MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

旧:コーデックパックのインストール方法

 動画を再生する事ができない状況に遭遇したら、その動画を作成する時に利用した codec(コーデック)を調べて自分の環境にインストールすれば再生可能になります。個別にインストールするのが面倒な場合は、一般的なコーディクと同時に複数の再生を可能にする Media Player Classic(メディアプレイヤークラシック)がセットなったものをインストールすると、ほとんどのビデオを再生可能な環境になるでしょう。


このページは古くなったので、 Windows7(ウインドウズ セブン) と Windows Vista に対応した新しいページを作成しました。 新しいページでは「K-Lite Codec Pack Full」のインストール方法と、ffshow と Media Player classic の設定、Windows 7 の環境では Win7SDFilterTweaker を起動してサムネイル表示できるまでを掲載しています。

コーデックパックのインストール方法(Windows7対応版)前編

コーデックパックのインストール方法(Windows7対応版)後編



複数のコーデックをインストールする内に、いつしか Windows が不安定になる傾向。管理人は不安定な Windows Vista(ウインドウズビスタ)に SP1 をインストールした事で、OS 再インストールを強いられました。しかしながら、クリーンな環境になったことで、動画を視聴するために複数のコーデックがセットになった K-Lite Codec Pack Full をインストールしてみる事にしました。



K-Lite Codec Pack Full は、ffshow 、DirectShow 、Media Player Classic がセットになったもので、これらは個別にダウンロードでき、インストールする事もできます。インストールする時に、既存のコーデックを削除するか選択できますが、削除したとしてもトラブルに遭遇する事があります(すでに既存の環境が壊れている可能性が高い)。しかし、Windows を再インストール直後にこれを適用してしまえば、ほとんどの動画を再生する事が可能です。



また、ビデオフィルターを使うことで、Windows Media Player が標準でサポートしないMOV形式のファイルも再生可能になります。Media Player Classic のインストールも選択できますが、このプレイヤーは Media Player 6.4 と同じ感覚で利用可能。複数のプレイヤーを一度に起動して再生する事ができます。

そして、Windows フォトギャラリー、Windows Live フォトギャラリー、Windows Media Center、Windows Media Player での FLV 形式、H.264 形式の動画を視聴可能。Windows フォトギャラリー、Windows Live フォトギャラリーでは視聴できるものの、サムネイル表示は出来ないようです( FLV 以外は管理人の環境では可能)。Windows Media Center 、Windows Media Player 11 では、サムネイルを表示可能なので、一覧からファイルを探して視聴するのに便利です。



最後が、DivX 、H.264 、FLV 形式の動画を、ドラッグアンドドロップで Windows ムービー メーカーに取り込め、編集する事も可能になります。動画が見られないと悩むユーザーにはもちろん便利ですが、例えば、CASIO のエクシリムで撮影した動画を Windows フォトギャラリーで再生、Windows ムービー メーカーで編集して、YouTube などの動画共有サイトに投稿する作業も楽になります。おそらく、編集作業に興味が無い、もしくは、Windows ムービー メーカーを利用して WMV 形式のファイルしか作成しないのであれば、K-Lite Codec Pack Full をインストールした方が手っ取り早いでしょう。



既に複数のコーデックがインストールされている状態では、これをインストールする事でトラブルが発生するかも知れません。管理人は、Windows を再インストールした直後に、Windows Media Center でテレビの視聴と録画をするために、 キャプチャーカード に付属する CyberLink MPEG デコーダだけをインストールしました。この状態で、K-Lite Codec Pack Full をインストールすれば、MOV 形式のファイル、DivX 、FLV ファイルなどの動画を、Windows Media Player 11 で再生可能です(もちろん、付属する Media Player Classic でも可能)。その後、Quick Time Player と、動画共有サイトからダウンロードするために RealPlayer をインストールしましたが、得にトラブルは発生していません。ただし、DivX 形式でのエンコードを既に行っていないため、これらの事をやり出すと Pro 版をインストールする事になり、どうなるか不明です。



インストール方法

1.インストールは自己責任で行って下さい。何度か既存の環境にインストールして利用しましたが、管理人はトラブルに遭遇した過去を持ちます。K-Lite Codec Pack Full の最新番をダウンロードします。「codecpack.nl/klcodec380f.exe」を左クリックするセキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」ボタンを左クリックします。

Edskes File Download Mirror



2.左メニューで「デスクトップ」を左クリックして、さらに「保存(S)」ボタンを左クリックします。



3.ダウンロードが完了したら、「閉じる」ボタンを左クリックします。



4.デスクトップにダウンロードした「klcodec380f.exe」をダブルクリックします。Windows インストール初期状態では、拡張子「.exe」が表示されませんが、今回のインストールに支障ありません。



5.「Next」ボタンを左クリックします。



6.重要な情報が表示されます(直訳)。「Next」ボタンを左クリックします。



7.インストールするフォルダを指定します。最初から指定されているので、特に変更する必要はないでしょう。そのまま「Next」ボタンを左クリックします。



8.今回はプレイヤーが Windows Media Center と、Windows Media Player しかインストールされていない状態なので、あえて、Media Player Classic をインストールしてみます。「Media Player Classic」の左にチェックを入れ、あとはそのまま「Next」ボタンを左クリックします。



9.Windows ボタン、または、スタートボタンを押した時に表示されるフォルダを作成します。そのまま「Next」ボタンを左クリックします。この方が、後から「Configuration」を起動する時に便利です。



10.そのまま「Install」ボタンを左クリックします。



11.セットアップが完了したら「Finish」ボタンを左クリックしてインストールを終了します。ここに表示される 4 つの Configure(環境設定)は、「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「K-Lite Codec Pack」→「Configuration」から、いつでも起動できます。



12.既に何かしらのコーディクがインストールされている場合は、削除する様にプロパティが表示されます。これは、ユーザーの判断に委ねます。再生する環境を構築したいのであれば、K-Lite Codec Pack Full のデフォルト設定で、全てを任してしまった方が簡単です。エンコード環境を重視するのであれば、そのまま残す事になります。



インストール後

得に何もする必要はありません。既にほとんどの動画は視聴できます。MOV ファイルは、Quick Time Player をインストールしていないので、Windows Live フォトギャラリーや、Windows フォトギャラリー( Vista に付属)、Windows Media Player 11( Vista に付属)、そして今回インストールした Media Player Classic で再生する事になります。 右は、CASIO EXILIM(エクシリム) EX-Z1080 で撮影した UHQ ワイド 848 × 480 約 7.0 メガビット/秒 25 フレーム/秒 MOV 形式 H.264/AVC 準拠のムービーを、Windows Live フォトギャラリーで再生しているスクリーンショットです。



Windows Media Player 11 は、複数起動して動画や音楽を視聴する事ができませんが、Media Player Classic はそれが可能です。「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「K-Lite Codec Pack」→「Media Player Classic」を何回か押せば、その分だけプレイヤーが起動します。もし、おそらく、インストール初期状態では、ほとんどの動画が「Media Player Classic」に関連付けられていると思います。動画ファイルをダブルクリックして複数のプレイヤーを表示させたい場合は、「Media Player Classic」の設定を変更します。「Media Player Classic」の上部メニューで「View」を左クリックして、さらに「Options」を左クリックします。



「Player」を選択して、「Open Options」で「Open a new player for each media file played」を選択すると、動画ファイルをダブルクリックする度にプレイヤーが新規に起動します。



同じ動画を連続再生する場合は、「Playback」を選択して、「Repeat forever」を選択して「OK」ボタンを左クリックします。



関連付けを他のプレイヤーに変更する場合は、動画ファイルを右クリックして、「プログラムから開く」→「既定のプログラムの選択」を左クリックします。例えば、右は Windows Vista Ultimate の Extras でDreamScene に設定する mpg 形式の動画が、K-Lite Codec Pack をインストールした事で、Media Player Classic に関連付けられました。



ここで、再生するのに利用したプレイヤーを選択します(このスクリーンショットは後から撮ったものなので、検証後に Qick Time をインストールしました)。常に選択したプレイヤーで再生したいのであれば、「この種類のファイルを開く時は、選択したプログラムをいつも使う(A)」にチェックを入れ、「OK」を左クリックします。以上で、次回からは mpg 形式の動画ファイルをダブルクリックした時に、ここで選択したプレイヤーで再生する事ができます。



追記

コーデックパックとは、文字通り複数のコーデックがパックとなったものと考えられますが、このページを掲載したのは、Windows Vista を再インストールした時です。 OS に付属する以外のビデオや音楽に関するコーデックがインストールされていない状況なのでトラブルは発生しませんでしたが、使っていくうちにコーデックのアップデートにより、個別にインストールする可能性があります。 そうなると、再生環境としては問題が無くても、編集環境としては露骨にトラブルが発生します。もちろん、自分が個別にアップデート、まはた、新規にインストールしたコーデックを把握していて、なおかつ、ffdshow の設定が完璧なら問題が無いのでしょうが、管理人には不明なところが多くありました。

Windows ムービー メーカーでの編集が完了しない( MP4 や FLV )、aviutl でファイルが読み込めない症状となり、コーデックパックのアンインストールと再インストールを実行した結果、問題は解決しました。 その時の日記は以下。コーデックパックのアンインストール方法とインストール方法なのですが、次のページではすでに複数のコーデックがインストールされた状況に、コーデックパックをインストールするのと同じです。 アンインストールと再インストールで改善されるのであれば、トラブルに遭遇しても安心かもしれません。参考までに。

コーデックパック:トラブル発生、アンインストール

コーデックパック:トラブル発生、再インストール

また、Windows Vista からはビデオのサムネイル表示が可能になりますが、サムネイルを正しく取得出来なくなった場合も、コーデックパックのアンインストールと再インストールが有効です。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項