MB-Support

パソコン初心者のサポートページ

メールに自動でアドレスを入力する mailto

 閲覧者からメールをもらいたい場合に、ホームページに自分のメールを掲載しますが(注意が必要です)、単純に文章でメールアドレスを掲載しても、メーラーを起動してアドレスをコピぺしなくてはなりません。 そこで、テキストリンクを左クリックするだけで、アドレスが入力された状態でメーラーが起動する mailto を利用しましょう。


テキストリンクを左クリックすると、自動でメールソフトを起動して、アドレスを入力するタグです。 閲覧者にわざわざメールアドレスを入力してもらわないで済みます。ちなみにこのタグは携帯電話でも使えます。



HTMLソース(メモ帳)

<html>
<head>
<title>題名</title>
</head>
<body>
<p><a href="mailto:a@a.a">メールお待ちしています </a></p>
</body>
</html>

ブラウザ


文字では無く画像をクリックする事でメールソフトを起動する場合、<a href=〜> と </a> の間に画像を貼り付けます。 画像を貼り付ける場合、<img src="相対パス"> を書きます。


HTMLソース(メモ帳)

<html>
<head>
<title>題名</title>
</head>
<body>
<p><a href="mailto:a@a.a"><img src="画像のアドレス" /></a></p>
</body>
</html>

ブラウザ


<img> タグに border="0" を記入する事で、画像の枠が消せます。

HTMLソース(メモ帳)

<html>
<head>
<title>題名</title>
</head>
<body>
<p><a href="mailto:a@a.a"><img src="画像のアドレス"  border="0" /></a></p>
</body>
</html>

ブラウザ


このページを掲載した時は、ホームページの管理人のメールアドレスをサイトに表示するのが一般的でしたが、現在はスパムメールを大量に食らうので、一般的ではありません。 もし、閲覧者からのメールが欲しいのであれば、どうしてもメールアドレスを掲載する事になりますが、次のページの内容を良く読んでから実行するようにします。

ホームページに掲載したメールアドレスを自動で収拾するソフトを販売する業者も沢山あります。 一番良い方法は、サイトに掲載するメールアドレスと、個人で利用するメールアドレスを分けて利用する方法です。 個人で常に利用するメールアドレスを掲載する事は、なるべく控えるのではなく、絶対にやってはなりません。

mailtoを使う時の注意事項




戻る 一覧表示 次へ


BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】 - 自作PCに必要なパーツ、豊富な品揃え

Copyright © 2013 MB-Support パソコン初心者のサポートページ All Rights Reserved.

管理人サイト閲覧方法プライバシーポリシー著作権/免責事項