MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

CCCP( Combined Community Codec Pack )インストール方法


多くのファイル形式の動画を再生可能にする CCCP( Combined Community Codec Pack )をインストール方法。既にコーデックパックをインストールしている場合は、そちらをアンインストールする必要があます。CCCP にはプレイヤー( Media Player Classic 、Zoom Player )も付属するため、コーデックを個別にインストールする必要はなく、CCCP をインストールすれば多くの動画形式のファイルを再生可能になり、動画が見られなくて困っている、さらに、コーデックの事はよく分からないし、知りたくないユーザーにおすすめです。



ダウンロード方法

1.公式サイトにアクセスして、CCCP をデスクトップにダウンロードします。

Combined Community Codec Pack



2.情報バーが表示されたら、左クリックします。さらに、「ファイルのダウンロード(D)」を左クリックします。



3.「セキュリティの警告」が表示されたら、「保存(S)」ボタンを左クリックします。



4.左枠で「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(D)」ボタンを左クリックします。



5.ダウンロードが完了したら、「完了」ボタンを左クリックします。



インストール方法

1.デスクトップにダウンロードした「Combined-Community-Codec-Pack-2008-09-21.exe」をダブルクリックします。ファイル名はバージョンにより異なり、Windows インストール初期状態では拡張子「.exe」は表示されません。しかし、今回のインストールに支障はありません。



1.デスクトップにダウンロードした「Combined-Community-Codec-Pack-2008-09-21.exe」をダブルクリックします。ファイル名はバージョンにより異なり、Windows インストール初期状態では拡張子「.exe」は表示されません。しかし、今回のインストールに支障はありません。



2.インストールウィザードが表示されます。「NEXT」ボタンを左クリックします。



3.インストールするディレクトリを指定します。初期状態で適したディレクトリが指定されているので、特に変更する必要はありません。そのまま「NEXT」ボタンを左クリックします。



4.インストールする機能を指定します。Player は Media Player Classic と Zoom Player が重複するので、Media Player Classic だけにチェックするのが良いかも知れません。Zoom Player を使ってみたい場合は、どちらもチェックすれば良いでしょう。よく分からない場合は、Zoom Player 以外は全てチェックすれば良いでしょう。「NEXT」ボタンを左クリックします。



5.インストールするフォルダーを指定します。初期状態で適切なフォルダー名が指定されているので、特に変更する必要はありません。そのまま「NEXT」ボタンを左クリックします。



6.そのまま「NEXT」ボタンを左クリックします。



7.インストール設定の確認が表示されます。「Install」ボタンを左クリックします。



8.インストールが完了したら、「Finish」ボタンを左クリックします。



9.特に何も変更せず、「Finish」ボタンを左クリックします。このインストールで ffdshow がコンピューターに組み込まれ、スタートメニューの ffdshow video decoder 、ffdshow Audio decoder で後から変更できます。例えば、後に DivX を個別にインストールしたならば、DivX のチェックを外せば良いでしょう。



10.ファイルの関連付けを変更するパネルですが、全てに「No Change」が指定されている事を確認して、「Apply」ボタンを左クリックします。この設定は、ファイル毎に右クリックして「プログラムから開く」で関連付けを実行できます。



11.インストールは完了しました。スタートメニューの全てのプログラム、「Combined Community Codec Pack」フォルダーを左クリックすると、ffdshow やプレイヤーを起動できます。まずは初期状態で再生できないファイルの再生を試みましょう。プレイヤーはファイルを右クリックして「プログラムから開く」から CCCP に付属する Media Player Classic を指定しても、Windows Media Player でも同じく再生できます。プレイヤー以外の再生環境の部分は、コーデックと ffdshow が担います。



その他、気がついた事

トラブルが発生した場合、CCCP をアンインストールします。コントロールパネルの「プログラムと機能」から、CCCP を指定してアンインストールを実行します。



再生するだけなら、初期状態で Media Player Classic 、または、Windows に付属する Windows Media Player で可能と思われますが、動画を編集する場合、例えば、Windows ムービー メーカーで H.264 形式の MOV 、MP4 ファイルやFLVを扱う場合、相性が悪い場合もあります。右は CCCP をインストールして、CASIO EXILIM EX-Z1080 SD( H.264 )で撮影したMOV形式ファイルを Windows Vista に付属する Windows ムービー メーカーで取り込んだ画面です。



音声を出力する事ができませんでした。



ffdshow audio decoder configuration でそれらしき部分を有効にしましたが、解決する事ができませんでした(正直な話、ffdshow の使い方がよく分かっていません)。



そこで、CCCP をアンインストールして、コーデックパックをインストールしたところ、こちらはオーディオを抽出する事ができました。いずれにしても、再生するには問題はありません。

コーデックパックのインストール方法



再生は可能であるものの、エクスプローラーや Windows Live フォトギャラリーで H.264 形式の MOV ファイルや MP4 ファイルのサムネイルが表示されない場合、ffdshow video decoder の H.264/AVC を libavcodec に変更すると解決されます。すでに H.264 が再生できる環境では、ffdshow video decoder で H.264/AVC を disable にしますが、サムネイルは表示されませんでした。

また、CCCP やコーデックパックをインストールすると、DivX 形式の動画を再生できますが( Windows7(ウインドウズ セブン) ではインストール不要で再生可能)、DivX でエンコードする場合は、別途 DivX コーデックをインストールする必要があります。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項