MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

Windows Web Server 2008 R2 と Intel Atom

 一般家庭でホームページを配信する WEB サーバーを構築する時に、IIS を選択するのであれば、最も安価な Windows Web Server 2008 R2 を選択できます。 しかし、R2 からは 64 ビットパソコンしか対応していません。 しかし、Intel Atom プロセッサーでも 64 ビットに対応しているものがあります。安価で消費電力の低いサーバーマシンを構築する事は可能かも知れません。


Microsoft IIS( Internet Information Services:インターネット インフォメーション サービス )は、サーバー製品でなくても、別途インストールする事でローカル環境の開発で利用できます。 しかし、公開して実際にホームページを配信するとなると、機能制限版ではなく、Windows Server 製品に付属する IIS を利用する事になります。 IIS は、Windows Server の一つの機能でしかなく、一般家庭で利用するなら、Windows Web Server が最安値で導入しやすいと思います( Linux や Apache なら無料ですが)。 しかし、Windows Server 2008 R2 からは、32 ビット版が存在せず、64 ビット版に移行しました。 となると、64 ビットが動作するハードウェアを選択する事になります。


Microsoft Windows Web Server 2008 R2

Windows Web Server 2008


デバイスやアプリケーションは気にしますが、コンピューター自体が 64 ビット版に対応しているか否かは、通常のパソコンを購入する場合、まず気にならない事でしょう。 しかし、24 時間稼働させ続ける WEB サーバー用のパソコンとなると、消費電力が気になるところ。 規模にもよりますが、個人のホームページならば、パソコンの性能よりも電気代が最優先になると思われます。

Windows Server 2008 のシステム要件は以下。 プロセッサーの最小システム要件は、1 GHz あるいは 1.4 GHz ( x64 プロセッサー) 以上の Intel Xeon / Pentium / Celeron ファミリ、AMD Athlon / Opteron ファミリまたは互換性のあるプロセッサーとあります。 もしかして、ネットブックの Atom でも大丈夫なのかな?

Windows Server 2008 システム要件



インテル Atom プロセッサーの使用は以下。 64 ビットに対応しているプロセッサーは、簡易用途デスクトップ PC 向けの D510(クロック数:1.66 GHz / キャッシュ 1 MB L2 / コア数:2 / 4 / TDP 13 W )、D410(クロック数:1.66 GHz / キャッシュ 512 KB L2 / コア数:1 / 2 / TDP 10 W )、330(クロック数:1.60 GHz / キャッシュ 1 MB L2 / コア数:2 / 4 / TDP 8 W )、230(クロック数:1.60 GHz / キャッシュ 512 KB L2 / コア数:1 / 2 / TDP 4 W )、ネットブック向けの N450(クロック数:1.66 GHz / キャッシュ 512 KB L2 / コア数:1/2 / TDP 5.5 W )と、意外にも豊富でした。

インテル® Atom™ プロセッサー 仕様

もちろん、これらの機器でパソコンを組んだ場合、サーバーソフトウェアよりも低価格となるため、これにインストールするにあたり微妙に心が揺れますが、ハードウェアを安く抑えられ、消費電力が少ないのは嬉しい事です。 シングルコアかデュアルコアで TDP は変わりますが、できればデュアルコアを選択したいところ。 となると Intel Atom 330 が狙い目なのかも知れません( Atom の新製品は 2010 年に登場しますが )。 なお、TDP はあくまでもプロセッサー単体のワット数なので、システムを構成した場合は必ず増加します。 新しい Atom が登場すれば、現行版より消費電力が少なくなると思われます。

ネットブック向けの N280 や N270 は 64 ビットに対応していません。 ネットブックに Windows Server を搭載するならば、Windows Web Server 2008 があります。 64 ビット版は R2 だけなので、一つ古いバージョンならば 32 ビットでも動きます。 しかし、シングルコアなので、動作に不安は残ります。



デスクトップで構築するならば、マザーボード + Intel Atom が選択できます。 Atom はマザーボードと一緒に販売され、別売りはありません。 これにより、ベアボーンもマザーボード、Intel Atom プロセッサー、PC ケース、電源が付属し、足りないものを買い足す事になります。 マザーボードと Intel Atom プロセッサーだけを選択するならば、ハードディスクドライブや主メモリがデスクトップ用なのかノートブック用なのかを検討する必要があるでしょう。 Intel Atom プロセッサーを搭載したマシンは、どちらかと言えばコンパクト性を強調しています。 しかし、サーバーで利用するのであれば関係ありません。 SATA 2.5 インチハードディスクドライブと SO DIMM を買い足すのか、SATA 3.5 インチハードディスクドライブとデスクトップ用のメモリを購入するのかにより、購入するマザーボードは異なります。

マザーボード (CPU搭載)

通常、Intel Atom プロセッサーマシンを購入する時に考慮するポイントは、サーバー用途では削除できます。例えば、ION や PCI-Express×16 の有無など。 サーバー用なのでグラフィックス性能にこだわる必要はありません。 ただ、これは管理人の妄想なので、本当にこれで上手くいくのかは不明です。



自作しなくても、OS 無しの BTO パソコンを購入した方が手っ取り早いかも知れません。 通常、ION が重要になりますが、サーバー用途であれば無視できます。 ION 対応だと、光学式ドライブの選択が難しいのですが( Blu-Ray ドライブを購入しなくていいのか? )、サーバー用途であれば、DVD スーパーマルチドライブだけで十分かと思われます。 ハードディスクドライブや主メモリの問題は残りますが、BTO パソコンなら最初から搭載されているので、これも解決します。





Copyright © 2018 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項