MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Google Chrome(グーグル クローム) バージョン3 登場


大手検索サイト「Google(グーグル)」が提供するシンプルなブラウザ「Chrome(クローム)」の最新版が登場しました。最新版を使っているかの確認は、Chrome を起動して右上のスパナアイコンを左クリック、さらに、「Google Chromeについて」を左クリックして、「最新版のGoogle Chromeです」の表示があるか確認して下さい。



登場した時は、タブの分離と統合機能が使いやすく、WEB ブラウザとして新しい領域に進出した反面、ブラウザとしては機能がシンプル過ぎると感じましたが、バージョンアップする毎に一般的なブラウザに似てきました。逆を言えば、タブ分離/統合機能を他のブラウザが搭載してきたとも言えます( Internet Explorer は未だ搭載されず)。




今回、新しく搭載されたインパクトのある機能は、ブラウザの外観を変更するテーマです。Chrome を起動して右上のスパナアイコンを左クリックして、さらに「オプション」を左クリックします。上部の「故人設定」タブを左クリックして、「テーマを取得」を左クリックします。その隣の「デフォルトのテーマに戻す」ボタンで、変更したテーマをいつでも初期状態に戻せます。



Google Chrome Themes Gallery が開くので、好みのテーマを左クリックします。なお、現時点では29種類のテーマが掲載されています。

Google Chrome Themes Gallery



個別テーマのページに移動するので、「Apply this theme」ボタンを左クリックすると、テーマのダウンロードと適用が自動で開始されます。



テーマを適用したのが右のスクリーンショットです。サムネイルビューはバージョン 2 で機能が追加されましたが、バージョン 3 でも改良されています。アップデートではなく、新規に Chrome をインストールした場合、ブラウザのホームページが検索サイト Google になっています。これを変更するには、オプションの「基本設定」タブで、「ホームページ」を「新しいタブの画面を表示する」にチェックを入れます。



Chrome には検索フォームが存在しないシンプルな外観ですが、アドレス入力ランが検索フォームを兼ねています。ここで利用する検索サイトが、Google 以外に変更可能になりました。オプションの「基本設定」タブで、「規定の検索エンジン」を変更します。一覧に存在しない検索サイトを、「管理」ボタンを左クリックして追加する事もできます。



なお、毎度の事ですが、 Windows7(ウインドウズ セブン) のタスクバーに対応しているか確認したところ、複数のタブをタスクバーのサムネイルで展開する事ができませんでした。

Googleが実現させたシンプルで高機能なブラウザ - ダウンロード




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項