MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Server 2008 R2 の Internet Explorerセキュリティ強化の構成(IE ESC)をオフにする


私は普段、サーバー上で Internet Explorer(インターネット エクスプローラ:以下 IE)を使う事はありませんが、初期状態で付属する IE 8 の次のバージョンとなる IE 9が登場したので、SP1と共にアップグレードする事になりました。しかし、サーバー OS では Internet Explorerセキュリティ強化の構成(IE ESC)が有効になっており、この状態では IE 9 をダウンロードする事すらできません。まずは IE ESC を一時的にオフにします。



1.「サーバー マネージャー」を起動します。



2.サーバーマネージャの「サーバー概要」の「セキュリティ情報」を展開して、「IE ESCの構成」をクリックします。



3.今回は、「Administrators グループ」のアカウントで作業するので、「Administrators グループ(A)」の「オフ」をクリックしてチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。



4.以上で、通常の OS みたいに、IEを利用できます。「警告:Internet Explorer セキュリティ強化の構成が有効になっていません」と表示されます。



5.IE 9 をダウンロードする時、自動判別では「Windows 7 64ビット(日本語)」と表示されていました。Windows Server 2008 R2 なので、「その他のバージョン」をクリックします。



6.手動で日本語版を「Windows Server 2008 R2 64ビット」に変更して、IE 9 のインストーラーをダウンロードします。



7.インストール方法は、Windows Vista、Windows 7 と同じです。アップグレードが完了したら、再び「IE ESCの構成」を推奨の「オン」に戻すのが無難です。




Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項