MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

MySQL 4.0.13-nt から MySQL Community Server 5.1.50 へ移行方法 SJIS 前編


5年前に「一週間でマスターする SQL MySQL で始めるデータベース入門」を読み、書籍に付属されていた CD-ROM の MySQL 4.0.13-nt を使って、MB-Support の WEB ページに組み込みました。書籍にある通り、文字コードは「シフトJIS」を選択しています(当サイトの WEB ページも SJIS です)。データベースに SJIS を使うのは、今から考えればどうなの?と思いますが、PHP の magic_quote On から Off に、それに伴い、htmlspecialchars(これは当然か)、addslashes、40 文字の後に\が入る問題など、対処する必要が多いのですが、それはここでは置いておきます。兎に角、新しいバージョンが登場しても、それまで蓄積されたデータを、新しいバージョンの MySQL に移行できない問題に頭を悩ませていました。

今回、Windows 2000 Server のサポートが切れ、Windows Server 2008 R2 Foundation に移行するついでに、MySQL のバージョンアップも試みました(最悪、4.0.13 をそのまま突っ込もうと思っていました)。ここで行った作業をメモしておきます。いえ、Windows Server 2008 R2 Foundation は実験が成功してから作業した訳で、正確にはローカル環境で行った事をメモします。まず、誰にとっても重宝するデータではないので、最初に環境を示します。WEB制作環境(ここに開発環境のIISをインストールしている)は、Windows 7 Professional 64 ビット版、IIS 7.5(Windows 7 に付属する機能制限版)、MySQL 4.0.13-nt(32 ビット版)。MySQL の my.ini は以下。

#This File was made using the WinMySQLAdmin 1.4 Tool
#Uncomment or Add only the keys that you know how works.
#Read the MySQL Manual for instructions

[mysqld]
basedir=C:/mysql
datadir=C:/mysql/data
default-character-set=sjis
[mysql]
default-character-set=sjis
[mysql-dump]
default-character-set=sjis
[WinMySQLadmin]
Server=C:/mysql/bin/mysqld-nt.exe
user=名前
password=パスワード


「default-character-set」は「sjis」です。このバージョンでは、データベースのデータは、MySQL をインストールしたフォルダー内の「data」フォルダーに存在します。例えば、右のスクリーンショットでは、「goods」「mysql」「test」の 3 つのデータベースと、その中にいくつかのテーブルが存在します。バックアップする時は、このフォルダーを保管します(このフォルダーには他にもファイルが存在しますが、エラーログ等なのでバックアップはしません)。



さて、新しいバージョンの MySQL をインストールします。インストールして移行が完了できたならば、MySQL 4.0.13-nt を使わなくなると想定します。インストールする前に、「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「管理ツール」の「サービス」をダブルクリックします。



「MySQL」の名前を探します。これが現在稼働している MySQL 4.0.13-nt です。環境により異なりますが、おそらくは「スタートアップの種類」で「自動」になっているかも知れません。これは、Windows が起動した時、自動で MySQL を稼働させる設定です。さらに、状態は「開始」となっています。つまり、MySQL 4.0.13-nt が現在稼働している事が分かります。新しい MySQL をインストールするにあたり、古い MySQL を停止させます。右クリックして「プロパティ(R)」をクリックします。また、ここでの作業はいつでも元に戻すことができます。



「スタートアップの種類(E)」を「自動」から「手動」に変更します。さらに、「サービスの状態:」の「停止(T)」ボタンをクリックします。これで、MySQL 4.0.13-nt が停止しました。さらに、OS を再起動しても、自動で稼働する事はありません。もちろん、再びこの画面を表示して「開始(S)」ボタンをクリックすれば、手動で稼働できます。



新しい MySQL のインストール

新しい MySQL をインストールします。今回は「Windows (x86, 64-bit), MSI Installer(mysql-5.1.50-winx64.msi)」をダウンロードしました。OS が 64 ビットなので、64 ビット版をダウンロードしましたが、そうでない場合は 32 ビットをダウンロードします。

Download MySQL Community Server



1.今回、MySQL 4.0.13-nt が C ドライブ直下の「MySQL」フォルダーにインストールされています。 そこで、分かりやすくするために、C ドライブ直下の「MySQL Server 5.1」にインストールする事にします。



2.ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。



3.セキュリティの警告が表示されます。「実行(R)」ボタンをクリックします。



4.インストールウィザードが表示されるので「Next」ボタンをクリック。



5.「Setup Type」で「Custom」をチェックして「Next」ボタンをクリックします(先に説明したインストール先を決定するため)。



6.「Install to:」の「Cahnge..」ボタンをクリックします。



7.「Folder name:」を「C:\MySQL Server 5.1\」に変更して「OK」ボタンをクリックします。



8.「Install to:」が変更された事を確認して「Next」ボタンをクリックします。



9.インストールが開始され、次の画面が表示されたら「Next」ボタンをクリックします。さらに、同じ様な画面が表示されるので、「Next」ボタンをクリックします。



10.「configure the MySQL Server now」にチェックを入れ、「Finish」ボタンをクリックします。 後編へ続きます。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項