MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

DivX 7 登場とインストール方法

 キャプチャーした動画を高画質のまま圧縮する Codec(コーデック)DivX ( ディビックス ) のダウンロード方法,インストール方法、使い方を掲載しています。なんで動画の圧縮に DivX が広く利用されているのか?それは画質を極限まで維持したまま、ファイルサイズを小さくできるからです。



*DivX 8 最新バージョンが公開されました!インストール方法はこちら!


ビデオコーデックでお馴染みの DivX ( ディビックス ) がバージョン 6 からバージョン7へとアップグレードされました。これに伴い、サイトも格好良くなりました。無償版の DivX For Windows と有料版の DivX Pro For Windows がありますが、とりあえず DivX を使ったムービーを再生するだけなら、どちらでも良いでしょう。インストールする事で、Windows Media Player でも再生可能で、これは今までと同じです。 追記:Windows 7 では DivX を使って圧宿されたムービーを、何もインストールする事なく再生できます。つまり、aviutl などで編集するユーザー(エンコードするユーザー)だけに必要かと思われます。



エンコードをするのであれば、DivX Pro For Windows の方を選択しますが、無償版でもできないわけではありません(個人的には従来通り無償版しか使わない)。有償版は7から追加された「DIVX PLUS HD」が利用でき、の作成が、DivX Converter( DivXビデオへのワンステップ変換 )により作成できます。



前バージョンのインストール方法にも掲載しましたが、もともと DivX はコーデックであり、それをインストールすれば、そのコーデックを使ったムービーを再生できますが、コーデックを使ってムービーを作成するには、何かしらのムービー作成ソフトを必要とします。これが、いつからか拡張され、セット商品として提供される流れにあります。

DivX 7(セット商品)のコーデックは「DivX Codec 6.8.5」となり、「Generic MPEG-4 Playback」「DivX YV12 Pass-through」は何なのか理解できず、「Check For Updates」はコーデックのアップデートに必要な機能。この4つが「DivX Codec」と位置づけられています。



DivX 7(セット商品)の「DivX Converter(ディビックス コンバーター)」は、デスクトップにアイコンが表示され、そこへ元の映像データをドラッグアンドドロップして、プロファイルを選択すると、簡単にエンコードできるアプリケーションです。これが、DivX ビデオへのワンステップ変換と呼ばれるもので、今回追加された「DIVX PLUS HD」を作成するために必要ですが、無償版では 15 日間体験版トライアルとなります。



↑この動画の途中で、DivX Converter を使っています。



便利ではありますが、もともとカット編集をしたいユーザーには重宝しないかも知れません。単純にファイル容量を変更してポータブルデバイスや、画質を維持して圧縮する場合は便利ですが、これに H.264 を追加してきたので、用途が広がると思われます。

以下の SkyDrive に DivX で作成した動画ファイルを確認できます。

DivXで作成した動画ファイルの保管場所



DivX 7(セット商品)の「DivX Player(ディビックス プレイヤー)」は、今回から同じく付属する「DivX Plus Direct Shows Filters(ディビックス プラス ダイレクトショー フィルター)」内訳は「H.264 Decoder」「AAC Decoder」「MKV Splitter」により、H.264 形式のムービーの再生が可能になりました。また、「DivX WEB Player」の付属により、ストリーミング配信の再生、公開も可能です。

DivX 7.0 - Windows版DivX7.0プレーヤーで再生できる拡張子ファイル



東芝 gigashot A40F ( GSC-A40F ) で撮影した MPEG2-TS を aviutl に読み込み、DivX のプロパティを表示したスクリーンショットが右( DivX は映像コーデックなので、別途音声コーデックが必要です)。「DIVX PLUS HD」を作成する事はできません。 こちらも、上で紹介した DivX で作成した動画ファイルの保管場所にアップロードしてあります。


DivX7.avi

有償版と無償版の比較

もう少し分かりやすい比較



ダウンロード方法

1.公式サイトにアクセスして「無料ダウンロード」ボタンを左クリックします。右はトップページの画面では、正式なダウンロードページが存在します。ここで、自分が望むバージョンを選択しますが、無料ダウンロードに有料版の機能が体験版として含まれます。その期間が過ぎれば、有料版に存在する機能が使えなくなるだけです。そこから有料版へと移行する事もできます。


DivX 公式サイト

DivX - ダウンロードページ


2.セキュリティの警告が表示されます。「保存(S)」ボタンを左クリックします。



3.「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」ボタンを左クリックします‘(ファイル名は自動で入力されます)。



4.ダウンロードが完了したら、「閉じる」ボタンを左クリックします。



インストール方法

1.デスクトップにダウンロードした「DivXInstaller.exe」をダブルクリックします。Windows をインストールした初期状態では拡張子「.exe」が表示されませんが、今回のインストールに支障はありません。



2.言語に「Japanese」を選択して「OK」ボタンを左クリックします。



3.インストールウィザードが表示されます。「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



5.「ラインセンス契約書」が表示されます。表示されている文章を読み、納得できるならば、「このライセンス契約書に同意します(A)」の左にチェックを入れ(左クリック)、「次へ(N)」ボタンを左クリックします。同意しない場合はインストールする事ができません。だから同意するのが普通と解釈するのは危険で、自分で判断して下さい。



6.インストールするコンポーネントを選択します。通常、全てのコンポーネントがチェックされ、全てがインストールされますが、単純にDivXを使って作成された動画を再生したい場合は、「DivX Codec」だけにチェックを入れれば良いと思われます( DivX Codec 6.8.5 Codec だけでも良いのかも)。DivX Player を利用しなくても、Windows Media Player で再生可能になりますが、H.264 に準拠した MKV ファイルは、環境により不明です。コーデックパックをインストールした場合、ffdshow を設定するか、コーデックが存在するなら再生可能ですが、それ以外は DivX Player だけが再生できる事になります(環境により異なります)。WEB 上に存在する DivX 形式の動画を視聴するには、DivX WEB Player が必要になります。面倒なので、再生だけを目的とするならば、「DivX Converter」以外は全てチェックして進めば良いでしょう。



7.インストール先のフォルダを指定します。初期状態で指定されているので、特に変更する事も無いでしょう。「インストール」ボタンを左クリックします。



8.インストール中です。しばらくお待ち下さい。



9.インストールが完了しました。更新情報をメールで得たい場合、電子メールアドレスを入力して「DivX パートナー報告も送って欲しい」にチェックを入れますが、必要でないならば、空白のまま「次へ(N)」ボタンを左クリックします。



10.セットアップの完了です。MKV ファイルを今まで再生できなかった場合、DivX Player 7.0.0. に関連付ければ視聴できます。既に視聴可能な環境であるならば、なおかつ、DivX Player を主として利用しないのであれば、チェックを外したままで良いでしょう。「閉じる(C)」ボタンを左クリックします。



11.デスクトップに作成されたショートカット。DivX Player は、スタート → プログラム → DivX → DivX Player から起動可能。DivX Converter もスタート → プログラム → DivX → DivX Converter から起動可能ですが、デスクトップに表示されたアイコンに動画をドラッグアンドドロップすると、エンコードの準備が可能なため、使うのであればそのままでも便利です。ただし、トライアル期間が終了すると使えません。



DivX Moviesは、DivX Converter でエンコードした動画を保管する場所にリンクされています。初期状態では、


C:\Users\ユーザー名\Videos\DivX Movies

となりますが、DivX Converter でファイルの作成場所を変更する事ができます。ショートカットが無くても、エクスプローラーでユーザー名 → ビデオ → DivX Movies を辿れば表示できます。



DivX を削除するには、コントロールパネルの「プログラムの機能( Windows XP ではプログラムの追加と削除)」をダブルクリックして、「DivX Codec」「DivX Converter」「DivX Player」「DivX Plus DirectShow Filters」「DivX Web Player」の5つをアンインストールします。インストール時にコーデックだけを選択した場合は、「DivX Codec」しか表示されません(これは有償、無償が関係無いので残しておいても良いかと)。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項