MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

1.起動ディスクの作り方

 Windows 95 / Windows 98 / Windows ME までの起動ディスクには、パーティションの設定やフォーマットを実行するプログラムが含まれます。パソコンに搭載されたマザーボードが光学式ドライブからの起動をサポートしていれば、インストール CD-ROM( あるいは DVD-ROM )だけでセットアップを実行できます。


[ページ数: 1 / 5] 1 2 3 4 5 次へ


Windows 95 、Windows 98 、Windows Me は、OS を新規インストールする、もしくは、再インストールする時にハードディスクドライブのパーティション(領域)を操作するツール「FDISK」が必要です( Windows 7 、Windows Vista 、Windows XP、Windows 2000 は不必要 )。 このツールは、Windows 98 、Windows ME ではインストール CD-ROM に含まれています。つまり、BIOS(バイオス)設定で光学式ドライブが起動できるのであれば、FDISK を含むフォーマットやセットアップをインストール CD-ROM から実行できます。 まずは光学式ドライブから起動させる設定が可能か否か確認するのが無難でしょう。

CD-ROM 、DVD-ROM から起動する BIOS の設定方法

システムを読み込む起動デバイスの変更が不可能であるならば、フロッピーディスクからの起動が必須となります( Windows 95 はいずれも必須 )。 起動ディスクは OS やパソコンに付属されておらず(時代にもよりますが)、Windows 95 、Windows 98 、Windows ME では、その OS が起動した状態でコントロールパネルのプログラムの追加と削除から作成できます。 Windows 2000 はインストール CD-ROM から作成でき、Windows XP ではメーカーサイトからダウンロードします(このあたりで多くの環境で既に不必要かと思われます)。 起動ディスクを作成するには、その OS が故障してからでは遅いです。先に作成しておく必要があります。 他にパソコンを所有しているのであれば、Windows 2000 はそこで作成可能、Windows XP はダウンロード供給なので、インターネットに接続された他のパソコンがあれば作成可能、Windows 95 、Windows 98 、Windows ME の場合は厄介で、英語版の起動ディスクをダウンロードして実行するより他ありません。 コンピューターの対応状況、必要とする OS により選択肢は異なります。まずは一通り読んで見て下さい。



メニュー

Windows98SE/MEの起動ディスクの作り方

Windows2000 Professionalの起動ディスクの作り方

WindowsXP Professional/Home Editionの起動ディスクの作り方

WindowsNT系OS上で、Windows9x系 起動ディスクを作る方法



Windows98 / 98 SE / MEの起動ディスクの作り方

Windows 95 、Windows 98 、Windows Me 、など 9X 系 OS をインストールする場合、システム起動ディスクが必要な場合があります( Windows 95 は必須かと思われます )。 このページでは起動ディスクの作成方法を説明します。フロッピーディスクをフォーマットして必要な枚数を用意して下さい( Windows 98 は 2 枚。Windows Me 、Windows 95 は 1 枚)。 なお、Windows98 SE 、Windows ME 、Windows 2000 、Windows XP 、Windows Vista 、Windows 7 は CD-ROM や DVD-ROM などのインストールメディアから起動可能です。 起動ディスクにせよ、インストールメディアからにせよ、Windows 95 、Windows 98 、Windows 98SE 、Windows ME の場合は、 Fdisk(エフディスク) を実行する必要があります ( Windows 98 から Fdisk も CD-ROM に含まれています )。

起動ディスクからFdisk、フォーマット、インストールする方法

CD-ROMからFdisk、フォーマット、インストールする方法



1.「スタート」ボタン→「設定」→「コントロールパネル」を順番にクリックします。 コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」をダブルクリックします。 さらに、「起動ディスク」タブをクリックします。 右のスクリーンショットは Windows 98 の画面ですが、この方法は Windows 95 、Windows ME でも同じです。



2.ディスク作成を左クリックします。



3.画面の指示に従い、フロッピーディスクをドライブに挿入して「OK」ボタンをクリックします。



4.Windows 98 は、1 枚目が終わると2枚目を挿入するように要求されます。画面の指示に従って、2 枚目を挿入して「OK」ボタンをクリックします。



OS を新規インストール、または再インストールする場合、パソコンの電源を切った状態の時に、上記で作成した「起動ディスク」を挿入します。 パソコンの電源を入れれば、フロッピーの起動プログラムがメモリーに書き込まれインストールの準備に移ります。 実際の作業方法は以下のページを参照して下さい。



起動ディスクからFDISKを実行する方法

Winndows 2000 、Windows XP 、Windows Vista 、または、Windows 7 は、Windows NT 系 OS と呼ばれ、CD-ROM 、または、DVD-ROM から直接インストールできます( Windows Me 、Windows 98 もコンピューターが対応していれば可能 )。 しかし、古いパソコンにインストールする場合、NT 系 OS でも起動ディスクが必要になります ( BIOS で 光学式ドライブから起動 を選択できない場合 )。



また、Windows 95 、Windows 98 、Windows 98SE 、Windows ME をインストール中に、起動ディスク作成ウィザードが表示されます。 ただ・・・このページを閲覧しているユーザーは、インストールを実行するために起動ディスクを求める訳で、この情報は役に立ちません。 とりあえず、以下のページを参照して、CD-ROM から FDISK を実行する方法やインストールを実行する方法を試してみて下さい。


CD-ROMからFDISKを実行する方法

起動ディスクはフロッピーディスクからパーティション作成/削除ツールの FDISK やフォーマット、セットアップコマンドを利用するために必要ですが、これらのツールは OS インストール CD-ROM に含まれています。 CD-ROM から起動するには、パソコンの中にある マザーボード と呼ばれる部品が搭載している BIOS(バイオス)と呼ばれるメモリの設定で、起動時にどのデバイスからシステムを読み込むか設定する必要があります。

CD-ROMから起動するBIOSの設定方法

単純に言ってしまえば、電源を入れたらフロッピードライブにシステムを探しにいく、無かったら光学式ドライブにシステムを探しに行く、無かったら ハードディスクドライブ にシステムを探しに行く・・・ といった感じです。フロッピーディスクや光学式メディアが挿入されていなければ、ハードディスクから通常起動する流れになります。 もちろん、Windows を普段利用している場合は、起動時にフロッピードライブと光学式ドライブへの問い合わせは無駄な作業なので、1 番目にハードディスクから起動する設定にした方が、起動にかかる時間が少なくなります。 もし、CD-ROM から起動ができないのであれば、起動時に光学式ドライブへの問い合わせが設定されていない可能性があります。

それでも無理な場合、Windows 9X 系 OS で起動ディスクが無く、さらに、それらの OS が故障して起動できない場合、英語版の起動ディスクをダウンロードする事ができます。 この方法は、それを作成するためのインターネットに接続されたパソコンが必要です。作成するパソコンの OS は Windows であれば可能で、Windows NT 系 OS 上でも作成できるメリットがあります。

Windows NT 系 OS 上で、Windows 98 起動ディスクを作る




戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 1 / 5] 1 2 3 4 5 次へ

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項