MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Virtual PC の情報のバックアップと復元


Windows 7 を再インストールした時に、Virtual PC の設定を引き継げると、Virtual PC を再セットアップする作業を省けます。Virtual PC で仮想ハードディスクドライブを、Windows がインストールされた C ドライブ以外に作成すれば、それをバックアップする必要はありません。これが最も簡単な方法かと思われます。今回、Windows XP Mode だけは C ドライブにインストールされ、他の Windows は D ドライブにインストールされています。この環境で、Windows 7 を再インストールしてみます。



まず、仮想マシンを起動するためのショートカットアイコンを保存します。仮想マシンのフォルダー全部をバックアップして構いませんが、仮想ハードディスクドライブが含まれないショットーカットアイコンなので、容量は少ないです。

C:\Users\ユーザー名\Virtual Machines


次に、以下のアドレスにアクセスして、「Windows Virtual PC」フォルダーをバックアップします。Windows XP Modeのデフォルト設定では、このフォルダー内に仮想ハードディスクドライブ「.vhd」が作成されます。また、Windows 7 のスタートメニューで、Virtual PC にインストールしたアプリケーションのショートカットも含まれます。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC

なお、このフォルダーは、Windows インストールの初期状態では、エクスプローラーで追いかける事はできません。フォルダー オプションで、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れ、「保護されたオペレーティング システム ファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外します。

フォルダー オプション



最後は、C:\Program Files の「Windows XP Mode」フォルダーをバックアップします。これが必要か否かは不明で、Windows 7 を再インストール下後に、Windows XP Mode と Virtual PC 本体のインストールは必須となります。これらのインストールが完了したら、バックアップしたファイルを元の場所に、ファイルを置き換えます。



OS のインストールや、ネットワークの設定、OS にインストールしたアプリケーションなど、再セットアップする事なく、再インストール前の状態に復元する事ができました。

Windows 7 Windows XP Mode インストール方法



戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2017 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項