MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 95 インストール方法

 Windows 3.1 の後継として登場した Windows 95 。 それまでのプロパティ形式の表示から、「スタート」ボタンを導入した初めての Windows になります。 発売当時は深夜に並ぶ人も多く、パソコンを知らない人にまで「Windows(ウインドウズ)」の名前を知らしめる事になりました。 その後、16 ビット互換 OS の後継となるのは Windows 98 / ME であり、Windows XP の登場で 32 ビット OS に移行されました。


Windows 3.1 では 4 MB 程度のメモリで利用していましたが、Windows 95 からは最低でも 8 MB のメモリ容量が必要でした。 今のパソコンのメモリ積載量から考えると極端に低容量ですが、当時は主メモリが高価でした。Windows 3.1 では CD-ROM ドライブやモニタを接続するのにも苦労しましたが、 Windows 95 からはパソコン初心者でも、ドライバを簡単にインストールできるウィザード(魔法使い)が搭載されました。



ウィザードは、マウスをクリックするだけで難しいコンピューターの設定を可能にすることから、魔法使いみたいなものです(今では当たり前)。 このとき搭載された Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)のバージョンが 2.0で、Netscape(ネットスケープ)とのブラウザ戦争が勃発します。 OS 自体のインストールは Windows 3.1 でも簡単でしたが、如何せんフロッピーディスクの時代です。 Microsoft Office System(マイクロソフトオフィスシステム) をインストールするには、50枚ものフロッピーディスクを入れ替える作業が必要でした。 Windows 95 からは CD-ROM で提供され、ドライバのインストールも楽になり、再インストールを気軽にできる実行可能になりました(もちろん、Windows 3.1 と比べての話)。



さて、 Windows 8.1(ウインドウズ エイトピントワン) の登場で、もはや Windows 95 をメインマシンで使用するユーザーはいないと思われます。 なので、インストール方法を掲載するものの、その理由はサポート目的ではなく単なる趣味です。



Windows 95 の時代のパソコンでは、OS だけを Windows 8.1 に移行しても、パソコンの性能的に無理があります。 すでに、多くのものが変わっているため、互換性を意識する必要はありません。 逆に考えれば、それらを諦める事で新しいパソコンの選択が楽になります。 多くの問題を避けて通りたいならば、最初から Windows 8.1 が搭載されたパソコンを購入するのが望ましいでしょう。

Windows 8 システム要件

HP やっぱりハイスペック!ハイエンドモデル徹底解説icon

HPノートPC Windows 8搭載 最新モデルicon



2001 年 3 月末を持って Windows 95 のサポートが終了

マイクロソフト無償サポートに関しては 2001 年 3 月末、オンライン セルフ サポートも、2002 年 12 月末で終了しました。 2003 年 3 月 31 日には Windows NT 3.5x もサポートの終了。2004 年 6 月 30 日には Windows 98 / 98 SE / NT 4.xx もサポートが終了する予定になっていいます。

マイクロソフト Windows 95のページ



Windows 95 インストール方法

新規インストールならば、1. ハードディスクドライブ の領域作成、2.フォーマットを行います。 再インストールならば、1.ハードディスクの領域削除、2.ハードディスクの領域作成、3.フォーマットを行います。

Windows をインストールする前に、ハードディスクドライブの パーティション(領域) を操作する必要があり、Windows 95 では FDISK(エフディスク)と呼ばれるツールを利用します。 新規インストールする場合は、ハードディスクドライブに領域が作成されていないので、Windows がハードディスクを認識できせん。 そこで、ハードディスクに領域を作成しますが、そのために FDISK を使います。 さらに、作成した領域をフォーマットして、インストールの準備が完了となります。



1.起動ディスクをフロッピードライブに挿入してコンピューターの電源を入れます。Windows 95 の起動ディスクが無い場合、Windows 98 の起動ディスクを代用できます。

2.キーボードを選択して下さい。一般的に 106 日本語キーボードなので「半角/全角」キーを押します。



3.Windows 95 の CD-ROM をドライブにセットして、CD-ROM ドライブを指定してください。


A:\>D:
D:\>_


4.「setup」と入力して「Enter」キーを押して下さい。


D:\>setup


5.Windows 95 のセットアップを開始します。「続行」を左クリックして下さい。



6.「ソフトウェア使用許諾契約」が表示されます。内容に同意して「はい」をクリックします。



7.「セットアップウィザード」が表示されます。「次へ」をクリックします。



8.「C:\WINDOWS」にチェックがある事を確認して、「次へ」をクリックします。



9.「セットアップ方法」を選択します。よく分からない場合は「標準」を選択して「次へ」をクリックします。



10.「プロダクト ID」を入力して「次へ」をクリックします。



11.「ユーザー情報」を入力して「次へ」をクリックします。「会社名」は空白でも大丈夫です。



12.「コンピュータの調査」で接続されている物にチェックを入れ「次へ」をクリックします。



13.コンピュータの調査中です。しばらくお待ち下さい。



14.「通信オプション」を選択します。この資料を作成しているのが 2003 年ですので、今では必要無いものばかりです。ユーザー側で決断して「次へ」をクリックします。



15.「Windows ファイルの選択」です。「標準的な〜」を選択して「次へ」をクリックします。



16.起動ディスクを作成する場合は「はい」を選択します。なお、起動ディスクを作るには、フォーマット済みフロッピーディスクが2枚必要になります。 起動ディスクを持っていない場合は必ず作成しましょう。また、Windows をインストールしてから、「コントロールパネル」の「アプリケーションの追加と削除」でも作成可能です。 ここで作成しない場合「いいえ」を選択して「次へ」をクリックします。

起動ディスクの作り方



17.ここでの説明は 16.で起動ディスク作成を選択した場合です。「Windows 95 ファイルのコピー」が始まります。「次へ」をクリックします。



18.フォーマット済みのフロッピーディスクを挿入して「OK」をクリックします。



19.起動ディスクの作成が開始されます。途中2枚目を入れる催促があるので、指示に従います。



20.「完了」を左クリックしてコンピュータを再起動して下さい。(自動で再起動します)尚、起動ディスクを作成した場合は、フロッピーディスクを抜いて下さい。



21.コンピュータが再起動します。(ピンとがボケてて申し訳ありません)しばらくお待ち下さい。



22.プラグ・アンド・プレイ機器の設定が開始されます。しばらくお待ち下さい。



23.しばらくお待ち下さい。



24.日付と時刻を確認して「閉じる」をクリックします。



25.プリンターの設定を行ないます。必要ない場合は「キャンセル」をクリックします。Windows をインストールした後でも設定可能です。



26.各種ハードウェアの設定を行ないます。パソコンの環境により自動の場合と手動の場合がありますので指示に従って下さい。

27.パソコンの環境により何度も再起動ををする必要があります。「はい」をクリックします。



28.インストール終了です。お疲れ様でした。尚、各種ドライバ、アプリケーションをインストールする必要があります。

2.OS Windows(ウインドウズ)の歴史 Windows3.1/Windows95 : ワトソンのパソコン教室





BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項