MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

新しいブラウザ Google Chrome Beta登場

 検索サイト、動画共有サイト、地図、などで有名な「Google(グーグル)」からブラウザ「Chrome(クローム)」が登場しました。現時点ではベータで、常用はセキュリティを考慮して避けたいところ。


動画共有サイトYouTube(ユーチューブ)を提供するGoogle(グーグル)が、長い沈黙の末WEBブラウザ「Google Chrome(クローム)」を公開しました。世界で最も利用されている検索サイトはGoogleですが、日本ではYahoo!の方が多く利用されている様子。最近では、Googleマップでストリートビューを公開するなど、話題を多く提供する会社です。

Internet Explorer(インターネットエクスプローラ)、Firefox(ファイヤーフォックス)、Opera(オペラ)、Apple Safari(アップルサファリ)など豊富なブラウザを選択できる時代ですが、Googleもまたこの世界に飛び込んだ事になります。最も気になるのは、Firefoxに多額の広告費を提供しているGoogleゆえに、「Firefox=Googleブラウザ」との見方が多く、Google自らブラウザを提供する必要があるのか?

どうやら、Googleが公開したブラウザは、既存のブラウザ戦争の枠に当てはまらない何かを想定して作られた感が強いです。ただし、現時点ではブラウザの領域にあると思われます。

Google Chrome (BETA) for Windows



セキュリティに関しては、どのブラウザでも同じく、安心できるものは存在しません。レンダリングエンジンはKHTMLがベースとなり、最新版のApple Safariでは対応済みの脆弱性が、最初に公開された「Google Chrome」には存在しています。表示速度に関しては最速と言われており、JavaScriptを多く利用したWEBサービスなどで利用するには最適なブラウザと思われます。この速度競争は、現時点でどれだけ効果があるか不明ですが、Googleマップではその恩恵を感じる事ができます。また、動作が軽快であることは、今後のWEBサービスの開発に大いに貢献すると思われ、期待できる部分でもあります。



ブラウザとしての「Google Chrome」は、IE、Firefox、Safari、Operaの良いとこ取りで、それほど真新しい部分が見つかりません。唯一分かるのは、従来はブラウザの中にタブが表示されますが、「Google Chrome」では外にタブが表示されます。タブの移動や、分離、結合などは、Apple Safariを利用しているユーザーには当たり前のアクションですが、IEだけしか利用していない場合、「Google Chrome」は斬新に感じるかも知れません。



他社のブラウザと比べて異なる点は、軽快な動作が期待できるところ。他社ブラウザに搭載された便利な機能を多く搭載しているものの、外観はとてもシンプルで、サイトを表示するプレビュー画面に多くスペースを確保しています。ブラウザとしては最も重要な事なのかも知れません。複数のボタンが邪魔に感じるユーザーは、このシンプルな外観に惹かれるものがあります。



シンプルと言えば、アドレス入力フォームと検索フォームが統合されているのも特徴的です。初期状態では「Google検索」となっていますが、検索エンジンを変更可能。アドレスバーにフォームが二つ以上表示されている従来のブラウザは、無駄スペースを取っていると感じていたので満足しています。しかし、ここで入力されたワードの使われ方が問題となっている模様。



HTML 、CSS2.1 など W3G 勧告の準拠状況を示すAcid2(アシッドツー)を実行したのが右。左から Google Chrome 、Firefox 3.1 Alpha 2 、Apple Safari For Windows 、IE7 。正式版として提供されている IE7 が最も準拠しておらず、後のブラウザは合格しているもののベータ版です。Firefox 3は正式版でも合格しています。



より現実的な双方向性の高いウェブサイトで使われる技術の対応を確認するAcid3(アシッドスリー)の結果は78/100で、これはFirefox 3.1 Alpha 2、Operaに次ぐ高い成績となります。



Google マップや Gmail などの WEB アプリケーションを利用するのはもちろんですが、皮肉な事に Windows Live に関するほとんどの WEB サービスを利用するのにも最適なブラウザとなっていました(一部対応していない)。IE8 では改善されているものの、IE7 の時点では Google Chrome が圧勝。IE8 と比べても、使ってみて圧勝していると思われます。



左が IE8 で右が Google Chrome 。Apple Safari や Firefox に似ています。特に、テキストエリアをドラッグアンドドロップで拡大縮小する様子は、Apple Safari で感動したアクションの一つ。

Firefox & IE 両対応 ビジュアル オブジェクトを透明にする



自分が利用するサイトで互換性が発生せず、セキュリティが確保され、プライバシーが保てるのであれば、Google Chrome は最強か?と思ったところ、RSS リーダーが存在しない事に気がつきました。忘れたか?いや、いらないのかな? Google Chrome の存在を考えると、Gmail と同じく WEB アプリケーションで処理すれば、ブラウザに付属する必要もないのかも知れません。 このブラウザを利用してみて、再び Google リーダーを利用したのですが、WEB アプリケーションでフィードを管理するのは思ったよりも便利でした。 登録は、IE や Firefox で opml 形式のファイルをエクスポートして、それを Google リーダーに読み込ませれば環境を移行できます。



サイトを表示した段階で登録ボタンが表示されないため(ブックマークは登録できる)、MB-Support にもフィード専用のページを作成してみました。 ここで Google ボタンを左クリックすると、Googleリーダーへの登録が簡単です。

MB-Support RSS / Feeds

Google サイトは、右上に Gmail、カレンダー、ドキュメント、写真、リーダー、地図、ウェブなどの主要サイトへのリンクが設置されているので、Google Chrome がシンプルな外観で通用する理由も納得。 とりあえず、Google Chrome が登場したのと、これはあくまでもベータである事を忘れてはなりません。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項