MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

アカウントの共有とセキュリティモデルの変更方法

 Windows XP では簡単にファイルの共有機能が利用できます。しかし、従来の様に共有の詳細設定をする場合は、ローカルセキュリティ設定でローカルアカウントの共有とセキュリティモデルをクラシックに変更する必要があります。


Windows XP 独特の共有ファイルのプロパティ(左下画像)を、Windows 2000 スタイル(右下画像)に変更してセキュリティを強化します。


デフォルト クラシック


1.「スタート」→「コントロールパネル」を開きます。



2.「パフォーマンスとメンテナンス」を左クリックします。



3.「管理ツール」を左クリックします。



4.「ローカル セキュリティ ポリシー」をダブルクリックします。



クラシックスタイルの場合は、「スタート」→「コントロールパネル」→「管理ツール」→「ローカル セキュリティ ポリシー」を開きます。



5.「ローカル セキュリティの設定」で左枠「セキュリティの設定」→「ローカルポリシー」→「セキュリティオプション」を選択して、右枠の「ネットワークアクセス:ローカル アカウントの共有とセキュリティモデル」をダブルクリックして下さい。



6.「クラシック-ローカルユーザーがローカルユーザーとして認証する」に変更して「OK」を左クリックして下さい。以上でセキュリティを細かく設定可能になります。





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項