MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

8.Movable Type インストール方法5 ブログを構築する

 利用するブログシステムは「Movable Type」。 ブログを自宅サーバーで配信するには、ブログシステムを構築する必要があります。


前回 で Movable Type をインストールする準備が完了しました。いよいよブログシステムを WEB サーバーにインストールする作業になります。



1.WEB サーバーのパソコンでブラウザを起動して、http://localhost/cgi-bin/mt/index.html にアクセスします。 LANに接続されたパソコンからアクセスする場合は、http://プライベートIPアドレス/cgi-bin/mt/index.html (例 http://192.168.1.50/cgi-bin/mt/index.html)。

もし、プライベート IP アドレスでアクセスするのであれば、 4.Movable Type インストール方法1 で設定した「mt-config.cgi」ファイルの「localhost」と入力された部分をプライベート IP アドレスに変更する必要があります。



このファイルの場所は右画像を参照します。Apache の CGI が実行可能な cgi-bin フォルダに、mt フォルダを作り、その中に Movable Type に関するファイルを設置しました。 実際は「mt」フォルダの名前を自分の好きなものに変更する事をおすすめします。 index.html にアクセスしたら、「ログイン」を左クリックします。



2.「インストールを続行」を左クリックします。この場面で画像が表示されない場合、mt-static フォルダの設置場所が間違っているか、「mt-config.cgi」ファイルの mt-static フォルダの場所指定が間違っています。

さらに、LAN に接続されたパソコンからアクセスして画像が表示されない場合は、 4.Movable Type インストール方法1 で設定した「mt-config.cgi」ファイルの「localhost」と入力された部分をプライベート IP アドレスに変更する必要があります。 ここで画像が表示されない場合、インストールは不可能です。もう一度設定を確認をしてください。



3.インストール中です。しばらくお待ち下さい。インストールの内容が順番に表示されます。



4.インストールが完了しました。「Movable Type にログインしてください」を左クリックします。



これでブログシステム「Movable Type」のインストールは完了です。



ブログサイトを作成しよう!

「Movable Type」のインストールが完了しましたが、ブログサイトは作成されていません。 「Movable Type」はブログを管理する総合システムであり、肝心のブログを作成するのはこれからです。 管理画面にログインしてブログを作成しますが、これがインターネットから簡単に操作できる所がメリットです。

今は IP の関係上、WEB サーバーのパソコン( Movable Type をインストールしたパソコン )か、LAN に接続されたパソコンからでしか操作できませんが、この後に行うダイナミック DNS の登録作業とルーターの設定を完了すれば、自宅にいなくても管理画面にアクセスできます。 これは、管理人 1 人で使う分にはあまりメリットはありませんが、離れた場所にいる複数のユーザーで管理できるところが、普通のホームページ管理体制とは違う部分です。

しかし、無償の限定個人ライセンスでは、複数のユーザーで使えない契約なので、そのメリットはありません。 でも、個人のブログは 1 人で管理するのが普通です。なので、さしてデメリットにはならないでしょう。



問題は・・・このページでは何処までを掲載するべきかです。 ブログサイトを作るには、ブログのタイトルやアドレスを決める必要があります。

タイトルやアドレスは後から変更可能ですが、ブログサイトを作成すると WEB サーバー上にファイルが作成されます。 ファイルの位置はアドレスにより決定されるので、たとえば外部に公開していない今の段階では、アドレスを「http://localhost/」や「http://プライベート IP アドレス」として、ダイナミック DNS を登録してから「http://mbsupport.dip.jp/」など変更すれば良いだけです。 複数のブログサイトを作る予定がある場合は、「http://localhost/blog1/」などとする必要があります。

以下の説明では、Apache を標準インストールした時に作られる「C:\Program Files/Apache2/htdocs/」直下にブログサイトを1つ作るやり方です。 「http://localhost/」にアクセスすれば、作成したブログサイトのトップ画面にアクセスできます。 注:以下の説明はアドレスに「http://localhost/」を使います。これは、Movable Type がインストールされた WEB サーバー上から操作する事を前提にしたアドレスです。 また、画面が表示されない場合は、アクセスしたファイルの Perl のパスが正しいかどうか確認します。



1.ログイン画面を表示します。アドレスは「http://localhost/cgi-bin/mt/mt.cgi」となります。 このアドレスは「お気に入り」に追加した方が便利です。初期状態はユーザー名「Melody」、パスワード「Nelson」になります。 ユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」を左クリックします。外部に公開する前にユーザー名とパスワードを変更します。



2.管理画面が表示されました。現在はブログサイトが無い状態です。始めにブログを設定しましょう。



3.ブログサイトのタイトル、ブログサイトを設置する場所、サイトのパス、時間帯を設定します。 新規にブログサイトを作成する場合はこの 4 つの情報を必要とします。これは、ブログサイトに必要な基本のファイルを作成する場所に意味があります。 ブログサイトを作成した後に、サイトの詳細情報を設定します(サブタイトルや投稿の表示数など)。

サイトのURLは「http://localhost/」。サイトパスはブログサイトのトップ画面を置く場所です。本来は http:// から始まるアドレスを指定しますが、ディレクトリのパス「C:\〜」で指定しても問題無く動きました。 時間帯は「UTC+9 (日本語標準)」を選択します。最後に「変更を保存」を左クリックします。



4.「サイトを再構築」を左クリックします。



5.「再構築」を左クリックします。このサイトの説明では PHP を利用していないので、全てのページは物理的にファイルが存在します。 ゆえに「再構築」の作業が必須になります。面倒にも思えますが、変更した箇所を手で更新していく方のが大変です。 再構築機能を使う事により、変更した箇所に関連する全ての物理的なページが更新される仕組みです。



6.再構築中です。



7.「サイトを確認」を左クリックして、さらに「閉じる」を左クリックします。



8.じゃ〜ん!!ブログ完成!! ん・・・なんか変? それは・・・・エントリを投稿をしていないからです。 投稿が1つも無いブログが右の状態です。とりあえず、お疲れ様です。




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項