MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 2000 Professional インストール方法(前編)

 Windows 98 のデザインと同じですが、中身は生粋の 32 ビット OS のため、98 や ME の様にフリーズに遭遇する機会は少ない、もしくは、遭遇したとしても全てのアプリケーションが落ちる事は無い頑丈な Windows です。 登場した当時は、Windows ME が一般家庭用、Windows 2000 が企業用として利用されていましたが、後に Windows XP で Windows 2000 の安定性と Windows ME のマルチメディアが融合されます。


パソコンの仕様により、BIOS ( バイオス ) 設定で CD-ROM から起動できない場合は、 起動ディスク を作成して下さい(ほぼ起動できると思います)。

ハードディスクドライブ と呼ばれるパソコンケース内に収められた記憶装置のパーティション(領域)作成・削除、フォーマット(何も記憶されていない状態にする)は、インストール画面で実行できるため、FDISK(エフディスク:Windows 98 / ME(Millennium Edition ミレニアム エディション) まで利用されていたハードディスク設定ツール)を事前に行う必要はありません。

パーティションを2個作る場合は、領域作成画面でパーティション 1 ( C ドライブ領域)を作成して、パーティション 2 はインストール後に、Windows 2000 Professional(ウインドウズ 2000 プロフェッショナル)上で実行する事になります(もちろん、インストール画面でもできますがコツが必要です)。

起動ディスクの作成方法


必要システム Windows 2000 Professional 開発コード名 Cairo
コンピューターPentium 133 Mhz 以上のプロセッサあるいわ互換性のあるマイクロプロセッサ( 2 プロセッサまでサポート)
メモリ最小 32 MB 以上の RAM ( 64 M 以上を推奨、最大 4 GB )
ハードディスク850 MB 以上の空き容量(全体として 2 GB 以上のハードディスクを推奨)


意外にも Windows ME よりも必要スペックは低く設定されてます。Windows ME が一般家庭向けのマルチメディア対応を売りにしていたのと比べ、Windows 2000 Professional は企業向け OS として発売されていたからかも知れません。 この時代では、一般家庭で普及していた Windows 3.1 、Windows 95 、Windows 98 との互換性が Windows 2000 では確立できていませんでした。しかしながら、安定性は Windows 2000 Professional が最強の時代であり、このノウハウが後の Windows XP へと受け継がれます。



さて、 Windows 8.1(ウインドウズ エイトピントワン) の登場で、もはや Windows 2000 Professional をメインマシンで使用するユーザーはいないと思われます。 なので、インストール方法を掲載するものの、その理由はサポート目的ではなく単なる趣味です。



Windows 2000 の時代のパソコンでは、OS だけを Windows 8.1 に移行しても、パソコンの性能的に無理があります。 すでに、多くのものが変わっているため、互換性を意識する必要はありません。 逆に考えれば、それらを諦める事で新しいパソコンの選択が楽になります。 多くの問題を避けて通りたいならば、最初から Windows 8.1 が搭載されたパソコンを購入するのが望ましいでしょう。

Windows 8 システム要件

HP やっぱりハイスペック!ハイエンドモデル徹底解説icon

HPノートPC Windows 8搭載 最新モデルicon



注意:再インストール後の Windows Update

再インストール後の Windows Update ( ウインドウズ アップデート ) を実行している最中にワームに感染する危険があります。 特に Service Pack ( サービスパック ) が適用されていない初代 Windows2000 Professional をインストールする作業は十分お気をつけ下さい。 できればインストール前に Service Pack 4 をダウンロードして、CD-R 等に保存した方が安全です。Windows 2000 Professional インストール中は LAN ケーブルを取り外し、 先に保存した Service Pack 4 を適用してからインターネットに接続した方が良いでしょう。(もちろん SP4 を適用した状態でも、それ以外の修正プログラムを適用するため、Windows Update を最優先します)

Service Pack 4を単独でダウンロード/インストールする方法



Windows 2000 Professional インストール方法

1.「Windows2000 Professional」CD を CD-ROM ドライブに挿入して下さい。* DVD-ROM ドライブが接続されているパソコンでは、DVD-ROM に入れて下さい。 再インストールの場合は Windows 上で CD-ROM を挿入して、通常の再起動を実行します(注:Windows 上でインストール CD が起動すると、インストールを実行するか否かを問われます。このプロパティは閉じましょう。メディアを挿入して再起動する事が重要です)。 新規インストールの場合は、とりあえずパソコンの電源を入れ、CD-ROM を挿入してからリセットボタンを押して再起動して下さい(ハードディスクに OS が入っていないのでこの方法しかありません)。



2.パソコンの電源を入れると、真っ黒な画面に白文字で「Boot from ATAPI CD-ROM」に続き「Press any key to boot from CD....」と表示されます(右画像は拡大できます)。ここで「enter」キーを押して下さい。(タイミングが遅いとハードディスクから起動を試みます。つまり、すでにハードディスクにOSがインストールされている場合は、元のWindowsが起動してしまいます。その場合はあせらずにもう一度再起動してチャレンジして下さい。ハードディスクにOSがインストールされていない状態では何も起こりません。リセットボタンを押して、もう一度再起動を実行して下さい。成功すると下の画面が表示されます。

Setup is inspecting your computer's hardware configuration・・・・

何回やっても駄目な場合は、BIOSのBOOT設定がCD-ROM起動になっていない可能性があります。

BIOSでのCD-ROM boot設定

余談ですが、Windows Vista からは DVD-ROM からインストールする事になります。この場合「Press any key to boot from DVD....」と表示されます。 Windows XP が CD-ROM インストールの最後の Windows になりますね。



3.左上に「Windows Setup」と表示された後、「Windows 2000 Professional セットアップ」画面が表示されます。 「Enter」キーを押してセットアップを開始します。



4.次に「Windows 2000ライセンス契約」が表示されます。同意しないとインストールは出来ません。「F8」キーを押して同意します。 ちなみに、この画面は所持している Windows 2000 Professional CD-ROM のサービスパック適用状態により多少違います。気にしないで下さい。



5.次にキーボードの種類を選択します。ご使用のキーボードにあわせて選択して下さい。(ほとんどの場合、106 日本語キーボードで良いと思います。「半角/全角」キーを押して下さい)



6.選択されたキーボードの確認をします。よろしければ「Y」キーを押して下さい。何の事か分からない場合は、とりあえず「106キーボード」の表示があれば「Y」キーを押しても良いと思われます(保証はしない)。



7.ハードディスクの情報が表示されます。Windows 2000 Professional をインストールするパーティションを選択します。 新規インストールでパーティションが無い場合は「C」キーを押してパーティションを作成します。再インストールの時はパーティション (Cドライブ)に、上下キーを使ってカーソルを移動させ、 「D」キーを押して削除します。 前回のOSが入った領域に「ENTER」キーを押してしまうと、 上書きインストールになってしまいます。「領域削除Dキー」→「領域作成Cキー」→「フォーマットとインストールENTER」が望ましい流れです。 (データを完全に消してからインストールする)


パーティション(領域)削除方法 (Windows2000/XP)

パーティション(領域)作成方法 (Windows2000/XP)


ちなみに、右上画像の場合は、未フォーマットの C ドライブ ( 未使用の領域 6150 MB )と データが入っている D ドライブ( NTFS (ローカルディスク) 76309 MB )が存在します。これは、1 つのハードディスクにパーティションを 2 つ作成している場合でも、物理的に 2 つのハードディスクを搭載している場合でも同じです。 Windows をインストールするべき領域は、未使用の領域を選択します。

再インストールの場合で、この作業の意味が分からない場合は、すみやかに「F3」キー押し、インストールを中止した方が良いでしょう。 データが無くなってしまう場合がありますし、パソコンによっては削除してはいけないパーティションを失う場合もあります。 Windows インストール CD とプロダクト ID が確実に自分の手元にあり、ハードディスク内のデータはバックアップ(メディアなどに保存)したので消してしまって構わないのであれば、C ドライブを選択して削除の「D」キーを押し、確認の「L」キーを押し、未使用領域となった C ドライブを選択して「Enter」キーを押す事で、新しい状態でWindows2000 Professionalをインストールできます。



8.ハードディスク内のパーティション(領域)をフォーマットして、Windows 2000 Professionalをインストールします。 セキュリティを重視する場合は NTFS 。スピードを重視する場合はFATが適しています。但し、大容量ハードディスクを使用する場合は、 FAT を選択できません。Windows 98 / ME では NTFS でフォーマットされたデータを読めませんが、LAN を使用した場合のファイル共有に問題はありません。 また、インストールする環境によっては、NTFS / FAT (クイック)が選択できますが( 4 つの選択ができる)、(クイック)が付いていない方のフォーマットを選択する事をおすすめします。 また、FAT 上に Windows 2000 Professional をインストールして、後で NTFS に変換する事も出来ます。

ハードディスクフォーマットをFATからNTFSに変更する方法



9.ハードディスクのフォーマット中です。容量によっては1時間くらいかかります。



10.フォーマット終了後、自動で Windows2000 Professional のインストールフォルダをコピーします。しばらくお待ち下さい。



11.Windows2000 Professional の構成を初期化しています。しばらくお待ち下さい。



12.初期化が完了すると左画面が表示されます。「Enter」キーを押すか、15 秒経過すると自動で再起動します (つまり何もしなくても良い)。この時、Windows2000 Professional の CD-ROM は挿入したままにして下さい。 システム起動ディスクをフロッピーディスクドライブに挿入している場合は、起動ディスクを取り出して下さい。






13.再起動の時、Windows 2000 Professional の CD-ROM を入れたままなので、再び CD-ROM から起動を意味する「Boot from ATAPI CD-ROM」に続き「Press any key to boot from CD....」と表示されます。 今度はハードディスクから起動させたいので、「enter」キーを押さないで下さい。(つまり何もしないでインストールかせ続行されるのを待ちます)



14.Windows 2000 Professional が起動します。しばらくお待ち下さい。



15.「Windows 2000 Professional セットアップ」を開始します。「次へ」を押して下さい。



戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項