MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

1.DivX 6.2 インストール方法

 キャプチャーした動画を高画質で圧縮することが出来るコーデック DivX 6.2 のダウンロード方法,インストール方法、使い方を掲載しています。なんで動画の圧縮に DivX が広く利用されているのか?それは画質を極限まで維持したまま、ファイルサイズを小さくできるからです。



*DivX 8 最新バージョンが公開されました!インストール方法はこちら!

2006 年 4 月 15 日、DivX Inc. より最新バージョンの DivX 6.2 が公開されました。 管理人の個人的な心境としては、プロファイルが導入されてからビデオコーデックである DivX の姿が良く分からなくなってきました。

おそらく、何らかの編集/圧縮ソフトに組み込ませて映像を圧縮する事が主であった時代から、今は圧縮した映像を再生させる機器への互換性と普及を向上させたため、単純なコーデックのインストールではなくなってしまった様です(コーデック単体をインストールする事は可能ではあります)。



現在ダウンロード可能なコーデックは DivX Pro 6.2 で、再生する環境に必要な物がセットになった「DivX Play 6.2」と、編集するために必要な物がセットになった「DivX Create 6.2」の2つです(マックユーザーのための「DivX 6 for Mac」もあります)。

いずれも最新の DivX Player が付属しますが、DivX コーデックさえインストールすれば、DivX で圧縮された動画を Windows Media Player で再生させる事が可能です。 つまり、動画が再生できなくて困っているのであれば、「DivX Play 6.2」をインストールすれば解決できます。また、無料の「DivX Play 6.2」をインストールしても、他社の映像ソフトを使用して圧縮する事も可能ではあります。

圧縮/編集に関しては、DivX 6.0 より 350 % 早くなったとあります。 これは、マルチスレッド対応になったため、インテルの HT テクノロジー ( 1 つのコアで仮想的に 2 つの処理をする ) や、デュアルコアプロセッサ( Pentium D プロセッサ 搭載パソコンなど )でパフォーマンスが向上しています。



有料版の DivX Pro 6.2 では、従来の DivX Pro 6.0 に比べエンコードモードが6つに増えました。 これにより、より最適な画質とパフォーマンスのバランスを調整することができます。


DivX Pro(tm) 6.2 Codec DivX Pro(tm) 6.0 Codec

動作環境

OS Windows 2000 or Windows XP 以上 / CPU Pentium III 733Mhz CPU 以上 / RAM 64 MB以上 / Video RAM 32 MB以上 / DirectX 9 以上



目次



戻る 一覧表示 次へ


Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項