構とります。 付属するドライバやアプリケーション CD を一か所にまとめられるので、この CD ケースは重宝します。 もっとも、最新のドライバーとアプリケーションをメーカーサイトからダウンロードしてインストールするので、付属する CD はほぼ使いませんでした。 マニュアルやシリアル番号も大切に保管しましょう。 ASUS EN8600GT SILENT HTDP 256 MB は、箱にサポートダイヤルとシリアルナンバーがシールで貼られています。これをメモしておきましょう。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項