MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows 7 Virtual PC ゲスト OS インストール方法

 Windows 7 Virtual PC のゲスト OS として、Windows 7 の一部のエディションでは、Windows Aero を有効にできます。統合機能の有効が必須で、マウスポインター、表示サイズの変更はシームレスになりますが、ホスト OS からドラッグアンドドロップでファイルやフォルダーを移動する機能は失われています。


[ページ数: 7 / 7] 戻る 1 2 3 4 5 6 7


Windows 7 のProfessional 、Enterprise 、Ultimate には、Windows XP Mode を無償でダウンロードしてインストールできますが、Virtual PC は他のエディションでも無償でインストールでき、Windows XP Mode をインストールした環境でも、Virtual PC を利用する事ができます。Windows XP Mode は Virtual PC の特殊な使用例ですが、通常の Virtual PC は仮想ハードディスクを作成して、そこへゲスト OS をインストールします。Windows XP Mode は、Windows XP Professional SP3 がインストールされた仮想ハードディスクをダウンロードするため、Windows XP Professional SP3 のインストール作業が省かれ、なおかつゲスト OS を別途購入する必要がありません。Windows 7 のProfessional 、Enterprise 、Ultimateでも、Virtual PC がセットアップされるため、他のゲスト OS をインストールする事ができ、この条件は他のエディションでも同じく、ゲスト OS のライセンスを購入する必要があります。



右は管理人が購入した Windows 7 Professional 64 ビット版に Windows XP Mode をインストールして、さらにゲスト OS に Windows 7 RC をインストールしたスクリーンショットです。 Windows 7 RCはUltimate なので、Virtual PC にインストールして統合機能を有効にすれば、Windows Aero を有効にできます(ユーザーエクスペリエンスの計測は他のエディションと同じく不可能でした)。 もちろん、RC 版は期限が過ぎれば利用できなくなり、正式版を購入して Virtual PC のゲスト OS としてインストールしても、USB 以外の外部デバイスを利用できないため勿体ないでしょう。テストで常用環境と区別して、なおかつ、専用マシンを用意できない場合に利用します。



なお、ゲスト OS に 64 ビット版 Windows 7 をインストールする事はできませんでした。



Virtual PC に新しいゲスト OS をインストールするには、まず仮想ハードディスクドライブを作成します。 例えば、過去に C ドライブに以外に仮想ハードディスクドライブを作成したのであれば、今回の作業でその仮想ハードディスクドライブを指定する事で、再インストールせずに利用できる場合もあります。 「スタート」→「すべてのプログラム」→「Windows Virtual PC」をクリックします。なお、Windows XP Mode や Virtual PC は先にインストールしてください。

Windows 7 Windows XP Mode インストール方法 No1



ゲストOSのインストール方法

Virtual PC をどこへインストールしたかにより異なりますが、Windows XP Mode をデフォルト設置でインストールしたならば、仮想マシンは以下の場所に保管されています。Windows XP Mode しかインストールしていない場合は、「Windows XP Mode.vmcx」しか表示されません。 ここで、上部メニューに表示された「仮想マシンの作成」をクリックします。

C:\Users\ユーザー名\Virtual Machines


仮想マシンの名前を入力します。ゲスト OS(これからインストールする OS )を判断できる名前にしましょう。場所は自動で入力されるので、特に変更する必要はありません。 初期状態では以下のアドレスに構築されます。しかし、仮想ハードディスクは同一フォルダーに作成する必要はありません。それは、次の次の画面で設定します。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC\仮想マシン


仮想マシンに割り当てるメモリの容量を指定します。仮想マシンは常用するパソコンと同じ感覚で容量を割り当てても意味がありません( USB 以外のデバイスは利用できないため、常駐するデバイスやアプリケーションにも限界があります)。 よって、この数字は一般的には変更する必要は無いでしょう。ここで割り当てるメモリ容量は、ホスト OS が利用しているメモリ総容量から差し引かれます。つまり、ホスト OS よりメモリ容量を多く割り当てるのは、かなり特殊な利用方法で、そのメリットがあるのか否か不明です。 リモート PC とは違い、ホスト OS あってのゲスト OS ですから。また、ネットワークを利用する場合は、「コンピューターのネットワーク接続を使用する」をクリックします。最後に「次へ(N)」ボタンをクリックします。



仮想マシンが利用する仮想ハードディスクの場所を指定します。すでに仮想ハードディスクを作成している場合は、「既存のハードディスクを使用する」をチェックして、「.vhd」の場所を指定します。 通常は、新しく作成するので、「容量可変の拡張仮想ハードディスクの作成」にチェックして、保管場所を指定します。デフォルトでは、以下の場所に仮想マシンと共に作成されます。「作成」ボタンをクリックします。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC\仮想マシン


以上で、仮想マシン「Windows7 RC 32bit」が作成できました。今回作成したのは、仮想マシンと仮想ハードディスクです。次は、仮想ハードディスクにゲスト OS をインストールします。インストール作業は、通常の OS インストール作業と同じです。 初期状態で光学式ドライブを仮想マシンが認識するので、今作成した仮想マシンを起動する前に、インストール CD や DVD を工学式ドライブにセットします。このゲスト OS はライセンスが別途必要で、アクティベーションやセキュリティソフトのインストールが必須となります。



詳細設定を表示するには、[Windows XP Mode.vmcx]を右クリックして表示されたコンテキストメニューの [設定(E)] をクリックします。これは Windows XP Mode に限った事ではありませんが、Virtual PC のゲスト OS が起動して上部メニューからも設定を参照できます。 しかし、起動中は設定を変更できません(できる部分もありますが、それは次回起動時に有効になります)。



設定画面が表示されたら、「DVDドライブ」をクリックします。初期状態では、ホストOSと同じ光学式ドライブが指定されていますが、「ISOイメージを開く(O)」にチェックを入れ、ISO ファイルの場所を指定すれば、そこからインストールへと進めます。



今回は、Windows 7 RC 32 bit 版の ISOファイルをダウンロードして、それを DVD-R に焼きました。そのインストールメディアを利用してみます(つまり、DVD ドライブにホスト OS が利用するドライブを指定しました)。



ゲスト OS のインストール方法は、その OS の通常インストール方法と同じです。統合機能が有効ではない現時点での状態は、マウスポインターがゲスト OS とホスト OS を行き来するのが面倒です。 例えば、ゲスト OS にマウスポインターを移動した場合、そこから抜け出すには「Ctrl+Alt+左方向キー」を押すか、Windows キーを押します。OS インストール後に統合機能を有効にすれば、シームレスな操作が可能になります。



統合機能を有効にするためには、ユーザー名とパスワードが必須となります(パスワードは必ず設定する)。統合機能の有効の際にはこれらの入力を求められますが、記憶させておけば次回から自動となります。



インストールが完了したら、メニューの「ツール」→「統合コンポーネントのインストール」をクリックします。現時点では Windows Aero は有効になりません。



インストールが完了しました。「完了(F)」ボタンをクリックして、次の画面で再起動(ゲストOS)を求められます。「はい(Y)」ボタンをクリックして進みます。



再起動後、「ツール」→「統合機能を有効にする」をクリックします。



Windows Aero が有効になりました(割り当てられている主メモリは 512 MB )。



設定画面の「統合機能」をクリックして「スタートアップ時に有効にする」をクリックして、「ドライブ」にて物理的なパーティションをクリックすれば、そのドライブやホスト OS のパーティションにエクスプローラーからアクセスできます。 マウスポインターはシームレスに動作しますが、ホスト OS からドラッグアンドドロップでゲスト OS にファイルやフォルダーを移動する事はできません。



統合機能が有効にできるゲスト OS の Windows では、Windows 7 の AeroSnap も利用でき、表示サイズも柔軟に対応しています。統合機能が利用できないゲスト OS では、マウスポインターやサイズ変更が対応していません。



それまでの Virtual PC のコンソールが左。Windows 7 では仮想マシンの管理に変更されていますが、サムネイルは Windows 7 のタスクバーに対応しています。



統合機能は、有効にするとゲスト OS のエクスプローラーに、ホスト OS のハードディスクドライブが表示され、ゲスト OS からホスト OS の C ドライブやその他のドライブにアクセスして、ファイルの移動が可能なります。 従来の Virtual PC とは異なり、ホスト OS からゲスト OS にドラッグアンドドロップでファイルの移動はできません。統合機能を無効にすれば、ホスト OS とゲスト OS は切り離され、ファイルの移動は共有機能を確立する必要があります。 通常は、統合機能を有効にするのが望ましいでしょう。



戻る 一覧表示 次へ


[ページ数: 7 / 7] 戻る 1 2 3 4 5 6 7

BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項