MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

AviUtl 4:ビデオとオーディオコーデックの設定


前回 、Windows Media エンコーダでキャプチャーした WMV や、デジタルビデオカメラで撮影した m2ts 形式の動画ファイルを AviUtl に読み込みました(拡張編集ではないが)。今回は、カット編集などが終わった事を想定してエンコードの準備をします。エンコードを実行して完成したビデオをYouTubeにアップロードする流れになります。編集方法は、Windows ムービー メーカーから乗り換える事を想定しているので、同程度の編集をAviUtl + 拡張編集で出来るように後のページで取り上げたいと思います。



まずは、AviUtl でエンコードする流れを説明します。「ファイル」→「AVI出力(Ctrl+S)」をクリックします。もちろん、まだ設定はしていませんが、プラグイン出力することも音声だけを切り出すWAV出力もできます。



AVI出力パネルが表示されます。ここで、保管先にデスクトップなどを指定して、ファイル名を入力して保管しますが、エンコードを実行するのにコーデックを使います。コーデックには「ビデオ」と「オーディオ」があります。



ビデオコーデック

まずは「ビデオ圧縮」ボタンをクリックします。さらに、圧縮プログラムでコーデックを選択します。今回は高画質で圧縮率の高い、なおかつ無料で利用できる「DivX」コーデックを使います。インストール方法は以下のリンク先を参照して下さい。

DivX Plus Codec Pack インストール方法



DivX をインストールすると、「ビデオ圧縮」ボタンを押して「圧縮プログラム」で「DivX」が選択可能になりました。詳細設定は「DivX」を選択した状態で「設定」ボタンをクリックします。



「メイン」タブの「認定プロファイル」の選択方法ですが、以下のリンク先の一覧表を参考にして下さい(かなり古いページです)。

5.DivX 認定プロファイルの種類 - ホームズ備忘録

今回の企画ではYouTubeにアップロードするのが目的なので、720高画質プロフィール(解像度1280×720)、あるいは、1080高画質プロフィール(解像度1920×1080 フルHD)のいずれかを使うのが一般的かと思います。この画質ならコンピューターで再生するのにも適しています。



無料版ではリサイズができないので、AviUtl のリサイズで設定した解像度、あるいは、元動画の解像度を、「認定プロファイル」に設定すれば良いでしょう。例えば、解像度1280×720の動画を1280×720で出力するなら、「720高画質プロフィール」を選択します。解像度1920×1080の動画を1280×720にリサイズするなら、AviUtlの「設定」→「サイズの変更」で「1280×720」を選択して、DivXで「720高画質プロフィール」を選択します。リサイズに関しては以下のページを参照して下さい。

AviUtl 2:「最大画像サイズ」と「リサイズ設定の解像度リスト」の設定

ビットレートも指定してますが、今回は Windows ムービー メーカーから AviUtl + 拡張編集に移行する事を目的にしています。後に作成するページで設定方法について触れたいと思います。最後に「OK」ボタンをクリックすれば設定完了です。

DivXは無料版と有料版があり、無料版では認定プロファイルにより出力できる解像度が決められており、最高で「1080高画質」、つまり、フルHDになります。これを超える解像度で出力するには有料版が必要になります(x264 出力(GUI)を使えば無料でも可能)。


無料 DicX COMMUNITY CODEC 有料 DivX Pro

有料版の DivX Pro では、認定プロファイルで「制御されない」を選択でき、これを使えばフルHDを超えた解像度の動画を出力できます。



左がディスプレイ解像度 1920×1200 の画面を、Windows Media エンコーダでキャプチャーした動画ファイルで、右が AviUtl でビデオコーデック「DivX Pro(有料版)」の「制御されない」、オーディオコーデックに「Lame」を指定してエンコードした動画ファイルです。フレーム幅1920、フレーム高1200で出力できました。



「DivX Proを試してみよう」タブで、DivX プロの 15 日間の無料トライアルを取得すると、15 日間は制限なしで利用できます。「トライアル期間を開始」ボタンをクリックします。



「OK」ボタンをクリックします。更新を反映するために詳細設定画面を開き直せば、選択できなかった項目が表示されます。


無料 有料


オーディオコーデック

オーディオ圧縮の設定もビデオ圧縮と同じ画面です。「オーディオ圧縮」ボタンをクリックすると、コーデックを選択できます。もし、「オーディオ圧縮」ボタンが押せない場合は、「音声無し」のチェックをクリックして空白にします。



今回は MP3 形式に圧縮するので、LAME ACM codecs をインストールします。インストール方法は以下のリンク先を参照して下さい。

オーディオコーデック LAME ACM codecs 64bit版OSにインストールする方法



「オーディオ圧縮」で「Lame MP3」を選択します。



「オーディオ圧縮」に「Lame MP3 48.000kHz 2ch」と表示されます。コーデックの選択は複数あると思いますが、ビデオコーデックに「DivX」、オーディオコーデックに「Lame」の組み合わせは、単純に私がWindows ME 時代に利用していたやり方です。ニコニコ動画にアップロードする場合は、ビデオ コーデックにMPEG-4 AVC / H.264、オーディオ コーデックにACC、コンテナMP4が最適のようですが、個人的にニコニコ動画にアップロードしたことがないので、それは別のサイトでやり方を調べて下さい。ただし、x264 出力(GUI)に関しては、後に私のサイトでも取り上げるかも知れません。

保存する場所に「デスクトップ」をクリック、さらに、ファイル名を指定して「保存(S)」ボタンをクリックすればエンコードが始まります。おそらく、次のページから、Windows ムービー メーカーで編集をしていたユーザー向けに、AviUtl + 拡張編集プラグインで編集する方法へ進みますが、あくまでも Windows ムービー メーカ−から移行するのが目的なので、AviUtl + 拡張編集プラグインの簡単な編集方法までしか紹介できません(私のスキルの問題です)。

ただし、動画共有サイトに編集のやり方を説明したビデオが沢山投稿されているので、Windows ムービー メーカーで出来ることをAviUtl + 拡張編集プラグインで可能になれば、あとは自力でスキルを上げることができると思います。






戻る 一覧表示 次へ



Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項